第3回若手支援セミナー 開催(2016年10月2日)《写真ギャラリー》

 10月2日(日)東京歯科大学水道橋校舎新館8階にて、日本大学歯学部同窓会と東京歯科大学同窓会の共催の下、104名余りの出席者を得て、第3回若手支援セミナーが開催されました。参加者は下記2題の講演を熱心に拝聴しておりました。卒業6~10年位の若手の先生方にとっては、これから臨床の現場で出会うであろう様々な症例に対する取り組み方、対処方法などを丁寧に教えていただけてとても勉強になったことと思います。
(1)「経過観察から見えること」熊谷 真一先生(日大歯卒)
(2)「歯を活かしきる歯科臨床」押見 一先生(東歯大卒)
詳細は、同窓会報12月号にてお伝えいたしいます。