COVID-19」タグアーカイブ

情報ネット 会務トピックス/特別寄稿:新型コロナウイルス感染症濃厚接触者になって -休診期間を経て今思うこと―

既にフェーズは「患者に感染させない、患者から感染させられない」から、「家族・スタッフが感染者になった場合」に移っています。その時、被害を最小限にとどめ自分の城を守るため何ができるのか・・・。この体験談が少しでもお役に立てれば幸いです。

※本コンテンツ閲覧にはログインが必要です。
(ID・パスワードは前年度同窓会報2月号・本年度同窓会報2月号に掲載されております)

続きを読む

With coronaを生き抜くために 歯科医療には大きな役割があります[奥田克爾先生(昭和43年卒)・同窓会報第422号より]

 6月号(420号)において本誌に新型コロナウイルス感染症に関する,奥田名誉会員の「困難な時こそ立ち向かえ!」をご投稿いただいたところ,情報が錯綜し暗中模索の中,診療において大いなる指針となったと多くの同窓から感謝の言葉をいただきました。そこで,まだまだ社会が戻ったとは言えない状況ですが,ご要望にお応えして,現状や今後の展望分析など含めて奥田先生にご執筆を依頼させていただきました。全国それぞれお立場や状況に違いがあるにせよ,一つの方向性としてご一読いただければ幸いです。


With coronaを生き抜くために
歯科医療には大きな役割があります

2020年11月21日更新 名誉会員 奥田 克爾(昭和43年卒)

 6月号に「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」を掲載していただきました。野口英世先生の「困難な時こそ立ち向かえ」,「高雅學風徹千古」を使わせてもらって,会員から歯科医療に取り組む元気が出たとの礼状を受けました。歯科治療前に新型コロナウイルス感染予防のために,患者にポビドンヨード液でのガラガラ嗽を求めることも書きました。その後,大阪府から論文にもなっていないにも拘わらず「ポビドンヨード液が新型コロナウイルスの治療に有効」という記者会見がありました。その内容に質問を受け,歯科治療での感染リスクを下げるためのポビドンヨード液での嗽であることを説明させてもらいました。また,ポビドンヨード液には口腔粘膜にも毒性があり嗽後の水での洗口が必要であることなどメールで応えてきました。
続きを読む

情報ネット 会務トピックス/島村議員より情報提供(骨太の方針)

骨太の方針2020/歯科関連

骨太の方針2020/歯科関連

各位
新型コロナウイルス感染症も収束には程遠い状況ですが、お元気でお過ごしでしょうか?
令和3年度予算に向けた「経済財政運営と改革の基本方針」が閣議決定され、島村 大 議員より、歯科に関する情報をいただきましたのでお知らせいたします。


【経済財政運営と改革の基本方針2020(骨太の方針)】

今回の骨太はコロナ対応がメインです。新型コロナウイルス感染拡大対応と社会経済活動を両立する「新たな日常」に向け、医療体制の整備、デジタル化の推進などが掲げられています。

(資料出典:
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/0708/shiryo_02.pdf#search=%27経済財政運営と改革の基本方針2020%27

私はwithコロナ下における「国民を守るために歯科ができること、やるべきことを」を念頭に発言しました。

歯科に関する主な部分は以下です。

続きを読む

情報ネット 会務トピックス/島村議員より情報提供(医療機関への支援)

各位
島村 大議員より、医療機関への感染拡大防止等の支援について情報提供をいただきましたので、お知らせいたします。


【二次補正予算のスケジュール】

以前に「国の慰労金及び感染拡大防止100万円の申請案内が届くのは7月前半の見込み」とお伝えしましたが、厚生労働省に問い合わせたところ、少し遅れて7月下旬となるようです。

慰労金については同時またはもう少し後になるかもしれません。

入金は8月下旬または9月初旬を目途に準備が進められています。もうしばらくお待ちください。

続きを読む

「新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言の解除を踏まえ今後を見据えた歯科医療提供体制の検討及び歯科保健医療の提供について(依頼)」(厚生労働省 医政歯発0619 第1号)

「新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言の解除を踏まえ今後を見据えた歯科医療提供体制の検討及び歯科保健医療の提供について(依頼)」厚生労働省 医政歯発0619 第1号

各位
新型コロナウイルス感染症対策においては、全国的な自粛が解除され、これからは、新しい生活様式と皆様の自主的な感染予防が必要となってまいりました。
厚生労働省より、今後の歯科診療に関する通知が出されましたので、情報提供させていただきます。

今後も東京歯科ワンチームで頑張りましょう!

全文(厚生労働省HP):
https://www.mhlw.go.jp/content/000641738.pdf

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)COVID-19 Contact-Confirming Application(厚生労働省HPより)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、接触確認アプリ(COCOA)を開発しました。COVID-19 Contact Confirming Application
医療に従事する団体として、是非、拡大防止に協力したいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。


○新型コロナウイルス接触確認アプリ紹介ページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html


○新型コロナウイルス接触確認アプリについて(概要)
○新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA(ビラ)


○Apple App Store(iOS 13.5以上)
https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458
○Google Play Store(Android 6.0以上)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar

情報ネット 会務トピックス/2020年5月20日号・奥田克爾名誉教授より 同窓会へのエール

同窓会会員各位

お世話になります。
この度の新型コロナウイルス感染症に関して、奥田名誉教授より、感染予防、パンデミックと口腔ケアなど文章を色々といただいており、その中で、同窓会へのエールもいただきました。
最近では、新型コロナウイルス感染症も徐々に終息に向かっているところですが、
会員の先生方におかれましては、今後の歯科医療体制についてなど不安なところも多々あると思います。
このメッセージで大変勇気づけられた・・・という声が多く聞かれましたので、トピックスに掲載をしてみました。

ぜひ、奥田先生からのメッセージを多くの先生へお届け下さいますようお願いいたします。

情報ネット 会務トピックス >>

TDC-alumni-koho-hp

2020年5月12日

奥田克爾名誉教授より承りました、「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年5月9日改訂版)を掲載しました。


情報ネット 会務トピックス/別刷り:「歯科医療の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防対策」(奥田克爾名誉教授、2020年4月13日改訂版)・「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年5月9日改訂版) >>

情報ネット 会務トピックス/特別号:東京歯科大学同窓会会員のみなさまへ(東京歯科大学同窓会会長 澁谷 國男)

同窓会会員各位

新型コロナウイルス感染症も、やっと収束に向かっているような気配がしております。
stayhomeをしている間に、季節も梅雨が間近になってしまいました。

この度、会員の先生方へ、会長より激励のメッセージをいただきました。
会長のお言葉から夜明けをイメージして「会務トピックス 特別号」を作成いたしましたので、配信します。
是非、多くの先生方へ、会長のお声をお届けください。

同窓会ワンチームで頑張りましょう!!


東京歯科大学同窓の皆さまへ

東京歯科大学同窓会
会長 澁谷 國男

 新型コロナウイルス感染症対策の緊急事態宣言が4月7日発令され、5月4日1か月を目処に延長されました。母校においても水道橋、市川、千葉の三施設で万全の感染防止対策が取られていると聞いております。私たち同窓会活動も大学行事や多数の同窓会支部会議の変更に伴う延期や中止が繰り返され、新年度からの事業計画は大幅に変更されました。しかし、このような歴史に残るような大災害である時こそ、長い歴史の中様々な戦火や災害にも打ち勝ってきた伝統の底力が試される時と私は思っております。

 今後の会務運営につきましては、4月22日Web形式で行われた常任理事会において、新型コロナウイルスで感染症による今後の会務運営について検討し、理事の先生方からご承認を得て以下の事項で施行することを決定いたしております。
・現状をふまえ、5月16日理事会についてはWeb会議あるいは前回同様の書面評決を併用した形式で行う。
・6月17日までに計画されている対人集合企画はすべて中止とし、6月17日常任理事会において、以降の後期事業計画変更についてあらためて提案する。
・年内すべての会務日程については社会情勢を勘案し、縮小して執行する。ただし、Web会議あるいは運営に必要な役員、事務局活動については制限しない。尚、5月6日以降の緊急事態宣言に柔軟かつ迅速に対応するため、事業の延期あるいは中止に関する決定は会長一任とする方向で検討する。
それによって、予定されていた5/20 TDCアカデミア2020 そして 7/19 学年代表者会について本年度開催は中止。今後の状況を勘案し9月同窓会ゴルフ大会本年度開催についても中止検討することといたしました。
また、会則第37条(地域支部連合会総会は、原則として毎年1回開催する。)関連につきましては地域の状況や実情を勘案していただき、開催の延期、中止に伴う書面やWeb会議などこの局面に即した御対応をお願いしたいと存じます。
現在母校も大変なご苦労をされていると伺っております。私たちは社会全体が正常な状況に戻るまでは大学施設の借用などに際しても十分な配慮をもって対応し、大学事業を支えるべき同窓会として活動していかなければと考えております。各会員におかれましても、十分ご理解の上ご協力いただければ幸いです。
これからも更なるウイルス感染対策を励行し強い信念のもと、自分の診療室「城」は絶対に守って下さい。
院内感染の一層の注意をし、又スタッフの生活やその家族への配慮も忘れないで下さい。医療人の一人として最前線で戦う医師達の後方支援として、気持ちを強く持ち「城」を守り抜きましょう。

 「長い夜はあっても、明けぬ夜はありません」

情報ネット 会務トピックス >>

TDC-alumni-koho-hp

2020年5月3日

奥田克爾名誉教授より承りました、「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年4月25日改訂版)および、本寄稿概略が記載された日本歯科新聞記事(2020年4月21日号)を掲載しました。



情報ネット 会務トピックス/別刷り:「歯科医療の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防対策」(奥田克爾名誉教授、2020年4月13日改訂版)・「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」(奥田克爾名誉教授、2020年4月25日改訂版) >>