千葉県支部/平成30年度 第1回社保講習会・学術講演会・懇親会

 7月1日(日)午後2時より京成ホテルミラマーレにて第1回社保講習会,学術講演会が行われた。当日は梅雨明けの猛暑の中56名の先生方が出席され懇親会からは白須賀貴樹衆議院議員にも参加して頂いた。
平田千恵幹事長の司会のもと木俣 茂会長の開会挨拶から始まり社保講習会では千葉県社保診療報酬支払基金主任審査員である三根 豊先生(昭和54年卒)に「平成30年診療報酬改定その後」という演題で話をして頂きました。まず10月から変わる初再診の算定や外来環について,またその施設基準の届け出について話して頂きました。さらにその他多くの項目で変更や再編成された点,見直された点などについてこと細かく説明して頂きました。最後は最近始めたギャラリー「ハルジ」の話をして同窓会ならではの雰囲気で講習会は終わりました。
学術講演会は銀座もりしま歯科口腔外科 森島 丘先生(昭和56年卒)に「全身疾患を有する患者への対応」という演題で話をして頂きました。高血圧の患者に対する話から始まり,多岐にわたる全身疾患の基礎知識と臨床で多く遭遇する疾患を有する患者への対応について,絶対押さえておかなければならない部分を基本から裏話や裏技も含め説明して頂きました。最後は術前のペングットなどの予防投与や救急薬の用意,救急時の記録などについて説明され,また筋肉注射や静脈確保のおさらいまで分かりやすくお話しして頂きました。
懇親会は会場を移し引き続き平田先生司会のもと,木俣 茂会長からの新執行部を宜しくお願いしますといった短めの挨拶で始まり,白須賀貴樹衆議院議員からは北朝鮮問題や今後10年に亘るアジア情勢の変化などについてお話し頂きました。続いて浅野薫之先生の挨拶,乾杯のご発声で宴が始まり,しばし歓談となりました。和やかな雰囲気の中で,高原正明先生には県歯で協議されている福祉共済制度,団体定期保険共済制度のことや衛生士不足に対する県の取り組みなどについて話して頂き,歯科医師連盟からは宮吉正人先生に挨拶して頂きました。終盤は木俣会長のバースデイケーキが内緒で準備され会は大変盛り上がり,その後宮吉 誠副会長の締めの挨拶でお開きとなりました。今回,役員の飲みすぎが原因で最後に集合写真を撮り忘れたため,次回の12月の総会報告ではしっかりお載せします。

(平成7年卒・河原 俊朗 記)