2017 TDCアカデミア 医療教養 One Day/Part 2 フロントランナーセミナー
「求められる歯科医師像」(2017年11月12日(日)11:00〜12:00)

2017 TDCアカデミア 医療教養 One Day

Part 2 フロントランナーセミナー

 各分野で長年にわたり活躍されている著名な先生を講師としてお招きして行う講演会です。長年の経験の中から、次世代へ伝えたい事などをお話しいただき、世代間での交流を目的としたセミナーです。

医療教養 One Day Part 2 フロントランナーセミナー
「求められる歯科医師像」
講師:髙添 一郎(昭和29年卒 東京歯科大学名誉教授)
The Miller Prize 受賞、公益財団法人野口英世記念会会長
日時:2017年11月12日(日) 11:00 ~ 12:00
場所:東京歯科大学 水道橋校舎新館8F
定員:60名
受講料:無料

2017 TDCアカデミア 医療教養 One Day/Part 2 フロントランナーセミナー「求められる歯科医師像」(2017年11月12日(日)11:00〜12:00)

講師: 髙添一郎

 わが国では、近年歯科医師の資質や臨床歯科医学の研究水準の低下ならびに歯科医師の研究離れが危惧されている。また国民からはより良質の歯科医療の提供が望まれている。人口構成に見られる急速な少子・高齢化や不安定な医療・教育制度などで歪みを生じた社会環境下で医療全般が多くの問題を抱えているのは事実である。歯科医師の多くは懸命に地域医療の使命を果たしているにも拘らず、社会的評価は一般に低い。
歯学部の入学定員や歯科医師の受給問題にまで波及している。歯科界に起きるこのような沈滞はかなり古くからあり、波状的に発生している。このような状態から脱却するのには、かなりの努力が必要であろう。しかしわれわれには解決の鍵がある。それは歯科界の偉人血脇守之助先生の教訓である。“歯科医師たる前に人間たれ”“涸れる事のないエネルギーと知力、開拓者としてのフロンティア精神、才能の発掘と育成”という名言は、歯科医師が持つべき座右の銘として今日でも生きている。われわれは、古くから知・情・意の高揚を求められているのである。そしてこの理念が注意深く組み込まれた本アカデミアプログラムの枠組みを熟視すれば、今日求められている歯科医師像が浮き彫りになるに違いない。後は医療人としての自己確立を目指して前進するのみである。当日は基礎領域での長い経験から温故知新を試み、皆さんと一緒に自己啓発の道筋を考察したい。 (Ichiro Takazoe)



2017 TDCアカデミア セミナー:

2017 TDCアカデミア お申し込みフォーム

2017 TDCアカデミア セミナー一覧: