第48回東歯祭および後夜祭・歯学体成績報告会(同窓会報406号より)

 去る平成28年10月29日(土)30日(日)の両日,本学水道橋校舎新館において第48回東歯祭-フェスティバル2016-が開催された。血脇記念ホールでは合唱部,演劇部,Big Band Jazz,管弦楽部,MLS,ダンス部,の各発表と,男装女装コンテストなどが行われた。また7階実習講義室においては,各クラブポスター展示,8階ラウンジではダーツゲーム,プラ版アクセサリー,ヨーヨーすくい,茶道部などの各イベントが行われた。30日(日)には,同じく新館において平成28年度歯学体報告会,ならびに東歯祭後夜祭が開催され,優秀な成績をおさめたクラブの表彰が行われた。


第48回東歯祭 実行委員長挨拶

 平成28年10月29日(土),30日(日)に開催しました『第48回東歯祭』は,滞りなく全日程を無事に終了することができ,実行委員一同大きな安堵と達成感を得ています。これもひとえに井出吉信学長はじめ多くの先生方や学生課の方々並びに参加してくださった部活・研究会などの関係者の皆様の御協力の賜物であり,実行委員長として心より深く感謝申し上げます。また,同窓会の先生方からも過分なるご厚誼を賜りましたこと,この場をお借りし厚く御礼申し上げます。
さて,今年度は初日に血脇記念ホールに於いて,混声合唱部が今年度から参加したことにより6団体すべての公演を行うことができました。2日目は,実行委員会主催による女装・男装コンテストを開催し,無事に成功を収め大変な盛り上がりを見せました。その他,以前東歯祭が千葉校舎で開催されていた時,各講座から有志を募って行われていた講座展示や茶道部によるお茶会等,様々な企画を以て東歯祭の更なる可能性を示すことができた年となりました。
大学の中枢機能が水道橋へ移転したことにより東歯祭開催のイベントもより都市型にコンパクトに行うことができました。今後の課題として,実行委員会は東歯祭における企画の数の増加と学生参加の促進を掲げています。今年度の来校者は延べ約900名と,一昨年,昨年よりも多くの方に来校していただくことができ,大台の1,000名達成まであとわずかというところまで到達いたしました。来年度は,是非とも開校する短期大学の学生とともに,さらなる来校者の獲得,そして学生だけでなくOB・OGの先生方にも楽しんでいただけるような学園祭を,目指していきたいと考えています。
最後になりましたが,私たち実行委員会は一人でも多くの在校生が積極的に参加したくなるような学園祭を皆で作り上げていきたいと考えております。同窓の先生方及び関係者の皆様には今後ともお力添えを賜りたくお願いするとともに,私たち実行委員会一同も,より一層魅力的な学園祭づくりに励んで参りたいと思います。

東歯祭実行委員会委員長 趙  顯哲(4年)