横浜西部支部/平成30年度 秋の総会

 今年度の当支部秋の総会は10月27日土曜日午後7時より横浜崎陽軒本店5階「マンダリン」にて行われた。当番区は瀬谷区で出席者数はご来賓を含めて22名であった。

第一部 総会
山之内正己君の司会の下,式次第にのっとり,辻村育郎支部長挨拶,ご来賓の挨拶,各種報告が行われ,出席者全員による承認を得た。古希を迎えられた菅原政道君,還暦を迎えられた山之内一也君に対して,お祝い金を渡し祝福した。また,東京歯科大学元理事長金子 譲君が特別会員から,県も含めて支部会員になってくださるとの報告があった。

第二部 学術講演会
当支部会員の武居 純君より,「CBCTとマイクロスコープを活用した根管治療症例」の発表がなされた。感染根管処置の際,パノラマ・デンタルではわかりにくい根尖病変の広がりを,CBCT画像を併用しつつマイクロスコープで直接根尖孔を観察し,診断・治療・経過観察をするという内容であった。根管治療がいかに難しいかを考えさせられる素晴らしい発表であった。

第三部 宴会
佐藤卓朗君の乾杯の発声により一同乾杯し会食となった。たのしいひと時も瞬く間に過ぎ,増田裕子副支部長の挨拶で閉会となり,最後に一同で記念撮影を行った。

 次回の当番区は保土ヶ谷区が当番である。

(平成14年卒・渡瀬 秀彦 記)