十期会(昭和37年卒)/総会開催

 平成26年度の十期会総会は,総計34名の参加を得て,去る10月25日(土)帝国ホテル東京で開催された。昨年や一昨年の総会での会員の意向により,今年度からは,利便性を考え,東京で総会を行い,当日や翌日のイベントは行わず,各自で自由にお取り頂けるようにとの趣旨で企画を致しました。
午後5時半頃から集まり始まった懐かしい顔々。総会の前に記念写真に納まり,6時より総会を2階「鶴の間」で開催した。山内英徳会長の挨拶に続き,議長に金山公彦君を選出,庶務・会計報告を中村靖夫君が行い,人生を全うし,ひと足先に旅立たれた,この1年間の逝去者(皆葉寿樹君,勝田英和君,中井一仁君,梅津文男君,平井茂重君)5兄の御霊のご冥福を祈り黙祷を奉げた。名議長役の金山君の慎重な上にも迅速な議事進行で協議事項に入り,「今後も東京の幹事会に一任する」とのことが決まり,幹事会より会員に忌憚のない意見を求めると,
(1)総会の開催曜日を変えてみては…?
(2)最寄駅からの移動距離を考えて欲しい。
(3)落ち着いた雰囲気のホテルはいかが?
等々の率直なご意見を頂き,喉の渇きを気にしつつ,佐々木さんの閉会に続き,中村君の司会で懇親会に入る。高江洲君の乾杯の音頭で始まった懇親会では,美味しい御馳走に舌鼓を打ち,円卓を囲み,和気あいあい旧交を温め,各々の近況や懐かしい話に華を咲かせた。楽しいひと時は短いもの。最後に恒例の石井君のフルート・佐々木さんのバイオリンの音色にのせて,野間・高江洲両名誉教授の音頭で,校歌斉唱を行い,堀江さんの閉会に別れを惜しみつつ,来年の再会を誓い合い,各自想い出を胸に,全員帰宅の途に着いた。
「次回もまた,東京で行う」ということですので,今回やむなく参加できなかった会員も次回(平成27年)の総会には,是非ご参加をお待ちしております。
参加者(敬称略);
安部井寿人・陽子,金山公彦・良子,小室 甲・明子,高江洲義矩・英子,瀧 義孝・瑞枝,野間弘康・歌子(以上同伴組12名)
石井秀人,岩渕徹,佐々木協子,笹本允明,下井直彦,清野比奈子,関口威身,高梨玲子,永井栄子,中村靖夫,初鹿繁和,花上弘昭,堀江典子,松坂 泰,松山美念子,茂木洋子,矢内 融,山内英徳,山崎頼任,山本貞之,横田秋三朗,飯塚正人(以上単身組22名)

(飯塚 正人 記)