同窓会本部」カテゴリーアーカイブ

第10回「新進会員のつどい」ご案内[2022年11月12日(土)]

2013年より始まった、卒後5年までの同窓会員有志の企画による、同年代の先生方を主に対象とした「新進会員のつどい」は、今年で10回目の開催となります。コロナ禍の折、今年もWeb配信での開催となりますが、開業医・大学講師・実家を継ぐ勤務医と、講師の先生方それぞれの歩んできた道を振り返りながら、現在・未来を見据えてお話しいただきます。卒後間もない頃は日々の診療に慣れていくことに追われてしまいがちですが、ふとした時に先生方の講演を思い出していただき、永く続くであろう診療の人生に少しでも役立つよう、卒後1年目から5年目までそれぞれの視点で学びが得られるような講演会になるよう祈念いたします。


第10回 新進会員のつどい ご案内(2022年11月12日(土))

 同窓会, 新進会員の皆様,初めまして。
 本年度の実行委員長を務めます,歯科麻酔学講座大学院3年の松浦信孝と申します。
 一昨年発生した新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)は,日本を含め世界各地に広がりました。この影響等で,社会は大きく変化しました。テレワークの普及,リモートでの授業や会議,学会,友人との会合など,生活のあらゆる場面に,オンラインミーティングが応用されました。その一方で,改めて旧来の人間的な繋がりが見直される動きもあります。
 卒業5年目までの若手歯科医師に向けた講演会「新進会員のつどい」 も昨年度は本会初のWeb配信セミナーとなりました。今年も昨年に引き続き,Web配信での講演会を予定しております。中々状況が改善されない現状ではありますが,新しい技術と古き良き関係性を結び付けた講演会を提供できるよう,模索を続けて参ります。 今年の講演会のテーマの詳細などは追って発信していきます。
 皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

第10回新進会員のつどい実行委員会
実行委員長 松浦 信孝(平成30年卒)

第10回 新進会員のつどい
「NEXUS 〜歯科学生から歯科医師になるまで〜」

日時: 2022年11月12日(土) 17:30~ 予定
会場: Web配信
講師: 田中 五郎 先生(昭和63年卒・横浜南部支部)
春山 亜貴子 先生(平成14年卒・大学支部)
飯田 雄太 先生(平成25年卒・岡山県支部)

東京歯科大学同窓会本部事務所の移転について[2022年7月7日(木)]

各位

 平素は会務運営にご協力いただきまして誠にありがとうございます。

 会報6月号でもお知らせいたしましたが、東京歯科大学水道橋校舎南棟改築に伴い、同窓会本部事務所が東京歯科大学水道橋校舎別棟6・7階に移転することとなりました。

移転日:令和4年7月7日(木) 事務所業務は終日休業

 移転日の7日(木)は終日、電話、メール等は繋がりません。
 また、翌8日(金)は、接続・配線確認の予備日としており、場合によっては繋がりにくいことも考えられます。その他事務局対応につきましても時間がかかる場合がございます。何卒ご容赦ください。

 今後はWeb機能等も充実させ、同窓会活動がより円滑になるよう現在検討中です。なお、住所・電話番号は変更ありません。
 移転後も落ち着くまでは何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

令和4年7月5日
専務理事 小枝義典

東京歯科大学同窓会事務局 水道橋校舎別棟6F(会議室は7F)

東京歯科大学同窓会事務局 水道橋校舎別棟6F(会議室は7F)


巻頭言/更なる充実,発展に向かって

会長 澁谷國男
会長
澁谷國男

(東京歯科大学同窓会会報 令和4年2月号/第427号より)

 新年おめでとうございます。
 令和4年の新春をおすこやかにお迎えのこととお慶び申し上げます。
 コロナ禍も2年を過ぎ,小康状態かとホッとしたのも束の間,オミクロン変異型ウイルスと型を変え,新たに拡大のきざしが報じられております。
 また,慶應義塾大学との統合問題も,このような現況下にあって,協議開始の時点としたスケジュールを見直し,特に目途を設けずに協議を継続と,プレス発表がありました。同窓会は「母校の発展に寄与するという本来の目的を堅持し慎重に行動する」の考えのもと,事態を見守ってまいります。
 このような状況の中,昨年11月7日に開催されました評議員会におかれまして,もう1期会長職をお預かりすることとなりました。精一杯つとめてまいります。同窓の皆様の更なるご支援,ご協力をお願い申し上げます。
 コロナ禍の中,同窓会活動も当初は中止も余儀ない事態となりましたが,各種委員会の先生方の努力により,昨年は各種事業もほぼ遂行することができました。コロナ禍3年目に入り,Web 配信という方法を積極的に活用してまいりたいと考えております。以前より東京開催の講演会になかなか参画しにくいというご意見を耳にしておりましたが,「TDCアカデミア」事業も,Web 配信を利用したセミナーを開催し,結果多くの利点も生まれ,「卒後研修」では各地域からの参加を得,「臨床セミナー」においても,地方からの参加が半数を占める状況となっております。オンラインを活用することもこれからの時代の流れかと考えます。今後同窓会活動の1つとして活用してまいります。
 同窓会を構成する世代は,平成・令和時の卒業生が,全同窓生の半数を超えました。また,大学在校生は女性学生が過半数となりました。このような現状を同窓会もしっかりと認識して活動していかねばなりません。更なる同窓会の充実,発展のため,努力してまいります。先生方の益々のご支援,ご協力をお願い申し上げます。