埼玉県支部/埼玉県支部新年会開催

 令和2年2月11日(火・祝)東京歯科大学同窓会埼玉県支部新年会が,浦和ワシントンホテルにおいて開催されました。来賓として東京歯科大学より井出吉信理事長・学長(S47卒), 同窓会本部より臼井文規副会長(S55卒),埼玉県歯科医師会より大島修一会長,植野順子理事(S55卒),岩田昌久理事(S63卒), 安井 晃監事(S47卒), 明海大学歯学部より坂 英樹教授(H2卒), 﨑山浩司准教授(H12卒),埼玉県立大学より吉田 隆教授(院H2修),栁澤伸彰准教授(H14卒),国立障害者リハビリテーションセンター病院 歯科 熊澤海道先生(H18卒)を迎え総勢54名の参加者で行われました。
小林容子幹事長の司会のもと鳥羽千太郎副支部長の開会の辞で開催されました。支部長挨拶として大井誠一支部長が,春山良夫前支部長への感謝を述べられました。また, 支部未加入対策として,内部組織からの変革の必要性を述べ,会員の先生方の協力をお願いしました。
来賓挨拶として大学から井出吉信理事長・学長が大学の近況を詳しくご報告され,千葉歯科医療センターの起工式を行い主に学生や研修医の育成を図ること,市川総合病院は他職種連携に伴い,すがの訪問看護ステーションを設置したことについても説明されました。研修医の勤務時間が厳格化していることや,本学の受験生も多くなってきており倍率7倍程度であるとお話しされました。
本部同窓会より出席していただいた臼井文規副会長もパワーポイントを用いて会務報告され,昨年の台風で被災された支部へ支援金が送金された事などを報告されました。
埼玉県歯科医師会からは,大島修一会長が挨拶されました。その後,小林容子幹事長より,埼玉県支部の活動について報告がありました。
祝宴は小野寺保好副幹事長の司会で須藤 剛副支部長の挨拶で開会し,来賓挨拶として明海大学 坂 英樹教授・﨑山浩二准教授,埼玉県立大学 吉田 隆教授・栁澤伸彰准教授,国立障害者リハビリテーションセンター病院 歯科熊澤海道先生が挨拶されました。
その後埼玉県支部役員退任式となり,役員を退任された春山良夫先生,植野順子先生,橘田博純先生の3名に対し大井誠一支部長から感謝の言葉をかけられまた。
成田賢二先生に乾杯のご発声をいただき暫しの歓談となりました。
お酒も入り話もつきませんが,中締めとなり,写真撮影,校歌斉唱を行い,岩田昌久副支部長の閉会の挨拶で締めくくり盛況のうちに終了となりました。

(昭和63年卒・須藤  剛 記)