カテゴリー別アーカイブ: 会務トピックス

情報ネット 会務トピックス/平成27年12月25日版

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kaimu_topics/

会務トピックス最終版? 4年間ありがとうございました

 平成24年2月より、髙橋義一専務の火付けで、情報ネットを通しほぼ毎月、担当者(総務:臼井)が重積を背負い皆様に届けることができました。いかがでしたでしょうか。この1月から新執行部になりますので、来年からの新しい担当者に新しい「会務トピックス」として会員の皆様に情報提供できますように、申し送りさせていただきます。4 年間、要望・苦言を含め、ご指導ありがとうございました


創立120周年記念 式典・講演会・祝賀会(11月29日)

 当日は、心配された天候も良く、総勢793名のご参加をいただき、厳かな「式典」、皆聞き入る「講演会」、大いに楽しんだ「祝賀会」となりました。
 残念ながら参加できなかった方も、勿論参加された方も「同窓会HP」で、その様子をお伝えさせていただいておりますので、楽しんでください。
 後程、「オンデマンド」でもご覧いただけるよう準備中です。
http://tdc-alumni.jp/2015/12/17/news/20151129_tdc_alumni_120th_anniversary/


平成27年度評議員会開催(11月28日)

 平成27年度の「評議員会」は、「如水会館」にて、「同窓会創立120周年記念式典・講演会・祝賀会」の前日に開催されました。詳細は、会報の2月号をご覧ください。次期(平成28年1月1日~平成29年12月31日)の役員改選(会長・監事3名)があり、下記の通り、決定いたしました。

  • 会長:
    • 矢﨑秀昭先生(S42年卒・新宿支部)
  • 監事:
    • 春山良夫先生(S46年卒・埼玉県支部)
    • 藤原元幸先生(S50年卒・秋田県支部)
    • 矢島安朝先生(S55年卒・大学支部)

各地での地域支部連合会

http://tdc-alumni.jp/organization/branch/

東京地域支部連合会総会(12月5日)

 母校水道橋校舎本館14Fにおいて山口和彦(S60年卒)専務理事の司会で開催され、浮地文夫連合会会長の挨拶、ご来賓の挨拶後、議長:小林俊春先生(S44年卒・城東支部)、副議長:髙橋敬人先生(S62年卒・北支部)で、提出された議案は全て可決確定されました。役員改選があり、次期(平成28年1月1日~平成29年12月31日)の会長が早速晴邦先生(S49年卒・丸の内支部)に決定いたしました。

(矢﨑秀昭会長・早速晴邦理事出席)


若手支援セミナー(二校会)学術連絡会(12月17日)

 日本大学歯学部3号館第3会議室において「東京歯科大学同窓会」と「日本大学歯学部同窓会」の関係役員・委員で開催され、第2回若手支援セミナー(9月27日開催・119名参加)の報告(反省・会計含む)がなされ、第3回の開催について協議されました。来年以降も開催し、「二校会」から三校・四校と輪を広げて行こうと両会の会長から挨拶がありました。


第3回新進会員のつどい(平成28年1月31日)

http://tdc-alumni.jp/2015/11/23/academia/wakate_seminar/20160131_shinshin_meeting_03/

 来年のことを話すと鬼が笑うと言いますが。年明け、1月31日(日)13時から、「新進会員のつどい」が開催されます。会費は無料です。卒業5年目までの新進会員は、集合です!!新進会員以外の方も、ご興味あればどうぞお越しください。懇親会も無料。さらに豪華賞品を用意して福引きも行われます。
 講演には、摂食嚥下リハビリテーション研究室の大久保先生、厚生労働省の大平先生、株式会社Denriche代表の角先生が登壇します。個性あふれる3名の講演が楽しみです。


同窓会創立120周年記念 〜 オンデンマンド配信準備中!

 11月29日に開催されました120周年記念式典・講演・祝賀会の模様をダイジェスト版にて現在編集制作中です。ご出席が叶わなかった方は勿論、出席された方も、映像として楽しんでいただけると思います。年明けのオンデマンド配信にご期待下さい。
http://tdc-alumni.jp/tdc_academia/on_demand/


2016年アカデミアセミナーのご案内

 アカデミアセミナーのプログラムが完成し、同窓会報12月号に同封いたしました。若い先生方を対象とした卒後研修、医療人としての社会性や倫理観を高める医療教養、日常臨床のレベル向上に役立つ臨床セミナー、次年度も提供いたします。セミナー内容をご確認いただき、先生方のご参加を是非お待ち申し上げております。
http://tdc-alumni.jp/tdc_academia_2016_seminar/


■現執行部(常任)から一言■

(矢﨑秀昭)全国各支部の皆様のご協力で、盛会で素晴らしい120 周年記念会が開催でき、血脇先生の、研鑚と助け合い、人間性の向上、人材育成の精神が次世代に。

(宮地建夫)TDC アカデアがスタートしました。全国同窓になにを提供するかというのではなく、同窓全員が後輩たちの人材育成に参加していただくための事業だと思っています。

(浮地文夫)IT機器の活用で、評議員や支部長だけでなく、同窓会員一人ひとりと連携出来る同窓会の確立をお願いします。オンデマンドでの各種の配信に期待します。

(玉井達人)同窓会とは会員相互の親睦、母校・後輩への援助を目的とした組織、卒業生全員が会員です、各位のお立場で東歯らしさの継承・発展にご尽力お願い申し上げます。

(財部正治)盛会のうちに終了した120周年を機に、同窓会の伝統をいかに次世代に継承するか、思いを巡らしていただければありがたいことです。

(髙橋義一)アカデミア構想のもと、社会の中での新しい役割をもつ同窓会として燦然と輝き、太い根をもって大学との連帯を深めてゆくことを強く願うところです。

(河田英司)若手会員の同窓会離れ。この解決には学生時代からの同窓会の理解が一番と考えます。今以上に大学との連携を強め、運営できることを期待します。

(蛯谷剛文)TDCアカデミア事業の一環として社会保障制度研究委員会を発足させました。委員・協力委員には若い人を起用しさらに若い人に広い視野を持って貰えるように。

(髙野博子)若手会員との連携強化に取り組んでいます!学生は準会員、卒後5年目までは新進会員です。帰省先は、若手会員の拠り所です♡ 暖かくお迎え下さい。

(臼井文規)「本会は歯科医学上の知識を交換し、相互の友誼親睦を篤くして歯科の品位を高むるにあり」・・・・・学術と人材育成(若手支援)の充実を。

(小池 修)広報部の次期の活動としては、事業推進部と協力して講演会等のオンデマンド配信を推進する予定です。さらに発展する同窓会活動をお伝えします。

(佐々木眞澄)昨年、「東歯同窓国会議員後援会」が発足致しました。今後とも新進気鋭の両国会議員への、全国の同窓の更なるご支援・ご協力を宜しくお願い申し上げます。

(木暮隆司)卒後研修、医療教養、臨床セミナー事業を通じ、生涯研修の一助となるべく学術情報を発信いたします。臨床においても同窓会が身近な存在であるために。

(福本恵吾)120 周年記念ゴルフ大会には、全国から多くの同窓にお集まり頂きありがとうございました。来年は9/22(木)秋分の日、武蔵丘G.C.でお会いしましょう。

(髙橋潤一)今年の夏に、急遽、常任理事を拝命し、あっという間の半年でした。120周年記念事業に走り回りました!助けていただいた皆様に感謝いたします。

(小林慶太・前任)同窓会は120周年を迎え、アカデミア構想・オンデマンド配信など新しい事業がスタートしました。会員が帰属意識と誇りを持てる同窓会!新たなステージへと発展してゆきます。ご期待下さい。

(寺田仁志・前任)すべての会員が、東京歯科大学という同じ大学を卒業した同窓生として、等しく同窓会に関わることで同窓会がさらに発展していくと信じています。


(情報ネット推進会議発)


「東京歯科大学同窓会創立120周年 記念式典・記念講演・祝賀会」開催(2015年11月29日)《写真ギャラリー》

 2015年11月29日(日)に同窓会創立120周年記念事業が行われました。
 当日は穏やか好天気に恵まれ多くの方々のご参加をいただきました。
 当初心配をしていた受付の混乱もなくとても順調に進み血脇記念ホールも満席となりまさに会員の熱意が満ち溢れていました。
 厳粛な雰囲気の中式典が始まりその時の様子や出席者方々の写真も多く掲載されています。
 ご出席された方は自分探しも良いでしょうし同級生や懐かしの先輩の写真を見つけていただければ幸いです。
 またご出席できなかった方々もぜひ式典の様子をご覧になってください。


東京歯科大学同窓会創立120周年 記念式典

記念講演会 >>


記念講演会 >>

情報ネット 会務トピックス/平成27年11月24日版

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kaimu_topics/

創立120周年記念 式典・講演会・祝賀会 参加申込締め切り

 10月16日をもって締め切りさせていただき、800 名を大きく超える参加申込がありました。各支部・クラス会に感謝申し上げます。大変残念ですが、新たな申込は受付られない状態です。プログラム等も「校了」し、印刷に入りました。参加させる方は、楽しみにしてください。
http://tdc-alumni.jp/tdca_120th_anniversary/
http://tdc-alumni.jp/2015/11/20/news/20151119_120th_ceremony_preparration/


平成27年度評議員会開催(11月28日)

 平成27年度の「評議員会」は、「如水会館」にて、「同窓会創立120周年記念式典・講演会・祝賀会」の前日に開催されます。詳細は、会報の10月号をご覧ください。今回は、次期(平成28年1月1日~平成29年12月31日)の役員改選(会長・監事3名)があり、11月18日(水)の正午に届出を締め切り、下記の届出がありました。

  • 会長推薦候補者
    • 矢﨑秀昭先生(S42年卒・新宿支部)
  • 監事(届出順)
    • 矢島安朝先生(S55年卒・大学支部)
    • 春山良夫先生(S46年卒・埼玉県支部)
    • 藤原元幸先生(S50年卒・秋田県支部)

北海道地域支部連合会創立100周年記念(10月10日)

 同窓会創立120周年記念の会を前に、「北海道地域支部連合会創立100周年記念」の会が、札幌プリンスホテル 国際パミールで開催されました。

1.講演

 午後3時より、連合会の三浦 勉理事(S55年卒)の司会、鮫島道幸理事(S50年卒)の座長で、日歯前会長の大久保満男先生により、「高齢社会における歯科医療のあり方―歯科医療の責務とは-」と題しておこなわれた。時系列に資料等を示され、非常に解りやすい講演でした。

2.式典

 午後5時より、連合会の戸田徳和専務理事(S50年卒)の司会で、開会:千葉 亘副会長(S50年卒)、校歌斉唱、式辞:佐藤英俊会長(S49年卒)があり、祝辞が北海道歯科医師会・藤田一雄会長(日歯大・S49 年卒)、同窓会・矢﨑秀昭会長、学校法人東京歯科大学・水野嘉夫理事長、東京歯科大学・矢島安朝水道橋病院長よりなされました。実行委員長挨拶が、船本能教委員長(S57 年卒)よりあり、プロジェクターで、「同窓会の成り立ち」が写真等で示され、歴史が大変詳しく・わかり易く示された。祝電披露・感謝状(顧問)贈呈の後、森田康夫副会長(S49 年卒)の閉会の辞で終了しました。

3.祝賀会

 写真撮影後、午後7時より、千葉真弓実行委員(H4年卒)の司会で、北海道内の他校の同窓会・校友会の代表(18 名)も参加し、開催されました。アトラクションでは、地元のバンドの演奏があり、「地域支部連合会の歩み」が、プロジェクターを利用し、動画で上映され、感動的な内容でした。

(矢﨑秀昭会長・臼井文規常任理事出席)


各地での地域支部連合会

http://tdc-alumni.jp/organization/branch/

北海道地域支部連合会総会・支部長会(10月11日)

 午前9時より、支部長会が開催され、佐藤英俊会長を議長に、札幌:中野一博支部長(S49年卒)、函館:額賀康之支部長(S47年卒)、小樽:坂田道昭支部長(S51年卒)、旭川:市川徹支部長(S47年卒)、室蘭:合田 功支部長(S44年卒)、苫小牧:伊尾明子支部長(S56年卒)、十勝:吉川克己支部長(S52年卒)、空知:原岡研二支部長(S48年卒)より、各支部の現況の報告等がなされ、臼井常任理事より、評議員会に向けて「評議員会と都道府県代表者会についての提案」等の説明をさせていただきました。他に、連合会役員等も出席しておりました。
 総会は、午前10時より開催され、来賓として、矢﨑秀昭同窓会会長の挨拶後、議事に移り、全ての議案が可決確定されました。総会の最後にプロジェクターを用い、矢島安朝水道橋病院長より、「大学現況報告」、臼井文規常任理事より、「同窓会会務報告」をさせていただきました。
 「連合会フォーラム」が午前11時20分より、「連合会の明日を考える」と題し、司会:記念事業実行委員会委員長の船本能教先生で、開催され、フォーラム趣旨説明:村上奈津子実行委員(S57年卒)の後、臼井文規常任理事より、「各地域支部連合会の状況」を、資料を基に話させていただきました。北海道地域支部連合会の役割:連合会専務・戸田徳和先生、機構検討委員会の報告:(1)総会:戸田徳和先生、(2)卒後研修会:船本能教先生、(3)会員厚生・財政状況:原覚会計理事(S55年卒)、アンケート調査の報告:実行委員会坂本純一委員(H8年卒)と続きました。アンケート調査では、本部からの「会務トピックス」を必ず見るが45%、時々見るが42%、見ていない(存在を知らない)が13%となっておりました。予定を大きく過ぎ、午後1時近くに閉会となりました。

(矢﨑秀昭会長・臼井文規常任理事・佐藤英俊理事出席)

信越地域支部連合会総会・支部長会(10月18日)

 午前10時から長野県上田市の戸倉上山田温泉「ホテル清風園」にて開催された。
 信越地域支部の会員41名が参加し、まず阿部高夫信越地域支部連合会会長のご挨拶、続いて浮地文夫副会長の来賓挨拶があった。その中で、信越地域支部の評議員数は4 名から3 名に減少することと、評議員会と都道府県代表者会のそれぞれの役割について説明し、会員のご理解をいただいた。また、西棟建設への協力も改めてお願いした。その後、小池常任理事が、オンデマンドの準備が進み、HPからの登録が始まったことを説明した。次に議長、副議長が選出されて、8 名の物故会員への黙とう、庶務報告、会計報告が行われ承認された。
 議事に移り、次期開催は新潟県に決定した。最後に阿部晴弘新潟県支部長による閉会の辞により会が閉じられた。
 その後、120周年祝賀会で配られる予定の「血脇守之助先生の物語」の暫定版が披露された。
 午前11時より同窓で日本大学歯学部口腔外科学講座教授の外木守雄先生(S58 年卒)が「ストップ・ザ・イビキ!?―そのイビキ、歯科で治るかもしれませんー」と題した学術講演会が開催された。閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装置の適応と有用性、作成時のコツなどを講義された。

(浮地文夫副会長・小池修常任理事・阿部高夫理事出席)

九州地域支部連合会総会・支部長会(11月14日)

 沖縄県那覇市のホテルロイヤルオリオンにおきまして午後4時30分から支部長会、6時より総会、懇親会が行われました。支部長会では会務報告の後、評議員会と都道府県代表者会の役割についての質問がありましたが、会長から詳細な説明がなされました。また、支部長会、総会で必要な資料をデジタル化して、各県で使える様に準備の効率化を図るようにしていくとのことでした。その後の総会では会務報告として、特に支部未加入問題とオンデマンド配信について説明させて頂きました。懇親会は沖縄の暖かさを感じる、大変和やかな中行われました。なお、来年の総会は、福岡で行われる日本歯科医学総会に合わせて、10月22日の行う予定とのことです。

(矢﨑秀昭会長・福本恵吾常任理事・田部和彦理事出席)

東北地域支部連合会支部長会(11月15日)

 仙台市の宮城県歯科医師会館に東北6県の本田富彦青森県支部長、鈴木雅夫岩手県支部長、黒澤祐一宮城県支部長、寺岡洋一秋田県副支部長、斎藤利明山形県支部長、宍戸計一福島県支部長と各支部役員の先生方そして本部より髙橋義一専務理事、椎木一雄理事の16名が出席し開催されました。協議では平成27年度評議員会の議題に関連したことついて、そして次期同窓会地域理事について話し合われました。和やかな議論の中、東北地域の強い団結を感じる会議でした。

(髙橋義一専務理事出席)

東京地域支部連合会支部長会(11月19日)

 午後7時より、母校水道橋校舎南棟6F会議室において、山口和彦連合会専務理事(S60年卒)の司会で支部長・連合会役員の出席(約70名)で開催され、来賓として、矢﨑秀昭会長・髙橋哲夫東京都歯科医師会会長・矢島安朝水道橋病院長(学長代理)から挨拶があり、浮地文夫連合会会長を座長に、早速晴邦理事より同窓会本部報告があり、資料に基づき「評議員会」での「議案」「協議題」について説明がありました。また、支部長として出席していた髙橋義一専務理事・小池修常任理事から、追加報告がなされました。

(矢﨑秀昭会長・早速晴邦理事出席)


第300回東京歯科大学記念学会(10月17日・18日)

 300回を記念した東京歯科大学記念学会・総会が、母校水道橋校舎新館で行われた。同窓会創立120周年とも時期的に重なることから、同窓会も共催の形となった。56題の一般講演に加えて、青柳裕教授(市病・放射線科)、白石建教授(市病・整形外科)、河田英司教授(理工)の特別講演があった。河田教授は同窓会常任理事も務められており、今回は歯科医学の教育システムを中心に講演が展開された。
 記念講演には国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構シニアフェロー、宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系教授川口淳一郎先生をお招きし、「やれる理由こそが着想を生む」と題した講演をいただいた。小惑星探査機「はやぶさ」が話題となるなか、記念講演会にふさわしいタイムリーな講演会であった。
 さらにシンポジウムとして、厚生労働省保険局長:唐澤剛氏、鳥取県:足立融先生、母校市川総合病院院長:西田次郎教授、母校口腔病態外科学講座:片倉朗教授が演壇に立たれた。10年後の社会情勢を見据えて、医療、介護、予防、生活支援等を占う、興味深い内容であった。


リベラルアーツセミナー特別企画「嵐山光三郎講演会」(10月25日)

 同窓会創立120周年記念として、作家の嵐山光三郎氏による講演会が開催されました。近代日本の文学者たち(漱石、鴎外、子規、鏡花、荷風・・・)の暴食ぶりから、文学者を別な切り口から捉え、独特な口調での講談は会場を沸かせておりました。同窓会としては、このような教養的なセミナーも企画していきたと思っております。


アカデミア2015臨床セミナー/矯正セミナーが開催される!(11月8日)

 講師に渡辺和也先生をお迎えし、「アライナーによる矯正治療の基礎と応用」矯正セミナーが開催されました。実習もあるため、当初は定員30名と限られていたセミナーでしたが、申し込みが多数のため受講人数を40名に拡大し行われました。ブラケットを使用しないアライナー(マウスピース矯正)のメカニズムと適応症非適応症の解説とその有用性について、分かりやすく伝えていただきました。受講生からも高評価が得られたセミナーでした。


オンデマンド配信 その後〜

 矢﨑会長による120周年記念式典PRビデオはすでにご覧になったでしょうか。まだの方は、同窓会HPの「オンデンマンド動画配信」をクリックして、Doctorbook academy(https://academy.doctorbook.jp/)にご登録の上、是非ご覧になって下さい。コンテンツを増やすため、現在撮影・制作中です。動画による情報発信、今後の展開に乞うご期待下さい。


新進会員のつどい予告(平成28年1月31日)

 第3回になりました「新進会員のつどい」が開催されます。2016年1月31日(日)13時から、「水道橋校舎本館13階」にて。今回の講演は、新進会員のつどい実行委員会からのリクエストで決まりました。摂食嚥下リハビリテーション研究室の大久保真衣先生(H11年卒)、厚生労働省の大平貴士先生(H22年卒)、株式会社Denriche代表角祥太郎先生(H16年卒)の3名です。内容は添付のポスターを見てください。シゲキ的なお話が聞くことができると思います。往復ハガキの申込書が届いたら、すぐに返信をお願いいたします。もちろん、参加費は無料!講演後、懇親会(豪華景品福引あり)も予定されています。こちらも無料!ですから、同級生でお誘い合わせの上、ふるって参加してください。
http://tdc-alumni.jp/2015/11/23/academia/wakate_seminar/20160131_shinshin_meeting_03/


(情報ネット推進会議発)


情報ネット 会務トピックス/平成27年10月8日版

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kaimu_topics/

創立120周年記念 式典・講演会・祝賀会 参加申込状況

北海道:11 東北:29 関東:95 東京:300
信越:17 東海:39 北陸:6 近畿:17
中国:8 四国:7 九州:14 その他:9

 10月7日現在、すでに552名のお申し込みをいただいています。ありがとうございます。先の会務トピックス9月版で,〜〜〜「参加申込」の締め切りは、準備等の都合で、10月30日(木)とさせていただきますので、申込が済んでいない会員はお早めにお申込ください。』〜〜〜と,ご案内いたしました。会場の広さには限りがございます。定員(800名)に達した場合はその時点で締め切る場合もございますので、お申し込みは、お早めにお願いいたします。(来賓・招待者を含め、現在704名
http://tdc-alumni.jp/tdca_120th_anniversary/

続きを読む

情報ネット 会務トピックス/平成27年9月4日版

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kaimu_topics/

創立120周年記念 式典・講演会・祝賀会 参加申込状況

 9月4日時点の会員からの参加申込者は、370名となっており、各地域別では、

北海道:8名 東北:23名 関東:52名 東京:209名
信越:15名 東海:28名 北陸: 2名 近畿: 10名
中国: 5名 四国: 6名 九州:12名

です。「参加申込」の締め切りは、準備等の都合で、10月30日(木)とさせていただく予定です。ただし、定員会員およそ650名)に達しましたら、それ以前に締め切らせていただきますので、申込が済んでいない会員はお早めにお申込ください。
(支部単位等の「一括申込」は、できましたら、9月中にお願いいたします)
http://tdc-alumni.jp/tdca_120th_anniversary/

続きを読む

情報ネット 会務トピックス/平成27年7月30日版

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kaimu_topics/

120周年記念式典・講演会、祝賀会への参加よろしくお願いします

 式典から祝賀会終了までの僅か5時間あまりですが、明治28年からの東京歯科大同窓会の120年の歴史と伝統そして未来が凝縮されます。「東歯こだわり」派にとってはこの上とない120年に一度の機会です。ご参加、よろしくお願いします。式典では背筋を伸ばし厳粛に、講演会では歴史と伝統に心震える感動、そして祝賀会では熱く語り、明日に燃えます。受付開始間もない7月28日の段階で申込を211名からいただきました。目標は大きく800人です。この大目標をかなえられるのは、全同窓のご協力をおいて他にありません。準備もありますので、早めのお申込みよろしくお願いします。
http://tdc-alumni.jp/tdca_120th_anniversary/

続きを読む

情報ネット 会務トピックス/平成27年6月16日版

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kaimu_topics/

6月16日は同窓会が120年前に院友会として誕生した日です)

第3回理事会(6月13日)にて役員の一部交代

 第3回理事会が開催され、5月5日に急逝されました久保田 晃先生に代わり、沖 義一先生(高知県支部・S51年卒)が、理事(四国)として出席いたしました。
 また、諸事情により、常任理事の小林慶太先生と寺田仁志先生が、6月13日付けで辞職(受理)され、矢﨑会長より、総務・厚生部担当として髙橋潤一先生(芝支部・H4年卒)事業推進部担当として木暮隆司先生(葛飾支部・S62年卒)が指名(6月14日付け)されました。
 なお、新任の役員の任期は、前任者の残任期間(平成27年12月31日まで)となります。 続きを読む

情報ネット 会務トピックス/平成27年6月10日版

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kaimu_topics/

(6月16日は同窓会が120年前に院友会として誕生した日です)

必見!!! 同窓会会報6月号

 もうすぐ(6月末)同窓会会報6月号が届きます。今回は同窓会創立120周年記念号です。グラビアの「卒業アルバムから見る母校の変遷」も素晴らしいし、血脇先生の「書」の紹介、吉田東伍記念博物館や野口英世記念館の訪問記、血脇イズムについての論説、その他同窓会創立120周年関連の事業の紹介など面白い記事が満載です。これを読めば同窓会の歴史通になります。“会報にあまり目を通さないという方”も6月号は是非お読みください。東京歯科の血がさわぎます。 続きを読む

情報ネット 会務トピックス/平成27年4月24日版

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kaimu_topics/

同窓会創立120周年記念事業(式典・講演会・祝賀会)申し込み受け付け開始

 4月も終わりに近づき、同窓会創立120周年事業(式典等)まであと7か月となりました。皆様方に11月29日(日)の記念事業のご案内をするとともに申し込みの受付を開始いたします。ご案内のチラシ(第3弾)と「参加申込書」を添付いたします。「参加申込書」に必要事項をお書きいただきファックスにてお申込みください。そして銀行振込にて参加費をお支払いいただき申し込み受付とさせていただきます。目標大きく800人を目指しております。お一人でも多く、そして全国からのご参加をお待ちしております。 続きを読む

情報ネット 会務トピックス/平成27年3月30日版

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kaimu_topics/

母校情報

国家試験合格率第一位(3月18日発表)

 今年の卒業生は第120期生になりますが、この度歯科医師国家試験の結果が報告され、母校は新卒者94.0%と4年連続国立私立あわせて合格率トップに輝きました。心からお祝い申し上げますとともに、母校の教職員の方々のご尽力に対し深く敬服いたします。同窓会としても、無限の可能性を持つ若い先生方を豊かな人間性と社会性をもった歯科医療人として育つようアカデミアプログラムにより応援してまいります。 続きを読む