2015 TDCアカデミア 臨床セミナー/スタッフセミナー
「歯科衛生士に必要な口腔インプラント治療の知識」 ~インプラント治療を始めると言われて慌てないために~(2015年5月31日(日))

2015 TDC アカデミア 臨床セミナー

スタッフセミナー


 口腔インプラント治療は、大学教育にも導入され一般の歯科医院においても決して特別ではない治療として急速に普及しています。しかしながら、安易な手術施行や準備不足によって、様々な事故やトラブルが発生していることも事実です。口腔インプラント治療を開始するには、それに関与する様々な知識の修得と十分な準備が必要であり、歯科医師だけでなく歯科衛生士がチームの一員として担う役割も大変重要なのです。
本セミナーでは、歯科衛生士に必要な口腔インプラント治療に関連する知識、技能の習得を目指します。

臨床セミナー スタッフセミナー
歯科衛生士に必要な口腔インプラント治療の知識
~インプラント治療を始めると言われて慌てないために~
講師:

中濱典子

  • 千葉県立歯科衛生専門学院卒
     (現:千葉県立保健医療大学歯科衛生学科)
  • 東京歯科大学水道橋病院
     口腔インプラント科主任歯科衛生士
  • 水道橋病院副歯科衛生士長
講師:

矢島安朝

  • 東京歯科大学卒
  • 東京歯科大学口腔インプラント学講座主任教授
  • 東京歯科大学水道橋病院 病院長
  • 日本口腔インプラント学会 指導医
  • 日本顎顔面インプラント学会 指導医
  • 日本口腔外科学会 指導医
講師:

福田謙一

  • 東京歯科大学卒
  • 東京歯科大学歯科麻酔学講座准教授
  • 日本歯科麻酔学会 専門医
  • 日本障害者歯科学会 認定医
  • 日本口腔顔面痛学会 暫定指導医
日時:2015年5月31日(日) 10:00 ~ 15:00
場所:東京歯科大学 水道橋校舎新館8F
定員:80名
受講料:8千円

講演

  • 口腔インプラント治療の基礎的な知識
  • 外科処置の準備・介補
  • 治療後のメインテナンス
  • インプラント治療に携わる心得
  • 消毒・滅菌方法
  • 生体モニターの準備
  • 患者への説明と対応

 インプラント治療が予知性の高い、優れた治療法の一つであることは、既に社会的にも充分認識されており、これに携わる歯科医師・歯科衛生士も増加の一途にあると言われています。
インプラント治療の導入にはインプラント器材の購入や診療環境の整備等の経済的な負担だけではなく、インプラント治療に対する充分な知識や技術の修得、あるいはコミュニケーションスキルの向上といった様々な問題をクリアすることが必要となります。さらにインプラント治療は歯科医師、歯科衛生士がチームを組んで取り組む場面が多く、両者の連携の巧みさや治療に対する考え方、取り組む姿勢が同じ方向を向いている事がインプラント治療の成功を左右すると言っても過言ではありません。私たち歯科衛生士の知識不足や技能の未熟さ、あるいは低いコミュニケーション能力によって、大きな被害を被るのは患者さんだという事を念頭に置いて治療に臨むことが大切になると考えます。
今回の講演は、それらを踏まえたうえで、インプラント治療の導入に際してのインプラントの基礎的な知識、消毒・滅菌方法、外科処置の準備・介補、インプラント治療に携わる心得等をベーシックな面に重点を置いて解りやすく解説したいと思います。
水道橋病院口腔インプラント科の立ち上げから現在までの経験を基に、受講される皆様が肩の力を抜いてインプラント治療に取り組めるよう、お話したいと考えております。
(Noriko Nakahama)


会場案内・受講お申し込み方法はこちら >>


2015 TDCアカデミア セミナー一覧: