巻頭言/新たなる飛躍に向けて

常任理事 市川敬一
常任理事
市川敬一

(東京歯科大学同窓会会報 令和2年10月号/第421号より)

 会員各位におかれましては新型コロナウイルス感染症の感染拡大の中,同窓会の活動に対しご支援を賜り,厚くお礼申し上げます。
本年1月より,会計担当常任理事を仰せつかりました平成6年卒の市川敬一と申します。同窓会の発展のために,少しでもお役に立てればと思っております。何卒よろしくお願いいたします。
同窓会会則施行規則の義務の中に下記の様な記載があります。
(義務)
第4条 会則第8条第1項第二号における本会所定の会費,負担金は会則第7条ただし書きに規定されたもの以外は,原則として支部を通じ納入する。
2  所属支部を通じ,期日内に納入された会費に対しては,会費の5%を「期日内納入協力金」として支部に支給する。ただし,2年間(※令和2年末まで)は周知期間とし,従来通り過年度分に対しても支給する。
となっております。今年の12月でこの周知期間が終了となります。そのために,“ 過年度分会費も含んだ支部への協力金” に関しては,来年度以降は支給することが出来なくなります。つきましては,支部で集金した同窓会事務局に納入していない過年度分会費がございましたら,なるべく早期の納入をお願いいたします。
来年度(令和3年度)からは,当年の会費を会則通りに4月末日までに支部を通じて納入をいただいた場合にのみ“ 期日内納入協力金” として,会費の5%を支部に支給させていただきます。この納入期限に関しては,色々とご意見があるかと思われます。歯科医師会等の会計年度は4月1日から翌年の3月31日までですが,同窓会の会計年度は1月1日から12月31日までとなっております。そのために納入期日が4月末日となっている事をご理解いただき,ご協力をお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により,会員の皆様も本当にご苦労されていると思います。そこで今年度に関しては,“ 新型コロナウイルス感染症対策特別支部助成金” という形で,各支部の活動の一助にしていただくための支援金を支給させていただきたいと考えております。上記の期日内納入協力金の5%とは別に,支部を通してご納入いただいた当年度(令和2年度)会費の15%を各支部に支給させていただきます。用途に関しては,支部の会議をオンラインで行う等の経費で使用していただいてもかまいませんし,会員に還元していただいてもかまいません。使い道をこちらで指定することはございませんので,各地区で話し合って決めていただければ結構です。
今後とも同窓会事業に対してご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。