カテゴリー別アーカイブ: 同窓会本部

巻頭言/同窓会の重要課題とその対応にあたって

副会長 冨山雅史
総務厚生部常任理事
中島信也

(東京歯科大学同窓会会報 平成29年2月号/第407号より)

 平成28年1月より総務厚生部の主任を仰せつかりました,昭和59年卒の中島信也と申します。第1期大山執行部以来,6年のブランクを経て再度総務を担当させていただいております。第3期矢﨑執行部も,任期の半分が経過しましたが昨年度には熊本地震への対応,新設された都道府県代表者会の開催など,新たな事業執行を含め多くの事業にあたってまいりました。会員の皆様には,会務へのご理解と多大なるご支援をいただき事業執行にあたらせていただいておりますことに,この場をお借りして御礼申し上げます。
 さて,昨年の都道府県代表者会では新たな試みとして各都道府県間の連携,本部との双方向の情報交換を行うことも目的として開催され,多くの意見交換や協議がなされました。特に支部未加入者に対する対応につきましては,各都道府県においても共通の課題として挙げられており,各都道府県や地域において様々な工夫が行われていることが報告されました。その対応は,若手の会員の支部加入をいかにスムーズに進めていくかということに終始し,いずれの支部,地域連合会においても大学との連携が必須であることと結論付けられました。現在大学卒業時に同窓会入会手続きとして,連絡先と帰省先を提出いただき会員台帳に記入しておりますが,その後臨床研修を終了した時点で,もしくは大学の医局を離れた時点で移動先の該当支部に加入されないケースが多くあることから,支部未加入の状態になっていることが多く挙げられております。この所属先が変更になるときに本部が十分な把握ができるようなシステムの構築を図ることが喫緊の課題であると考えますが,卒業後は多くの会員が大学に所属する現状にあることから,大学でも移動に際してその把握を十分にしていただき,会員情報に関する本部との連携は勿論のこと,各支部との連携もとれるようにしていくことが重要であります。なるべく早い時期に支部・本部・大学間の情報交換がスムーズに行われるようなシステムの構築を図っていこうと考えております。
 さらに今年度の最重要課題には,昨年の評議員会で協議いただいた共済制度の抜本的な改定に関わる検討があげられております。この問題については,評議員会で纏められました共済制度の根本的な改定を軸に昨年12月14日付で総務厚生委員会にその検討を諮問したところでありますが,会員にとって重要な問題ですので,会員の意見を反映した検討を行うために,3月末ごろまでに各支部のご意見としていただく事にしております。会員の皆様におかれましては,各支部長に多くのご意見をお出しいただきますようお願いいたします。執行部と致しましては,それらのご意見も考慮し本年度の評議員会に上程すべく慎重に協議を進めていく所存です。
 この一年には,このように多くの重要課題についての対応が求められておりますので,会員の皆様の益々のご理解とご支援をお願いいたします。

巻頭言/同窓会におけるITの活用

副会長 冨山雅史
副会長
冨山雅史

(東京歯科大学同窓会会報 平成28年12月号/第406号より)

 本年1月に広報・情報関係担当の副会長を拝命いたしました。今後同窓会の発展のために一層努力する所存ですので,何卒よろしくお願いいたします。政府は,本年5月に改定した「世界最先端IT国家創造宣言」において,情報通信技術(IT)は力強い経済成長を実現するための鍵であると共に,我が国の社会を抜本的に変革し,安全・安心・快適な国民生活を実現するための重要なツールである。と述べています。
 具体的な施策としては,行政システムのクラウド化,マイナンバー制度の導入,産業ロボット開発,IOTを活用した物流の効率化,医療関連では,医療等ID制度や医療保険のオンライン資格確認の導入,健診・レセプトデータ等の活用による医療の質の向上及び医療費の適正化などがあります。
 同窓会においても,同窓会組織の強化・会員サービスの向上を目的としてITの活用を進めており,ホームページの充実,理事会等におけるぺーパーレス会議の推進,SNS及びメーリングリストを活用した連絡網の整備などを行っています。
 特にホームページにおいては,一方的な情報発信のみでなく,会員間および支部間の情報交換の場としての活用を目的として,様々な対応をしています。熊本地震時における情報交換の場としての活用,そして地震被災同窓会会員へのお見舞い支援金募集,クラス会・OB会だより。また,本年より新たにオンデマンドを活用したアカデミア(学術講演会)の動画配信も始めています。
 年4回発行の同窓会会報では対応しきれない最新の情報を会員間で共有できることが,ホームページの最大のメリットと考えています。また,水道橋校舎で開催されるアカデミアは,興味のある演題であっても,遠距離のため出席できない会員も多くいると考えられます。オンデマンドによる動画配信は,講演会場まで来なくても自宅で受講できる大きなメリットがあり,今後さらにコンテンツを増やしていく予定になっています。
 また,コミュニケーションツールとしてのIT技術の進歩は著しく,スマートフォン,SNS(ソーシャルネットワークサービス)等が若い世代を中心として幅広く使われています。SNSとしては,Facebook,Instagram,LINEなどが有名ですが,Facebookでは「東京歯科大学同窓会広報部(@TDCalumni)」としてページを持っており,様々な情報を発信しています。是非,ご活用いただきたいと思います。
 ITは同窓会を継承,発展させていくための重要なツールの一つと考えています。多くの会員の皆様がご利用いただくことを望んでおります。

青森県支部・社保勉強会&ビアパーティー

青森県支部常任理事「会員ネットワーク担当」
古川 由美子(昭和63年卒)

 平成28年9月3日(土),青森県支部では恒例となった「社保勉強会&ビアパーティー」を開催いたしました。
 社保勉強会には23名の参加がありました。おなじみとなったS60年卒の熊谷恒先生とS61年卒の久米田俊次先生が講師となり,今年度は点数改定がありましたのでその解説をして下さいました。質問も多く出ておりました。 続きを読む

「学校法人 東京歯科大学 水道橋校舎施設設備整備寄付金」のお申込みについて

東京歯科大学同窓会会長 矢﨑秀昭

東京歯科大学同窓会会長 矢﨑 秀昭

会長 矢﨑 秀昭

 平素は、本会事業発展のため格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 また、「学校法人 東京歯科大学水道橋校舎施設設備整備寄付金」にご協力いただき、心より御礼申し上げます。
 母校では、平成29年1月末までにご入金の確認ができた方々のお名前を刻んだ名盤を西棟に掲示する予定です。
 是非、平成29年1月31日までにご寄付のお振込みをお願いいたします。

寄付のお申込み、
お問合せ先
学校法人 東京歯科大学 法人事務局 経理部
 〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-9-18
TEL 03-5275-1575
FAX 03-3262-3216
e-mail keiri(アットマーク)tdc.ac.jp
※「アットマーク」を「@」に変えて下さい。

配付物

  • (郵便)払込取扱票
  • 寄付申込書送付用封筒
  • 理事長、学長、会長 連名
    さらなる母校の教育の充実のため、本館西棟建設へのご寄付をお願い申し上げます。
  • 東京歯科大学水道橋校舎 施設設備整備に係る募金計画
  • 寄付金に対する免税措置について
  • 寄付金申込者(複写)
  • 振込用紙(記入例)
  • 学校法人 東京歯科大学水道橋校舎施設整備寄付金 振込用紙

平成28年度 東京歯科大学同窓会都道府県代表者会・評議員会 開催(平成28年11月20日)《写真ギャラリー》

 11月20日(日)、水道橋校舎新館にて、平成28年度東京歯科大学同窓会都道府県代表者会・評議員会が開催されました。詳細は、会務トピックスおよび同窓会報平成29年2月号(第407号)にてお伝えいたしいます。 続きを読む

「第4回 新進会員のつどい」開催(2016年11月3日)《写真ギャラリー》

 11月3日に「第4回 新進会員のつどい」が、水道橋校舎本館13階 第1講義室にて開催されました。詳細は、情報ネット・会務トピックス12月号および、同窓会報平成29年2月号(第407号)に掲載予定です。 続きを読む

平成28年熊本地震 被災同窓会会員への「支援金」について

東京歯科大学同窓会会長
矢﨑 秀昭

 同窓会会報の6月号(および同窓会HP)にて,全国の東京歯科大学同窓会会員の皆様に,熊本地震により被災された同窓会会員への「お見舞い支援金」をお願いさせていただきました。これまでに多くの会員の方々から,「支援金」が届いております。誠にありがとうございます。
 同窓会事務局に設置させていただいております「支援金箱」の中を含め,「第1回支援金」として,7月29日(金)に熊本県支部に,送金させていただきました。被災された会員の方々への支援金の募集は,11月末まで受け付けております。引き続き,ご理解・ご協力をお願いいたします。


※2016年12月5日更新
熊本地震被災同窓会会員への「お見舞い支援金」募集は、11月末日をもって締め切らせていただきました。同窓の皆様の温かいご支援に心より感謝申し上げます。


関連記事

巻頭言/事業推進部事業の継続と発展を目指して

副会長 早速晴邦
副会長
早速晴邦

(東京歯科大学同窓会会報 平成28年10月号/第405号より)

 本年1月より,事業推進部担当副会長を仰せつかりました。これまで宮地先生が長きにわたりお務めいただいた部署であり,そのあとを引き継いでの重責であり,身の引き締まる思いであります。平成28年度・29年度の同窓会運営の重点項目の一つに「同窓会アカデミア構想による人材育成」があります。
 これまでの伝統あるTDC 研修セミナーを引き継ぎ,そのノウハウを十分発展した形での生涯研修プログラムということになります。
 これまでに携わってこられた先人の方々に敬意を表したいと思います。
 このため,事業推進部の事業の一つとしては,血脇イズムの精神に基づき,また,アカデミア構想に則り,社会的視野の広がりと明日からの診療をより高度なものとする,知識と技術の習得を目指すセミナーが開催されています。
 その根底にあるのは,若手同窓の参加と連携を目的にしているということは言うまでもありません。
 通常行われているセミナーと比較して,内容が格段と充実しており,且つ費用が安価であります。
 是非多くの同窓の皆様の参加をお願いいたします。
 また,新しい試みとして,オンデマンド発信があり,現在のところどうしてもセミナーの会場が,東京ということになってしまいますので,会場が遠くて参加できない同窓のために,オンデマンドにより,学術等の情報を発信できるよう検討しておりますが,問題点もまだあり,充分な機能を発揮できていないのも事実であります。
 これらの事業を推進するにあたっては,担当常任理事並びに学術委員会委員の先生方の献身的なご努力で成り立っていることを忘れてはなりません。
 事業推進部のもう一つの柱として,社会保障制度研究委員会があります。
 研究するテーマが大きく,苦戦をしているところではありますが,我々が直結する医療保険制度も含めて,社会保障の将来を考える部門でありますので,大学に籍をおかれている先生にも貴重なご意見・ご助言をいただきながら,じっくりと進めてまいりたいと考えております。
 事業推進部としては,これまでの執行部で行われてきた事業を継続し,さらなる発展・向上を目指してまいりたいと考えております。会員の皆様の貴重なご意見・ご要望をお待ちしております。
 11月20日(日)には,評議員会並びに本年より新しい試みとしての都道府県代表者会の同日開催が予定されています。
 都道府県代表者会は昨年の評議員会にてお認めいただき,新たな事業として行うわけであり,未知数のところではありますが,評議員会ではお伝えできない各都道府県の支部長に対し,開催することとしております。
 各支部においてのご意見・ご要望を執行部として,真摯に受け止めこれからの会務に反映してまいりたいと考えておりますので,忌憚のないご意見をいただけるよう支部長の先生には,お願いいたします。
 最後に,本年8月・9月にはブラジルのリオデジャネイロにおいて,オリンピック・パラリンピックが開催され,当初心配していた施設の問題およびテロの心配もありましたが,無事終了しホッとしております。日本のアスリートの皆様の大活躍により,国民は若人から夢と感動と勇気をもらいました。次は,2020年の東京オリンピック・パラリンピックとなるわけで,国民一人一人が一丸となって参加し,準備していかなくてはと考えます。
 我々歯科界および同窓会においても何かお手伝いができないものか,待っているのではなく,積極的に参加してゆくことが,必要ではないかと考えている今日この頃です。