茶道部/東京歯科大学茶道部部長 井上 孝教授特別講演ならびに感謝の会


 平成31年3月30日(土),ホテルメトロポリタンエドモントにて東京歯科大学茶道部部長・井上 孝教授(臨床検査病理学講座・昭53年卒)特別講演ならびに感謝の会が開催されました。本会は井上先生の長年の功績を称え感謝をするため,国内のみならず台湾からも出席者が集まり,77人が参加する盛大な会となりました。
当日は村松 敬教授(保存修復学講座・平3年卒) の座長のもと,井上先生による「茶道部と共に47年,そして平成の終わりに始まる新しい歯科界」と題した特別講演が行われました。先生の研究者および茶道部員としての歩みを,ユーモアと我々へのエールを交えて話されました。
続いて感謝の会では,井上先生の同級生である鈴木千枝子先生(昭53年卒)の開会の辞に続き,発起人代表の永江健一先生(昭53年卒)と前部長の内山健志先生(昭48年卒)のご挨拶の後,黒田真右先生(昭56年卒)に乾杯のご発声をいただきました。
今回久々に茶道部の集まりに参加したOBも多く,仲間たちと盛り上がる姿があちらこちらで見られ,茶道部の歴史を感じさせるものとなりました。その後,大学の水道橋移転に伴う部活動の変遷について中里晴香先生(歯内療法学講座・平29年卒)と高橋佳子さん(4年生)がそれぞれ報告しました。井上先生への感謝のメッセージのマイクリレーに続き,井上先生からもご挨拶をいただきました。花束・記念品を贈呈し,井上先生から新部長の宮崎晴代先生(歯科矯正学講座・昭56年卒)と顧問の後藤多津子教授(歯科放射線学講座)をご紹介いただき,ご両名からご挨拶をいただきました。思い出話に花を咲かせるうちにあっという間に時間は過ぎ,竹内 智先生(昭53年卒)の閉会の辞をもって閉会となりました。
このような盛大な会を開催できたのもこれまで茶道部を支えてくださった井上先生の人徳に他なりません。本当にありがとうございました。

(平成17年卒 竜 正大 記)