参謝会(平成11年卒・104期)/クラス会開催

 卒業後20年を過ぎた2019年の3月,同級生の上田貴之君と大神浩一郎君が母校の老年歯科補綴学講座のそれぞれ,主任教授,客員教授に就任するというニュースが飛び込んだ。この節目の年になんとおめでたい。同級生でお祝いをすべく同窓会が企画された。
小雨の降る生憎の天気となってしまった11月23日,ザ・ペニンシュラ東京のスカイルームで104期卒業生,参謝会の同窓会が行われた。今回は64名出席のもと,学年副主任の山倉大紀先生,青木 聡先生にも大変お忙しい中ご参列頂いた。幹事の市川裕文君の司会で開会し,山倉先生,青木先生からお言葉を頂戴したのち,三幣利克君の発声で乾杯した。歓談中は久しぶりに顔を見る級友たちと思い出話に花が咲いた様子でせっかくの料理も進まないほど盛り上がっていた。宴も酣となったころ今回の主役,上田君と大神君の教授就任のお祝いを行った。大きな拍手の中,記念品を贈呈し二人から同級生として誇らしくなるような決意に溢れた挨拶をもらった。また,上田君からはスライドを使用して大学の現状を級友たちに説明してもらい,僕たちが過ごした千葉キャンパスの変貌に一同は大きな驚きを覚えた。20年の歳月は長いが級友の顔を見れば,昨日のことのように学生時代を思い出す。まだまだ話したりないがあっという間に時間は経ち閉宴の時刻は訪れた。104期生最年長の稲川元明君から閉会の挨拶があったときは後ろ髪をひかれる思いが会場を包んだが,再会を約束しお開きとなった。

(石井 治仲 記)