母校だより」カテゴリーアーカイブ

講座紹介:パーシャルデンチャー補綴学講座/総合的に一口腔全体を評価し 咬合の再構成を行います。(水道橋病院 補綴科)(同窓会報428号より)

講座概要

 パーシャルデンチャー補綴学は,1歯欠損から1歯残存までの多岐にわたる部分的な歯の欠損症例に対して,局部床義歯を用いて咬合回復を行う学問です。可撤性の補綴装置という特徴を最大限に生かし,残存歯部と欠損補綴部との生物学的調和をとりながら,損なわれた顎口腔機能を適確に制御するという,非常に興味深い分野です。 続きを読む

講座紹介:老年歯科補綴学講座/食べる機能を治し支える歯科医療をめざしています(水道橋病院 補綴科)(同窓会報428号より)

 平素より補綴科宛に患者さまをご紹介下さり,誠にありがとうございます。
 当講座の歯科医師は,日本補綴歯科学会を始め,日本老年歯科医学会,日本口腔インプラント学会,日本摂食嚥下リハビリテーション学会といった各専門学会に所属しております。日本補綴歯科学会の指導医2名,専門医3名,認定医1名,また日本老年歯科医学会の指導医2名,認定医3名が在籍しており,定期的に講座内での症例検討会や勉強会を実施して研鑽を積んでおります。 続きを読む

母校だより:フレッシュマンセミナー(同窓会報第428号より)《写真ギャラリー》

 今年のフレッシュマンセミナーが,2022(令和4)年4月20日(水)から2泊3日で,千葉県木更津市にあるかずさアカデミアパークにて開催された。新入生の学外セミナーは,しばらくコロナ禍の影響で中止となっていたため3年ぶりの実施である。本セミナーの目的は,1)歯科大学1年生としての学習の心構え,2)総論としての修学のモチベーションと具体的な大学での学び方等について学習,3)新入生同志の親睦である。 続きを読む

母校だより:令和4年度 東京歯科大学133期入学式、短期大学歯科衛生学科入学式(同窓会報第428号より)《写真ギャラリー》

令和4年度 133期入学式

 2022(令和4)年4月5日(火),133期入学式が,水道橋キャンパス新館血脇記念ホールにて挙行された。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,2部制にて実施された。

続きを読む

母校だより:第71回 短期大学卒業証書授与式・2021年度 短期大学専攻科修了式(同窓会報第428号より)《写真ギャラリー》

令和2年度 短期大学卒業証書授与式

 2022(令和4)年3月11日(金),水道橋校舎新館2階血脇記念ホールにおいて第71回東京歯科大学短期大学卒業証書・学位記授与式が挙行された。昨年に引き続き,新型コロナウイルス感染症対策のまん延防止等重点措置が発令されている中で厳かに開催された。卒業生である第71期生(短期大学第3期生)50名全員が呼名された後,卒業生を代表して,脇田詩央美さんへ鳥山佳則短期大学学長より卒業証書が授与された。卒業生を代表して脇田詩央美さんが3年間を共に過ごした友人,諸先生方への感謝に満ちたあいさつを述べた。

続きを読む

母校だより:第127回卒業証書授与式、2021年(令和3年)度大学院修了者同窓会会長賞授与式(同窓会報第428号より)《写真ギャラリー》

第127回卒業証書授与式

 2022(令和4)年3月15日(火),水道橋校舎新館血脇記念ホールにて第127回卒業証書授与式が挙行された。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点により,昨年度に引き続き,3部制にて人数を制限し開催された。例年学部学生の卒業証書授与式と同会場にて開催していた大学院修了証授与式は,本館12階A教室にて開催された。厳かな雰囲気の中で第127期生126名は,3部それぞれ42名ずつ呼名され,ひとりひとり会場内のテレビモニターに無事に卒業式を迎えることが出来た晴れやかな表情が映し出された。 続きを読む

いなげ ―そして未来へ―(同窓会報第427号より)《写真ギャラリー》

 どんなに時代が変わったとしても,確かなことは,私たちが仲間とともに学び語らった教室,研究に明け暮れた講座,患者さんのための治療に打ち込んだ病院が,稲毛の地にあったということ…。その事実は変わらない。

橋本貞充(昭和56年卒)


続きを読む

講座紹介:歯周病学講座/予知性の高い歯周治療の提供を目指しています。(水道橋病院 保存科)(同窓会報427号より)

 現在,歯周病学講座は,水道橋病院保存科において24名の常勤講座員と3名の非常勤(臨床教授1名,臨床准教授2名)の体制で診療を行っております。紹介の有無によらず多くの患者様が来院し,コロナ禍ではありますが,2021年4〜11月の期間でのべ約1万人の診療を行いました。
 紹介の多くは,歯周組織再生療法を含む全顎的な歯周治療や歯肉退縮などに対する歯周形成手術を必要とする方という状況です。検査結果に基づき適切な診断を行い指導医と供に治療計画を立案し,歯科衛生士と協働して治療にあたっています。 続きを読む

講座紹介:クラウンブリッジ補綴学講座/生体親和性と審美性のLongevityに特化したメタルフリー治療を行っております。(水道橋病院 補綴科)(同窓会報427号より)

治療の特徴と流れ

 平素より補綴科宛に患者さまをご紹介下さり,誠にありがとうございます。
 当講座の歯科医師は,日本補綴歯科学会を始め,日本歯科審美学会,日本接着歯学会,日本口腔インプラント学会といった各専門学会に所属しており,日々の治療に尽力しております。治療の特徴としては,健全歯質の切削量を必要最低限とし,昨今の向上した接着技術を応用する接着ブリッジや,金属アレルギーが疑われる患者様につきましては内科との連携で検査を行い,生体親和性に優れるセラミックを用いたメタルフリー治療を提供させていただいております。 続きを読む

講座紹介:歯内療法学講座/歯科用実体顕微鏡と歯科用コーンビームCTを用いた精度の高い診断と治療の提供をめざしています。(水道橋病院 保存科)(同窓会報426号より)

 歯内療法,歯周治療,保存修復の処置を主体とする保存科は,水道橋病院本館および西棟の2階において,各講座の医局員がその専門性に基づいて診療をしています。紹介状の有無に関わらず多くの患者様が来院し,治療計画のスムーズな遂行がなかなか困難となっておりますが,「各指導医による質の高い歯科医療の提供」と「後進の育成による医療提供環境の拡充」をするべく,保存科一同が粉骨砕身の気持ちで日々診療にあたっております。 続きを読む