第2回新進会員のつどい開催(平成26年11月30日)

矢﨑同窓会長を中心として、ご講演いただいた先生方、右から石川一磨先生、小川志保先生、吉田光孝先生、菅原圭亮先生:平成26年11月30日(日)、水道橋校舎本館第1講義室

 平成26年11月30日(日)午後1時より、水道橋校舎本館13階第1講義室において、第2回新進会員のつどいが開催された。このつどいは、卒後5年目以内までを対象とした新進会員を対象としたものであり、昨年より開始された。
講演会では、本学同窓である4名の先生にご講演をいただいた。まず、平成10年卒の石川一磨先生より「歯科医院開業~これまでの歩み~」と題した講演が行われた。続いて、平成15年卒の小川志保先生より「女性歯科医師 子育てと仕事の両立」と題した講演が行われた。そして、平成22年卒の吉田光孝先生より「エクソソームを用いた診断法の開発に向けて」が行われ、最後に平成16年卒の菅原圭亮先生「基礎疾患あり!注意しよう、薬剤投与!!」と題した講演が行われた。
当日は、本学の卒業生である新進会員ばかりでなく、現役学生の参加者も見られ、合計で、昨年を超える85名が参加した。
講演会後は、本館14階において懇親会が行われ、新進会員達は、矢﨑同窓会長をはじめ同窓会の諸先輩方と交流を交わした。

新進会員のつどいの風景:平成26年11月30日(日)、水道橋校舎本館第1講義室

■第2回新進会員のつどいを振り返って

幹事:荻野崇真(平成22年卒)

今回、「新進会員のつどい」に主催者として参加させて頂きました。開催にあたり、講演内容や開催場所の選出など紆余曲折がありましたが、当日は多数の先生方に参加して頂きました。
この会は卒後5年目までの先生方を主な対象として開催しましたが、参加された先生方の評判は大変良く、感無量でした。懇親会にも多数の先生方に出席して頂き、新進会員の知識と交流がさらに深まったことと思います。私自身も若手会員の前向きでアグレッシブな考えに触れ大変刺激を受けました。また、このように優秀な若手会員との交流を通じ、この会が今後さらに繁栄していくことを確信しました。
最後になりましたが、この「新進会員のつどい」開催のきっかけを与え、助力してくださった同窓会役員の先生方に感謝申し上げたいと思います。

幹事:野末真司(平成23年卒)

 まずはお忙しい中で新進会員のつどいで講演して下さった先生方、準備に携わって下さった先生方、そして参加して下さった先生方へ厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。今回は普段知ることのできない開業までの経験の話や子育てと仕事の両立の話を伺うことができ、また明日からの臨床につながる薬剤の話、そして大学院でされている研究の話と幅広いテーマの中で座長をさせて頂きました。
久しぶりに会った友人からは「台本を読んで話しているみたい」とか「オドオドしていて野末らしい座長」という様々なコメントをもらいましたが、最後の質問では笑いを取ることもできましたし、一緒に座長をしてくれた黄地先生や会場の皆様のおかげで無事に終わることができました。
来年は、より一層良い会になればと思っております。

幹事:石川宗理(平成24年卒)

石川先生からは実際に開業する時にどう言うことを考えるのか、また詳しい実情を、小川先生からは女性として仕事と家庭の両立また男性、吉田先生からはエクソソーム研究を通して基礎研究をするということの楽しさそして大変さを、そして菅原先生からは薬剤の注意点、大学人であることがどういうことかを教えていただきました。
これから直面する分岐点に道標をいただけて、とても参考になりました。

幹事:木村基善(平成25年卒)

 今回の集いは昨年度とはまた違った切り口で非常に楽しむ事が出来ました。
開業までの詳しい経緯や女性歯科医師の生き方など、卒業して間もない私達が聞いてみたかった内容がぎゅっと詰まっていて今後の自分たちの大きな参考になったと思います。懇親会も大いに盛り上がり、参加者からは「参加して良かった」とたくさんのコメントを頂きました。来年もより魅力あるテーマをそろえ、今年以上により多くの方が参加していただけるよう努力していきたいと思います。

幹事:田中亜生(平成26年卒)

 お忙しい中多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。
卒業して1年目の私達にとってこのような大きなイベントに企画運営としての立場で携われたことはとても貴重な経験となりました。
これまでは部活のOB・OGの先生方との関わりのみでしたが、今回の同窓会で私達にはこれだけたくさんの同窓の先生方がいらっしゃるということを実感でき、心強く思いました。この社会に無知な私達の疑問・相談をとてもよく聞いていただける同窓の先生方がいることは、東京歯科大学ならではのことではないかと思います。
今後も名前の通り、この会に人がつどえばと思っております。

■来年度に向けて

幹事:黄地健仁(平成23年卒)

 東京歯科大学を卒業して数年が経ちました。たった数年ですが、周りを見渡してみると、母校に残る者、離れた者、夢を追い続ける者、現実の中で模索する者、現場の中心で指揮をとる者、現場を離れた者、「歯科医師」である事実に変わりはありませんが、その像は様々だと思います。
だからこそ、同窓会の様な場を、「久しぶり、元気?」「最近こんな事があってさぁ」「今度飲みに行こう」そんな場になれば良いなと思っています。むしろ、そういう場にしたいと思っています。
長い歴史がある東京歯科大学だからこそ、オーガナイザーは若手の僕等です。


「第2回新進会員のつどい」記事一覧