群馬県支部/令和元年度 定時総会,拡大県人会開催報告

 令和元年12月28日(土)午後6時よりホテルメトロポリタン高崎にて,令和元年東京歯科大学群馬県同窓会定時総会並びに拡大県人会が開催されました。年末のお忙しい中21名の先生方にご出席いただき,黒田由紀子副会長の開会の辞で始まり, 原 茂会長, 顧問の引田正俊先生の挨拶のあと,小板橋正樹先生より庶務報告後,下記議案について承認を求めました。
第1号議案 令和2年度事業計画案の承認を求める件
第2号議案 令和2年度一般会計並びに福祉共済部会計予算案の承認を求める件
第3号議案 役員改選の承認を求める件
以上の議案とも全員一致で承認され,中世吉昭副会長の閉会の辞で総会は幕を閉じ,続いて拡大県人会へと移りました。
第1部の講演会では35名の先生が参加してくださり,『群馬県歯科総合衛生センターのビジョンと医療安全』の演目で,群馬県歯科総合衛生センター医長小杉謙介先生(H18卒)が演者を務め,ご自身が赴任した先々での経験談をもとに医療安全を最優先とした治療内容や日常臨床における疑問やヒヤリハット症例から学んだ事例などをお話ししていただき,私達はもちろん,これから歯科医師になる学生,研修医や大学院生にも大変ためになるご講演をしていただきました。
第2部の懇親会は33名の先生が参加し県同窓会原 茂会長のあいさつの後,山口保男先生による乾杯で宴が始まり, しばし歓談の後,いつものほろ酔いでリラックスした状態での恒例の参加者全員による近況報告や自慢話など各自ユニークな自己紹介で大いに盛り上がりました。楽しいひと時も瞬く間に過ぎ,〆の定番,校歌斉唱は着物姿が最高にお美しい中世幸子先生の美声に合わせ全員で合唱し,武安一嘉先生が年末を締めくくりました。
今回,総会,拡大県人会に参加していただいた先生方におかれましては,ここに感謝とお礼を申し上げ開催報告とさせていただきます。

(平成3年卒・山川 寿弥 記)