タグ別アーカイブ: 昭和56年卒

「スキーも歯科医業も生涯現役でありたい」/藤関 雅嗣(昭和56年卒)


藤関雅嗣先生のご紹介

 藤関雅嗣先生が歯科補綴学第III講座(主任教授 関根 弘)に残られてからのおつき合いですから,かれこれ30年以上のおつき合いになります。在籍してからすぐにコーヌスクローネに取り組んで,自分で技工をすべて行うという努力家です。浅草で開業後,スタディー・グループ「救歯会」に入会してからは,更に実力を向上させて,欠損補綴の分野ではパーシャルデンチャーからブリッジ,更にインプラントまで幅広く研鑽を積んでこられ,今や第一人者になりました。 続きを読む

水公会(昭和56年卒・86期)/水公会30周年記念同窓会開催報告

 去る,平成23年10月2日(日)東京都港区六本木にある六本木ヒルズ森タワー51F の六本木ヒルズクラブに於いて,水公会30周年記念同窓会が名誉会員であります水道橋病院臨床教授の藥師寺仁先生と千葉病院臨床教授の角田正健先生の御出席を得て開かれました。

 また,今回は同級生である一戸達也先生の水道橋病院長・法人主事就任のお祝いを兼ねさせて頂きましたので44名もの先生方の御出席を得ることができ,会長小林顕君の開会の挨拶に続き来賓の藥師寺先生の御挨拶,角田先生の乾杯の御発声の後に祝宴となりました。

続きを読む