タグ別アーカイブ: 臨床セミナー

2017 TDCアカデミア 臨床セミナー/ペリオセミナー
今こそ見直そうあなたの歯周治療 ~スキルアップのための歯周治療の実践と歯周外科の基本技術の習得~(2017年7月9日(日))

2017 TDC アカデミア 臨床セミナー

ペリオセミナー

 現在、日本人の成人の約80%は歯周病に感染しているといわれています。
 そうした背景からも国民の歯周治療に対する知識と要求は高くなってきており、日々の臨床で「歯周病の患者を診ない日はない」といっても過言ではありません。しかし、歯周治療の知識・歯周外科の経験不足から適切な診断及び処置がおこなえず、歯周治療において思うような結果が出せない、ということも報告されています。
 今回のセミナーでは日本のみならず、世界的にも優れた臨床家である船登彰芳先生のもと、日々の臨床ですぐに実践できる歯周治療の知識を学んでいただきます。また、実習では豚を用い歯周外科の基礎を徹底的に習得していただきます。
 この機会にグローバル・スタンダードの歯周治療の第一歩を学んでみませんか。

臨床セミナー ペリオセミナー
今こそ見直そうあなたの歯周治療
~スキルアップのための歯周治療の実践と歯周外科の基本技術の習得~
講師:

船登 彰芳

  • 広島大学歯学部卒業
  • 医療法人社団なぎさ歯科クリニック(石川県金沢市)理事長
  • 5-D Japan ファウンダー
  • アメリカ歯周病学会(AAP)会員
  • アメリカインプラント学会(AO)会員
  • ヨーロッパインプラント学会(EAO)会員
  • ヨーロッパ審美学会Affiliate member (EAED)
日時: 2017年7月9日(日) 9:00 ~ 16:30
場所: 東京歯科大学 水道橋校舎新館8F
定員: 30名
受講料: 8万円 / 6万円(前年度同窓会費納入者)

講演

  • 基本治療とメインテナンスの重要性
  • リスクファクター:深いポケット・骨縁下欠損・分岐部病変
  • 歯周外科治療のオプションと臨床例
  • 長期症例から観た歯周治療の考え方
  • 審美治療における切除療法の応用

実習

  • 豚を用いた歯周外科実習
    • 切除療法

続きを読む

2017 TDCアカデミア 臨床セミナー/Part 2 スポーツ歯科セミナー
適切なマウスガードの必要性、効果およびその設計・製作法(2017年6月11日(日))

2017 TDC アカデミア 臨床セミナー

Part 2 スポーツ歯科セミナー

 近年スポーツと歯のかかわりについては、国民やアスリートから関心や認識が高まっています。また公認スポーツデンティストが国民体育大会、日本スポーツマスターズ、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピック等の現場において医療運営の支援やチームデンティストとしてフィールド内の活動も注目されてきています。
 さて、一般歯科とアスリートの関わりが深いのがマウスガードであります。しかしながら安全性とは程遠いものやパフォーマンスの低下を施すものなど、間違ったマウスガードを使用しているアスリートがいるのが現実です。そこでマウスガードの普及にも尽力され、長年の研究によりマウスガードがもたらす外傷の予防軽減だけではなく、噛み合わせがもたらす運動能力の向上や姿勢制御の向上を明らかにされてきた武田友孝先生にご講演いただき、正しいマウスガードの製作法を学んでいただきます。

臨床セミナー Part 2 スポーツ歯科セミナー
適切なマウスガードの必要性、効果およびその設計・製作法
講師:

武田 友孝

  • 日本大学歯学部 卒業
  • 日本大学大学院歯学研究科 修了
  • 東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 准教授
  • 日本補綴歯科学会 指導医
  • 日本スポーツ歯科医学会 認定医
  • 日本オリンピック委員会・バレーボール競技・強化スタッフ
  • 日本体育協会スポーツデンティスト
  • 日本歯科医師会スポーツ歯科委員会委員
日時: 2017年6月11日(日) 13:30 ~ 16:00
場所: 東京歯科大学 水道橋校舎新館8F
定員: 60名
受講料: 7千円 / 5千円(前年度同窓会費納入者)

講演

  • マウスガードのスポーツにおける顎口腔外傷・脳震盪の予防軽減効果
  • 正しいカスタムメイドタイプマウスガードの必要性
  • 安全性の高いマウスガードの設計、製作法
  • マウスガード装着による噛みしめがもたらす運動能力向上や姿勢制御の向上について
  • スポーツ歯科の可能性について

続きを読む

2017 TDCアカデミア 臨床セミナー/MTMセミナー
はじめてのMTM ~入門!やさしい歯の移動テクニック~(2017年9月30日(土)・10月1日(日)全2日間)

2017 TDC アカデミア 臨床セミナー

MTMセミナー

 審美補綴を考慮したエクストルージョン、補綴設計の幅を広げる大臼歯のアップライト、咬合育成の一助となるレベリングなど次の一手となるテクニックとして、MTM は是非とも身につけたい臨床スキルです。
 MTM のオリエンテーションとして、MTM の意義、適応症、固定源の取り方などの基本的な知識の習得から、術式の注意点まで講演と実習を通して修得できます。また、ケースプレゼンテーションを通して、症例選択のポイント、診査と治療方針を含めた具体的なテクニックを解説します。
 主な実習としては、MTM 臨床において使用頻度の高いワイヤーベンディングの基本、タイポドント実習では各種MTM 装置の手技術式と歯の移動を実習いたします。
 これからMTM 症例に取り組んでみようと考えている方から、MTM の基本術式を確認したい一般臨床医に最適な内容となっております。

臨床セミナー MTMセミナー
はじめてのMTM
~入門!やさしい歯の移動テクニック~
講師:

末石 研二

  • 東京歯科大学卒業
  • 東京歯科大学歯科矯正学講座主任教授
  • 東京歯科大学水道橋副病院長
  • 日本矯正歯科学会 認定医 指導医
講師:

西井  康

  • 東京歯科大学卒業
  • 東京歯科大学歯科矯正学講座講師
  • 日本矯正歯科学会 認定医 指導医
講師:

立木 千恵

  • 東京歯科大学卒業
  • 東京歯科大学歯科矯正学講座助教
  • 東京歯科大学千葉病院医局長
  • 日本矯正歯科学会 認定医
日時: 2017年9月30日(土) 13:00 ~ 18:00
2017年10月1日(日) 9:00 ~ 16:00
(全2日間)
場所: 東京歯科大学 水道橋校舎新館8F
定員: 30名
受講料: 10万円 / 8万円(前年度同窓会費納入者)

講演

  • MTMの基礎知識
  • MTM術式の注意点
  • ケースプレゼンテーション
  • アンカースクリューの有効性

実習

  • 基礎的ワイヤーベンディング
  • タイポドント実習
    • アップライト
    • エクストリュージョン
    • レベリング

続きを読む

2017 TDCアカデミア 臨床セミナー/Part 1 補綴セミナー
最近のメタルフリー歯冠修復の実際 ~オールセラミッククラウン、CAD/CAM冠治療の勘所~(2017年6月11日(日))

2017 TDC アカデミア 臨床セミナー

Part 1 補綴セミナー

 ここ数年の審美歯冠修復処置の発展には目覚ましいものがあります。特にメタルに台頭し使用頻度が高まりつつあるジルコニアの出現は、前歯部のみならず、強い咬合力のかかる臼歯部にもオールセラミックスによる治療を可能としました。また、昨年からは小臼歯部限定で保険導入された、CAD/CAM冠によるノンメタル歯冠修復も、我々臨床家の審美治療の選択肢を広げています。このように審美領域だけに留まらない、これらのメタルフリー歯冠修復物はジルコニアやガラスセラミックスを中心に様々な製品が市場に出回っているのが現状です。
 そこでこれらを一度総括し、それぞれの特徴や適応範囲を再確認し、患者さんにとってより良い治療法の選択肢の幅を広げられるよう、先生方の頭の中を一度整理していただこうと立案したセミナーであります。
 併せて、支台歯形成の基本や接着操作などのワンポイントアドバイスを講演から聞いていただくことにより、さらなる臨床の幅を広げていただきたいと思います。

臨床セミナー Part 1 補綴セミナー
最近のメタルフリー歯冠修復の実際
~オールセラミッククラウン、CAD/CAM冠治療の勘所~
講師:

佐藤  亨

  • 東京歯科大学卒業
  • 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科補綴学専攻)修了
  • 東京歯科大学クラウンブリッジ補綴学講座 主任教授
  • 日本補綴歯科学会指導医・専門医
  • 日本歯科審美学会認定医
  • 日本接着歯学会認定医
日時: 2017年6月11日(日) 10:00 ~ 12:30
場所: 東京歯科大学 水道橋校舎新館8F
定員: 60名
受講料: 7千円 / 5千円(前年度同窓会費納入者)

講演

  • オールセラミックスの種類とその特徴
  • CAD/CAM 冠の特徴とその適応
  • 適切な支台歯形成法、接着技法、などについて

続きを読む

2017 TDCアカデミア 臨床セミナー/エンドセミナー
マイクロエンドドンティクスの極み ~歯内療法の基礎からマイクロスコープの基本的操作習得の1.5日~(2017年5月20・21日(全2日間))

2017 TDC アカデミア 臨床セミナー

エンドセミナー

 近年における歯内療法はCBCTによる診査診断、マイクロスコープの併用、Ni-Tiファイルを用いた根管拡大形成と、従来の根管治療と比較してより高度な精度の高い治療へと変化してきています。樋状根、4根管歯においては、CT撮影およびマイクロスコープ下での治療に対して保険加算算定もできるようになり、我々歯科医にとって、歯内療法におけるマイクロスコープの活用は、より身近になってきております。
 そこで、マイクロスコープによる歯内療法を習得していただこうと本セミナーを企画いたしました。マイクロスコープの基本操作、有効的な使用方法はもちろん、基本的な歯内療法の考え方や根管治療のポイントも押さえた、基礎的なセミナー構成となっております。臨床経験の浅い先生から、これからマイクロスコープを取り入れようと考えてらっしゃる先生方まで幅広く参加いただけるセミナーであります。この機会に是非、マイクロスコープを実際に使いながら根管治療実習を通して体現していただき、新たな臨床の幅を広げていただきたいと思います。

臨床セミナー エンドセミナー
マイクロエンドドンティクスの極み
~歯内療法の基礎からマイクロスコープの基本的操作習得の1.5日~
講師:

古澤 成博

  • 東京歯科大学卒
  • 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科保存学専攻)修了
  • 東京歯科大学歯科保存学講座 主任教授
  • 日本歯科保存学会専門医
  • 日本歯内療法学会理事
  • 日本顕微鏡歯科学会評議員
日時: 2017年5月20日(土) 13:00 ~ 18:00
2017年5月21日(日) 9:00 ~ 16:00 (全2日間)
場所: GC Corporate Center(東京都文京区本郷)
定員: 24名
受講料: 10万円 / 9万円(前年度同窓会費納入者)

講演

  • 歯内療法における根管解剖
  • マイクロスコープを用いた根管治療の流れとポイント
  • Retreatment歯へのアプローチ
  • 破折歯、難治性根尖性歯周炎への対応
  • 外科的歯内療法

実習

  • マイクロスコープの基本動作
  • 抜去歯を使用してマイクロスコープ下での髄室開拡、根管拡大形成
  • 根管内異物の除去、歯根端切除術

続きを読む

2016 TDCアカデミア 臨床セミナー/移植・再植セミナー
明日からの臨床に活かせる歯の移植・再植(2016年7月10日(日))

2016 TDC アカデミア 臨床セミナー

移植・再植セミナー

講師:下地 勲

 歯の移植・再植法は、近年確立的な方法として臨床応用されています。保存困難として従来は抜歯されていたものが再植法で温存出来たり、欠損部や欠損となってしまう部位に対して智歯を移植、植立できるのならば、治療のバリエーションが広がります。また、歯根膜が存在する治療法は、臨床家にとってもインプラント治療とは別な価値観があります。しかしながら、アドバンス的な治療なため未だ行ったことがない方、あるいは応用したものの予後不良で抜歯に至ってしまった方もいるかと思います。また、ケースによっては治療の前準備と適切な術式があり、その臨床的対応が広く知られておりません。
 本セミナーでは、移植・再植の治癒像から臨床応用に至るまで詳細に解説いたします。すでに臨床経験がある先生には確固とした知識と術式を、経験のない先生には明日から臨床応用できる一歩となるようお教えいたします。

続きを読む

2016 TDCアカデミア 臨床セミナー/エンドセミナー
「今こそ見直そう!あなたの根管治療 2016」 ~根管治療の最新知識と基本技術の習得 2日間コース~(2016年5月28日(土)・29日(日))

2016 TDC アカデミア 臨床セミナー

エンドセミナー

講師:木ノ本喜史

 近年の根管治療は、Ni-Tiファイルの登場やマイクロスコープの使用に伴い、従来の根管治療に比べより精度の高い治療へと変化してきています。しかしこれらの最新技術を様々駆使しても、基本的な歯内療法の考え方やコンセプトをしっかり理解し、技術を習得していなければ、良好な治療結果には結びつかないでしょう。
 本セミナーでは、根管解剖を理解した上での髄腔開拡、根管拡大・形成、洗浄、根管充填などの歯内療法の基本的な内容について、一つ一つ再度見直していただき、さらにはNi-Tiファイルや拡大鏡などの有効的な使い方を講演や実習から習得していただきます。先生方の日常臨床のレベルアップへとつながる、実践的な2日間のセミナーです。

続きを読む

2016 TDCアカデミア 臨床セミナー/顎関節症セミナー
『顎関節症のパラダイムシフト』 〜とらえ方からマイクロストレッチまで〜(2016年4月24日(日))

2016 TDC アカデミア 臨床セミナー

顎関節症セミナー

2016 TDCアカデミア 臨床セミナー/顎関節症セミナー 『顎関節症のパラダイムシフト』 〜とらえ方からマイクロストレッチまで〜(2016年4月24日(日))

講師:原 節宏

 顎関節症の治療は、大きく変化してきています。大学病院等でも従来は口腔外科での診断や治療が多く行われてきましたが、最近では「痛み外来」などで口腔顔面痛の一分野としてとらえ、治療が行われるようになってきています。治療の内容も手術や咬合に関するもの、あるいはスプリント療法などから理学療法や運動療法といった、いわゆるリハビリテーション領域の治療が行われるようになってきています。一般臨床医として最近の知見を加えた顎関節症の診断や初期治療ができることは重要であり、理学療法のような継続的な患者指導が必要で非侵襲的な治療であれば、なおさら知識を得ておくことが必要です。
 今回は、顎関節症の治療の変遷もふまえた総論から顎関節症の筋膜痛のマッサージ療法を主体としたマイクロストレッチ療法の各論まで幅広く解説いたします。

続きを読む

2015 TDCアカデミア 臨床セミナー/スタッフセミナー
「歯科衛生士に必要な口腔インプラント治療の知識」 ~インプラント治療を始めると言われて慌てないために~(2015年5月31日(日))

2015 TDC アカデミア 臨床セミナー

スタッフセミナー


 口腔インプラント治療は、大学教育にも導入され一般の歯科医院においても決して特別ではない治療として急速に普及しています。しかしながら、安易な手術施行や準備不足によって、様々な事故やトラブルが発生していることも事実です。口腔インプラント治療を開始するには、それに関与する様々な知識の修得と十分な準備が必要であり、歯科医師だけでなく歯科衛生士がチームの一員として担う役割も大変重要なのです。
 本セミナーでは、歯科衛生士に必要な口腔インプラント治療に関連する知識、技能の習得を目指します。

続きを読む

2015 TDCアカデミア 臨床セミナー/エンドセミナー
「今こそ見直そう!あなたの根管治療」 ~根管治療の最新知識と基本技術の習得 2日間コース~(2015年4月25日(土)・26日(日))

※2016年9月5日更新:本セミナーの模様が、Doctorbook academy 東京歯科大学同窓会ページより配信されております。ぜひご覧ください。

オンデマンド配信 詳細はこちら >>


2015 TDC アカデミア 臨床セミナー

エンドセミナー

講師:木ノ本喜史

 近年の根管治療は、Ni-Tiファイルの登場やマイクロスコープの使用に伴い、従来の根管治療に比べより精度の高い治療へと変化してきています。しかしこれらの最新技術を様々駆使しても、基本的な歯内療法の考え方やコンセプトをしっかり理解し、技術を習得していなければ、良好な治療結果には結びつかないでしょう。
 本セミナーでは、根管解剖を理解した上での髄腔開拡、根管拡大・形成、洗浄、根管充填などの歯内療法の基本的な内容について、一つ一つ再度見直していただき、さらにはNi-Tiファイルや拡大鏡などの有効的な使い方を講演や実習から習得していただきます。先生方の日常臨床のレベルアップへとつながる、実践的な2日間のセミナーです。

続きを読む