ゴルフ部

4年 主将 守屋 聡亮

 東京歯科大学ゴルフ部は同好会から出発し,昭和48年に創部され,以降約45年間活動を続けている歴史あるクラブです。
現在の主な活動は,週2回の打ちっ放し練習場での練習と,春と夏に行われる合宿です。大会は春季,夏季,秋季に行われる関東大会と,8月に行われる全日本歯科学生総合体育大会(オールデンタル)へ出場しております。近年では平成27年に夏季関東大会にて男女総合優勝を果たし,関東制覇をいたしました。
今年のオールデンタルの出場選手を決める夏合宿は,栃木県のニューセントアンドリュースゴルフクラブジャパンで行いました。このゴルフ場は,あのジャック・ニクラウスが日本で最初に設計した名門コースであり,難易度の高いコースとして知られています。そのような場で合宿を行った結果,個々の技術を今年のデンタルの会場,久邇カントリークラブでも発揮することができ,昨年度よりも良いスコアを出すことができました。しかし,関西の大学がとても強く,順位は男子団体7位,女子団体6位,男女総合7位に留まりました。ゴルフはスイングを身体に身につけるだけでなく,それをゴルフ場で今自分のいるシチュエーションにおいて体現しなければなりません。それには打ちっ放し練習に加え,実際にゴルフ場でラウンドすることで知識と経験を増やし,メンタル面も鍛えることが重要となります。
私たち4年生は間もなく引退しますが,10月から始動する新幹部のもと,更に強い部活になれるよう私たちもしっかりサポートをして行きたいと思っております。そして来年度のオールデンタルでは順位を1つでもあげ,本学の目指す文武両道をモットーとして,上位入賞いや優勝できるよう後輩を指導したいと思います。
現在,部員30名で活動しておりますが,私たちが今活動出来ているのも日頃より支えてくださる部長の櫻井教授をはじめ,OB・OGの先生方,諸先輩方のおかげであると感じております。このような素晴らしい部活を創り上げてきてくださった先生方,先輩方に,今一度感謝申し上げます。ありがとうございました。
今後もゴルフ部への応援を宜しくお願いいたします。