奥田克爾」タグアーカイブ

With coronaを生き抜くために 歯科医療には大きな役割があります[奥田克爾先生(昭和43年卒)・同窓会報第422号より]

 6月号(420号)において本誌に新型コロナウイルス感染症に関する,奥田名誉会員の「困難な時こそ立ち向かえ!」をご投稿いただいたところ,情報が錯綜し暗中模索の中,診療において大いなる指針となったと多くの同窓から感謝の言葉をいただきました。そこで,まだまだ社会が戻ったとは言えない状況ですが,ご要望にお応えして,現状や今後の展望分析など含めて奥田先生にご執筆を依頼させていただきました。全国それぞれお立場や状況に違いがあるにせよ,一つの方向性としてご一読いただければ幸いです。


With coronaを生き抜くために
歯科医療には大きな役割があります

2020年11月21日更新 名誉会員 奥田 克爾(昭和43年卒)

 6月号に「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」を掲載していただきました。野口英世先生の「困難な時こそ立ち向かえ」,「高雅學風徹千古」を使わせてもらって,会員から歯科医療に取り組む元気が出たとの礼状を受けました。歯科治療前に新型コロナウイルス感染予防のために,患者にポビドンヨード液でのガラガラ嗽を求めることも書きました。その後,大阪府から論文にもなっていないにも拘わらず「ポビドンヨード液が新型コロナウイルスの治療に有効」という記者会見がありました。その内容に質問を受け,歯科治療での感染リスクを下げるためのポビドンヨード液での嗽であることを説明させてもらいました。また,ポビドンヨード液には口腔粘膜にも毒性があり嗽後の水での洗口が必要であることなどメールで応えてきました。
続きを読む

情報ネット 会務トピックス/2020年5月20日号・奥田克爾名誉教授より 同窓会へのエール

同窓会会員各位

お世話になります。
この度の新型コロナウイルス感染症に関して、奥田名誉教授より、感染予防、パンデミックと口腔ケアなど文章を色々といただいており、その中で、同窓会へのエールもいただきました。
最近では、新型コロナウイルス感染症も徐々に終息に向かっているところですが、
会員の先生方におかれましては、今後の歯科医療体制についてなど不安なところも多々あると思います。
このメッセージで大変勇気づけられた・・・という声が多く聞かれましたので、トピックスに掲載をしてみました。

ぜひ、奥田先生からのメッセージを多くの先生へお届け下さいますようお願いいたします。

情報ネット 会務トピックス >>

TDC-alumni-koho-hp

2020年5月12日

奥田克爾名誉教授より承りました、「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年5月9日改訂版)を掲載しました。


情報ネット 会務トピックス/別刷り:「歯科医療の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防対策」(奥田克爾名誉教授、2020年4月13日改訂版)・「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年5月9日改訂版) >>

TDC-alumni-koho-hp

2020年5月3日

奥田克爾名誉教授より承りました、「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年4月25日改訂版)および、本寄稿概略が記載された日本歯科新聞記事(2020年4月21日号)を掲載しました。



情報ネット 会務トピックス/別刷り:「歯科医療の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防対策」(奥田克爾名誉教授、2020年4月13日改訂版)・「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年4月25日改訂版) >>

TDC-alumni-koho-hp

2020年4月26日

奥田克爾名誉教授より承りました、「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年4月21日改訂版)を掲載しました。


情報ネット 会務トピックス/別刷り:「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授)【2020年4月21日改訂版】 >>

TDC-alumni-koho-hp

2020年4月16日

奥田克爾名誉教授より承りました、「歯科医療の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防対策」 2020年4月13日改訂版および、「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年4月12日)を掲載しました。


情報ネット 会務トピックス/別刷り:歯科医療の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防対策(奥田克爾名誉教授)【2020年4月13日改訂版】 >>

情報ネット 会務トピックス/別刷り:「歯科医療の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防対策」(奥田克爾名誉教授、2020年4月13日改訂版)・「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年5月9日改訂版)

2020年5月12日:「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(2020年5月9日改訂版)を掲載しました。
2020年5月3日:「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(2020年4月25日改訂版)および、本寄稿概略が記載された日本歯科新聞記事(2020年4月21日号)を掲載しました。
2020年4月26日:「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(2020年4月21日改訂版)を掲載しました。
2020年4月16日:感染予防対策PDFを2020年4月13日版に改定し、「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(2020年4月12日)を掲載しました。




新型コロナウイルス感染症が蔓延しておりますが、
皆様におかれましては、お元気で診療に従事されておられますでしょうか?

母校では、卒業式、オリエンテーションなどの行事が中止となり、
同窓会本部においても、理事会、委員会の中止が続いており、皆様にご迷惑をおかけしている点も
あるかと存じますが、しばらくはご了承いただけますようお願い申し上げます。

さて、この感染症に対しては、歯科医院でも予防が大切になると思います。
そこで、母校の奥田名誉教授が「歯科医療の新型コロナウイルス感染予防対策」を
作成して下さいましたので、ご送付いたします。
どうぞ、十分にご留意されて診療に当たられて下さい。

この全世界的な流行が、早く落ち着きを取り戻しますよう願うとともに、
会員の皆様が、変わらずにお元気で過ごされますよう心からお祈り申し上げます。

情報ネット 会務トピックス >>