会員限定」カテゴリーアーカイブ

情報ネット 会務トピックス/別刷り:「新型コロナに立ち向かう歯科医療と口腔ケア」(奥田克爾名誉教授、2021年9月17日寄稿)

新型コロナに立ち向かう歯科医療と口腔ケア

名誉会員 奥田克爾


With corona はオーラルヘルスで乗り越える

 微生物学講座で学びの歩みを続けてきたことから、新型コロナウイルス感染症について、同窓会HPや会誌で解説してきました。この度会報編集委委員から文献をつけて下さいとの要望がありましたので、無料のPubMedで読めるものを加えました。
 パンデミック収束を嘲笑うが如く感染力を高めたデルタ株が第5波となって、医療が逼迫して感染者の自宅療養が増えてしまいました。新型コロナ感染者にウイルスと口腔細菌の混合感染が起きた場合の肺炎は、重篤になって死亡率が上がってしまいます。そのため歯周病などのないオーラルヘルスと口腔内細菌数を減少させる口腔ケアの重要性が強調されています(Front Microbiology 2020 11:1840, Journal of Clinical Medicine 2021 10 156, British Dental Journal 2020 228 971)。その内容に加え、変異ウイルスへのワクチン効果や2種のモノクローナル抗体を組み合わせたカクテル療法について自己流で作った図を使って解説させてもらいます。また、末文に野口英世記念会感染症ミュージアムの開設と賛助会員について書かせてもらいました。

※本コンテンツ閲覧にはログインが必要です。
(ID・パスワードは前年度同窓会報2月号・本年度同窓会報2月号に掲載されております)

続きを読む

【同窓会員限定・無料】令和3年度 若手の会員活動推進委員会 講演会「今さら聞けない…今だから聞きたい…こんなこと、あんなこと〜CR充填のちょっとしたコツ!〜」[2021年6月25日(金)、講師:村松 敬先生]

【同窓会員限定・無料】令和3年度 若手の会員活動推進委員会 講演会「今さら聞けない…今だから聞きたい…こんなこと、あんなこと〜CR充填のちょっとしたコツ!〜」[2021年6月25日(金)、講師:村松 敬先生]

CR充塡で、
●「色が上手く合わない」
●「隣接面や小窩裂溝の形態が上手くできない」
●「ラバーダムを手早くできない」
などの声がよく聞かれます。
本講演ではCR充塡のちょっとしたコツやポイントを説明します。

気軽に参加できる講演会です!!
若手の先生方に限らず、全世代の先生方(老若男女)の参加が可能です!!
是非お誘いあわせの上、ご参加ください。お待ちしております!

令和3年度 若手の会員活動推進委員会 講演会

演題: 「今さら聞けない…今だから聞きたい…こんなこと、あんなこと 〜CR充填のちょっとしたコツ!〜」
講師: 村松 敬先生(東京歯科大学 保存修復学講座教授)
日時: 令和3年6月25日(金) 19:00〜
場所: ライブ配信(要登録、開催前にURL送信)
備考: ★ 会員限定の無料Webセミナー
★ URLあるいはQRコードから申込フォームへ必要事項を入力して登録
★ 申込締め切り▶6月22日(火)24:00
★ 登録された会員へは6月23日(水)に招待メール(URL)を送信
  (25日(金)の午後にも再送予定)

お申し込みの受付を終了しました。

続きを読む

情報ネット 会務トピックス/別刷り:「新型コロナウイルス感染予防ワクチンを紐解く」(奥田克爾名誉教授、2021年4月16日寄稿・2021年5月17日改訂版)

2021年5月19日:「新型コロナウイルス感染予防ワクチンを紐解く」(2021年5月17日改訂版)を掲載しました。
2021年5月16日:「新型コロナウイルス感染予防ワクチンを紐解く」(2021年5月14日改訂版)を掲載しました。

新型コロナウイルス感染予防ワクチンを紐解く

名誉会員 奥田克爾


 本会報に2回にわたって新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について拙文を掲載させてもらいました。医療担当者向けの新型コロナウイルス感染予防ワクチン接種が始まって,会員の多くにワクチン接種がなされていると思います。副反応や次々に出現している変異株にワクチンが有効ですかとか、先進国わが国でワクチン政策の遅れなど、同窓からの質問が殺到しています。「ワクチン接種は人のすべての免疫能力を破壊して死に導く」という5月5日の米国の情報を同窓に伝える医師がいることを知り、急遽同窓会HPに掲載をお願いしました。

※本コンテンツ閲覧にはログインが必要です。
(ID・パスワードは前年度同窓会報2月号・本年度同窓会報2月号に掲載されております)

続きを読む

情報ネット 会務トピックス/特別寄稿:新型コロナウイルス感染症濃厚接触者になって -休診期間を経て今思うこと―

既にフェーズは「患者に感染させない、患者から感染させられない」から、「家族・スタッフが感染者になった場合」に移っています。その時、被害を最小限にとどめ自分の城を守るため何ができるのか・・・。この体験談が少しでもお役に立てれば幸いです。

※本コンテンツ閲覧にはログインが必要です。
(ID・パスワードは前年度同窓会報2月号・本年度同窓会報2月号に掲載されております)

続きを読む