カテゴリー別アーカイブ: 本部情報

巻頭言/120周年後の同窓会に向けて

会計部常任理事 福本恵吾
会計部常任理事
福本恵吾

(東京歯科大学同窓会会報 平成27年10月号/第401号より)

 平成24年1月より同窓会の理事に就任させて頂き,会計部とゴルフ大会を担当させて頂いております平成2年卒の福本と申します。平成卒の理事として初めて同窓会の執行部に加わり2年経とうとしております。雑感ですが同窓会の現況と今後の課題について思うところを書かせて頂きます。
 会計部ではちょうど来年度の予算について検討を行っているところですが,予算の基礎となります会費収入は年々減少しているのが現状です。本年8月現在で同窓会の会員数は9,124名,内支部に所属されている会員は5,535名(卒後5年目までの新進会員を除く)で約60%,また昨年度の会費納入者は約4,500名です。 続きを読む

巻頭言/会員名簿から見る支部の現況

副会長 財部正治
副会長
財部正治

(東京歯科大学同窓会会報 平成27年6月号/第400号より)

 昨年末に新しい同窓会名簿が5年ぶりに発刊された。これまでの名簿と体裁を変えたところもあり,使い慣れるには多少時間がかかるかもしれないが,種々の工夫が凝らされているのでご理解いただきたい。
 新しい試みとして,会員ごとに所属支部を掲載した。卒後5年間は新進会員として支部加入は必ずしも必要ないが,5年目以降は基本的には支部加入が必要となっている。にもかかわらず卒後10年,20年経過した会員のところでも,所属支部の空欄が目立つ。支部未入会の増加が裏付けられている。 続きを読む

同窓会名簿 訂正・補遺版の発送のお知らせ ならびに名簿再発送に関するお願い

 昨年末、同窓会名簿を各会員宛送付させていただきました。しかしながら、名簿に一部不備がありました。昭和16年3月卒、昭和16年12月卒の会員の一部に誤記載があり、多くの皆様にご迷惑をおかけすることになりました。
 関係の皆様には、謹んでお詫び申し上げます。

 その後、名簿の修正作業を進めて参りましたが、このたび名簿の訂正・補遺版が完成し発送の段階となりました。早い地域では明日にも配達されるものと思われます。昭和16年3月卒、昭和16年12月卒、索引ならびに支部別会員名簿は訂正・補遺版をお使いいただければと思います。
 よろしくお願いいたします。

 また、昨年末名簿発送におきまして、名簿配達時に不在であったため名簿が返送された会員、何らかの原因で住所不明のため名簿が返送された会員が多数いらっしゃいました。
 同窓会事務局までご連絡をいただければ、再度、名簿ならびに訂正・補遺版を発送させていただきます。
 ご協力よろしくお願いいたします。

巻頭言/医はこれ済生 ひとへに仁なり

副会長 藤原元幸
副会長
藤原元幸

(東京歯科大学同窓会会報 平成27年2月号/第399号より)

 東京歯科大学の校歌として我々同窓はだれでも知っている言葉であります。これを作詞した北原白秋先生は一般の人から見て「医」のイメージとして真っ先に浮かんでくる言葉が「済生」と「仁」で,しかも最も重要な言葉として選んだのだと思います。
 校歌を歌うときには「校旗は燦たり風ひるがへれり」と「医はこれ済生ひとへに仁なり」を繰り返し言葉として発することが東京歯科大学の原点として体にしみこんでいくと多くの同窓の先生がたが感じているのではないでしょうか。 続きを読む

巻頭言/共に同窓会会員として

副会長 玉井達人
副会長
玉井達人

(東京歯科大学同窓会会報 平成26年12月号/第398号より)

 11月2日の評議員会では,事業改革を進めるための重要議案と平成25年度決算と平成27年度事業計画および予算についてご承認をいただきました。
 その主題「TDC アカデミア構想」は,血脇イズム精神を基本に現代そして未来の歯科医療人はいかにあるべきかを示し,幅広い分野で活躍できる社会性を備えた歯科医師を育成することにより,同窓ひいては歯科界の発展を目指しています。 続きを読む

同窓会会員名簿発行のお知らせ

 会員の皆様のご協力により、12月25日に同窓会会員名簿が発行となりました。早い地域では12月26日には配達されたことと思われます。

 今回、名簿のなかにB6サイズピンク色の用紙の印刷物が封入されております。文書の後半部分に

【同期会や支部活動の幹事役の皆様へ】
 この会員名簿のデータで、同窓会や支部活動などの「案内状発送用宛名ラベル」「案内ハガキの印刷〜発送」「市町村別のリスト」の利用が実費にて可能です。
 利用にあたっては事務局までお問い合わせください。

と、記載されておりますが、現在同窓会事務局では、このような業務を行っておりません。

 印刷会社がすべての学校に同じものを封入しているようで、文書の後半部分が、同窓会業務とはあっておりません。

 大変申し訳ありませんが、この部分の記載を削除してください。

 なお、クラス会開催に当たり、クラス代表者からクラス会の宛名ラベルの作成の依頼があった場合は無料にて対応させていただいております。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

平成26年12月26日
東京歯科大学同窓会
電話  03-5275-1761
FAX 03-3264-4859


「平成26年度 評議員会」開催(2014年11月2日)《写真ギャラリー》

 11月2日(日)午前10時より、「如水会館」にて、評議員会が開催されました。評議員総数78名中77名(代理出席5名を含む)が出席し、提出された報告・議案が全て、承認・可決されました。


平成26年度評議員会 前半

休憩・評議員会 後半の模様はこちら >>

休憩・評議員会 後半の模様はこちら >>

巻頭言/今こそ…

副会長 浮地文夫
副会長
浮地文夫

(東京歯科大学同窓会会報 平成26年10月号/第397号より)

 日歯広報は,7月15日付(1625号)の1面に「組織存亡の危機打開に向け協議」という非常に衝撃的な見出しで,「未入会者対策の方向性」を確認した日歯の第176回定時代議員会の模様を伝えている。日歯の平成25年度の入会者数は1,100名で,退会・死亡退会・障害退会を合わせると1,115名となり,会員数は減少に転じた。日歯作成の報告書「会員数の将来予測(試算)について」によれば,2060年には会員数は半数以下に減少すると予測されている。 続きを読む

平成26年度「新進会員のつどい」講演紹介:
『「歯科医院開業」~これまでの歩み~』[石川 一麿 先生(平成10年卒)]

「歯科医院開業」~これまでの歩み~

石川 一麿(平成10年卒)

新進会員のつどい(平成26年11月30日)『「歯科医院開業」~これまでの歩み~』  石川 一麿 先生(平成10年卒)

 はじめまして。平成10年卒 石川一麿と申します。

 東京歯科大学を卒業して16年。卒業後は歯周療法学講座に入局、都内の開業医2件に勤務後、実家である栃木県で開業し、6年目を迎えています。 続きを読む