情報ネット 会務トピックス/島村議員より情報提供(骨太の方針)

骨太の方針2020/歯科関連

骨太の方針2020/歯科関連

各位
新型コロナウイルス感染症も収束には程遠い状況ですが、お元気でお過ごしでしょうか?
令和3年度予算に向けた「経済財政運営と改革の基本方針」が閣議決定され、島村 大 議員より、歯科に関する情報をいただきましたのでお知らせいたします。


【経済財政運営と改革の基本方針2020(骨太の方針)】

今回の骨太はコロナ対応がメインです。新型コロナウイルス感染拡大対応と社会経済活動を両立する「新たな日常」に向け、医療体制の整備、デジタル化の推進などが掲げられています。

(資料出典:
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/0708/shiryo_02.pdf#search=%27経済財政運営と改革の基本方針2020%27

私はwithコロナ下における「国民を守るために歯科ができること、やるべきことを」を念頭に発言しました。

歯科に関する主な部分は以下です。

「細菌性やウイルス性の疾患の予防という観点を含め口腔の健康と全身の健康の関連性をさらに検証し、エヒテンスの国民への適切な情報提供、生涯を通じた歯科健診、フレイル対策,重症化予防にもつながる歯科医師、歯科衛生士による歯科口腔保健の充実、歯科医療専門職間、医科歯科、介護、障害福祉関係機関との連携を推進し、歯科保険医療提供体制の構築と強化に取り組む。」

  1. 唾液を用いたPCR検査・抗原検査の推進等に取り組む。
    • 【島村の思い】
      PCR検査の精度がより上がるよう、唾液の採取方法の研究促進を!
  2. 外出自粛下において再認識された日々の健康管理の重要性を踏まえ、エビデンスに基づく予防・健康づくり、重症化予防の取組 もより一層推進する。
    • 【島村の思い】
      発症予防がとても重要であり、洗口液を使ったうがい、歯ブラシなどすぐできる口腔ケアを奨励したい。
      その効果に関する調査研究を進めるべし!
  3. 感染症の予防という観点も含め、口腔の健康が全身の健康にもつながるエビデンスの国民への適切な情報提供、生涯を通じた歯科健診、フレイル対策・重症化予防にもつながる歯科口腔保健の充実、歯科医療専門職間、医科歯科、介護等関係者との連携を推進し、歯科保健医療提供体制の構築と強化に取り組む。
    • 【島村の思い】
      「引き続き実施」項目は記載しないという基本ルールがある中、歯科の継続項目は大きく扱われています。
      しっかりと期待に応えなければと身の引き締まる思いです。
  4. (資料出典:
    https://drive.google.com/file/d/1cf4L9tVFZlNNmXvwUnLxICmRBT3RCUqN/view


    歯科関連項目も多く見られ、新型コロナウイルス感染症拡大予防に、私たち歯科医療関係者も協力をして収束を目指したいところです。
    例年になく雨の多い7月で、豪雨の被害が出ているところもあろうかと思いますが、体調を崩されませんよう・・・
    同窓会もワンチームで頑張りましょう!