歯科医院からギャラリーへ/三根 豊(昭和54年卒)

 昭和54年卒(弥生会)千葉県支部の鳩貝尚志です。今年は異常気象が続き夏の暑さが非常に厳しかったのですが皆様いかがお過ごしですか。
今回,同期で近隣の三根 豊君がこの3月に歯科医院を閉院し,医院の建物を改装してギャラリーをオープンさせたということなので,ご紹介したいと思います。
彼によると,「歯科医師は眼が命」ということで,歯冠形成,根管治療といった分野で視力の衰えによる臨床の限界を感じ,60歳を区切りに歯科を引退することを考えていたようです。この3月,開業以来35年間ともに苦労を重ねてきた歯科技工士,歯科衛生士も65歳を迎え,閉院の決意をしたとのことです。
閉院後は近隣の高齢者の集まる「老人憩いの家」でも作ろうか,などと考えていたようです。以前から院内にお気に入りの作家さんの作品を常時展示していたのが縁でギャラリー開設の運びとなったそうです。
ギャラリーの名前は「ハルジ」,彼のお父様の名前で,荒野を切り開いてきた父親の半生を見てきた彼が,尊敬の意味を込めて付けたそうです。
これからの展開ですが,ギャラリーハルジオープン企画としてムラカズユキ氏の油彩,透明水彩,そして版画と多岐にわたる作品の展示となりました。
8月は「朝顔と90年代の版画」,
9月は「裸婦と水彩」,
10月は「油彩と未発表作品」と企画展を開催します。
ムラ氏は「院長は長い間患者の口の中を治してきたが,今度は人の心を癒す仕事を選ばれました。でもそれ以前に自分が絵に癒され,絵を楽しむ,その心のゆとりがなければ,おそらく彼の人生最後になるであろうギャラリーの仕事を継続することはできない。」とおっしゃっていたようです。ギャラリーの展開という新しい分野への挑戦にはまだ自信がないが,周りの多くの友人知人が支えてくれるので頑張っていこう,と決意を語っていました。
都心から50キロほど離れ,不便な場所ですが房総方面へ観光などでお出かけの際は,立ち寄ってみたらいかがでしょうか。

(昭和54年卒・鳩貝 尚志 記)


ギャラリー ハルジ

〒284-0001 四街道市大日868-3
TEL 050-1026-2160
http://www.g-haruji.com