東京歯科大学TDC卒後研修セミナー2013

『歯科医療の技術革新〔Innovation〕に対応する確かな臨床力』
〔変えなくてはいけないこと・変えてはいけないこと〕

主催:東京歯科大学同窓会
協力:東京歯科大学
日本歯科医師会生涯研修認定

TDC卒研セミナー2013『歯科医療の技術革新〔Innovation〕に対応する確かな臨床力』〔変えなくてはいけないこと・変えてはいけないこと〕/主催:東京歯科大学同窓会・ 協力:東京歯科大学/日本歯科医師会生涯研修認定

歯科医療の進歩はめざましいものがあります。多くの新しい技術や材料が次々と紹介されます。しかしながらそれらの有効性や術後経過がご自身の日常臨床できちんと評価されているでしょうか。どんなに革新的な技術でも、それを使いこなすためには、基本的考え方とスキルをしっかり身につけ、基本技術を積み重ねることで急速な変化に対して「ぶれない」ことが必要です。さらに私達臨床歯科医は一人ひとりの患者さんのQOL向上のために、総合的に診る目が求められます。〔知っていること≠できること〕というコンセプトのもと本年度セミナーを企画いたしました。

セミナーNo.1は、臨床研修医ならびに卒後5年以下の歯科医師を対象に、患者さんと長く関わりながら臨床を続けていくために必要な資料採取の方法、重要性を解説いたします。同窓会若手支援として無料のセミナーと致します。

セミナーNo.2、No.6、のイブニングセミナーは、できるだけ多くのみなさんに参加していただきたく平日の夕刻より行います。この2つのセミナーでは「歯」を守ることにより「歯列」を保全する大切さを再認識していただきます。No.2では補綴物に絞ってエビデンスを交えながらコ・デンタルスタッフとの共同作業の重要性をお話しいただき、No.6では歯周治療の観点からご講演いただきます。

セミナーNo.4では「人」をテーマに口腔単位の健康、患者満足度を維持しつつ患者さんと長く関わる臨床の実践をご講演いただきます。

さらに新しい試みとしてセファロ分析3日間コースならびに水道橋に移転した新校舎実習室を使用してCAD・CAMに必要な形成の基本技術を習得していただけるセミナーを企画いたしました。

各セミナーでは、毎日の臨床にすぐに活かすことができる重要な知識、技術を再確認していただきながら、臨床に直結する問題解決のための手法や考え方を学ぶことができるようにプログラムされています。この機会に是非通年受講をお薦めいたします。

TDC卒研セミナー2013 パンフレット(PDFファイル:1.4MB)


TDC卒研セミナー2013 セミナー一覧:

東京歯科大学同窓会フォーラム
「超高齢社会を迎えての、歯科医療におけるパラダイムシフト」

●日程:
2月24日(日)
●後援:
日本大学歯学部同窓会
終了

No.1 ディスカッションセミナー
「最初に診ること、ずっと診ること」〜臨床記録の重要性を理解しよう!〜

●日程:
4月14日(日)
●定員:
80名
終了

No.2 イブニングセミナー
「今日からはじめる こだわりの補綴」〜補綴物に現れる基本の重要性〜

●日程:
5月16日(木)
●定員:
80名
終了

No.3 実習セミナー
「ゼロから学ぶセファロトレーシングと症例分析」

●日程:
6月9日(日)・7月7日(日)・9月29日(日) 全3日
●定員:
15名
終了

特別企画:
「インプラントの極意4日間コース」

●日程:
6月22日(土)・23日(日)・7月20日(土)・21日(日) 全4日
●定員:
30名
終了

No.4 臨床セミナー
「歯科疾患!!どこから手をつける?」〜病態の理解とタイプ別臨床診断・治療計画〜

●日程:
10月13日(日)
●定員:
100名
終了

No.5 実習セミナー
「CAD/CAMを極める」〜初めてのオールセラミックス・支台歯形成の基本から合着まで〜

●日程:
11月10日(日)
●定員:
50名
終了

No.6 イブニングセミナー
「今日からはじめる こだわりのペリオ」〜歯根膜の臨床観察と歯周治療〜

●日程:
11月14日(木)
●定員:
80名
終了