ふるさと自慢:見どころいっぱい深川/深川(同窓会報407号より)

 深川は東京都江東区の西側で,言わずと知れた人情厚い下町の風情がただよう地域です。
 江戸三大祭りの一つとして有名な深川祭りは,富岡八幡宮の祭礼で3年ごとの8月15日前後に本祭りが行われます。暑さよけに水をかけることから,「水かけ祭り」とも呼ばれます。手でちょっと水を振りかけるだけかと思いきや,大きなバケツやひしゃくで思いっきりよく水をかける様は壮観です。鳥居をくぐると左側にそれは大きなお神輿が飾られていて,祭事以外にもその姿をみることができます。
 また現代美術館を含む広大な敷地の木場公園はテニスコートやバーベキュー広場もあり,秋の区民祭りもここが会場となります。もちろん江東区歯科医師会もブースをだして参加します。園内には桜の木が多く点在しており都内有数の桜の名所となっております。また周囲の川沿いにも桜が多く,春には目を楽しませてくれます。

 この他にも,庭園としての評価が高く桜と紅葉の美しい清澄庭園や,キッザニア東京で有名なララポートがあり,高層マンションの立ち並ぶ豊洲やガンダムやフジテレビや観覧車のあるお台場など見どころ満載の地域です。
 焙煎カフェゾーンとしておしゃれな店が増えた清澄白河も今,熱い地域です。長蛇の列ができたことで有名になったブルーボトルコーヒー,ALL PRESS,また熱々のブリオッシュに冷たいアイスを挟んで人気のお店ブリジェラ等々,あげればきりがありません。
 昔から有名な馬肉のみの家,煮込みの山利喜,日本で初めてカレーパンをだしたパン屋のカトレアなど,新旧のグルメも満載です。
 この地に住んでいた平賀源内,松尾芭蕉,伊能忠敬もきっとびっくりしていることでしょう。この楽しい深川をどうぞ一度お訪ねください。

(昭和60年卒 藤関 雅子 記・昭和57年卒 中澤  章 写真)