八紫会(昭和35年卒)

 平成24年度の八紫会旅行は10月6日(土)7日(日)に群馬県の草津温泉「望雲」にて開催されました。今年度は群馬県でとの依頼があり早速同郷の片野君と相談の上,前回は伊香保温泉で開催しているので,今回は全国で人気№1の草津温泉でと企画することにしました。

 10月6日14時高崎駅に集合,参加者は16名で,手配の大型観光バスで草津温泉へ出発。「ようこそ群馬へ」と,赤城,榛名,妙義の上毛三山が八紫会の皆様をお迎えしてくれる予定でしたが,生憎雲に隠れてその美しい姿の一部しか見せて呉れませんでした。しかし「花より団子」後部サロン席で用意してあった群馬の地酒で宴会が始り昔話に花が咲きました。途中「コンクリートから人へ」と建設が難航している問題の「八ッ場ダム」を車中より眺めながら無事目的地草津温泉へ。

 草津温泉は,全国一と言われる毎分4000Lの源泉量を誇り,「望雲」は1599年創業2つの源泉を引く大浴場がある老舗の旅館です。その大浴場で旅の疲れを洗い流し,7時より懇親会が開宴となりました。世話人の橋詰君より会の現況と世話人の紹介(櫻井善忠,長井正行,春原肇,渡辺典子君)があり,昨年の旅行以後逝去された渡邊作一朗,宝田勇両君の冥福を祈り黙祷し,遠来の岡山県林君の乾杯で,宴会が始りました。

 翌日は草津名物の湯畑を見学した後,浅間山麓を通過する鬼押ハイウェイに入り,途中天明3年の大噴火の時にできた鬼に似た奇岩の溶岩原の中にある鬼押出園にて休憩,その後旧軽井沢の万平ホテルで昼食…そばの名所長野で中華料理とは芸が無かったかな?…紹興酒で又酔い軽井沢に別れを告げ,上信高速道で紅葉の始まった妙義山を右手に眺めながら高崎駅に向かい来年を約して散会と成りました。

 来年は花岡君に頼んで三陸バス巡りを企画して貰っております。「大勢の皆様」に再会出来ることを楽しみにしております。

(冨沢憲男 記)


「追記」
来年の旅行は10月12日(土)13日(日)14日(祝)三陸バス巡りを企画しています。今から予定をして置いて下さい。
成る丈け早く旅程をお知らせします。