横浜南部支部/夏の会員・家族・従業員レクリエーション開催

 平成28年8月27日(土),横浜南部支部の夏のレクリエーションが横浜市金沢区のすし処「かねへい」において開催された。
本会は,毎夏行われる横浜市金沢区主催の花火大会を,お寿司屋さんの2階で海の幸を堪能しながら見物する会を隔年で開催している。
会は午後6時30分に浅川 仁厚生担当理事の司会で開会,鈴木信治支部長が挨拶を行った。その中で,去る6月4日に92歳で逝去された本会元支部長酒井惣一郎先生に対し,永年にわたる学校保健功労による叙位として従六位に叙されたことが紹介された。その後ご来賓の藥師寺 仁本学元副学長にご挨拶を戴き,今回で42回目を迎えた金沢区花火大会の歴史や謂われを,地元ご出身ならではの昔話を交えて紹介された。
次いで本部同窓会前副会長の玉井達人前支部長の乾杯のご発声で開宴し,途中某理事のご子息の中学受験合格の嬉しいお知らせなども披露され,まさに和気藹々の雰囲気で会は進行した。
地元柴漁港で捕れた新鮮な魚介類を材料にした多彩な料理に舌鼓を打つうち,待望の花火が始まった。
激しい轟音と共に大小様々色とりどりの大輪の花が咲き誇り,金沢の夜空はまさに空中のキャンパスのようであった。
美しい花火を存分に楽しんだ頃ちょうど会もお開きとなり,山下誠副支部長の閉会の挨拶の後,恒例の記念写真を撮影して散会した。

(昭和63年卒・渡邊 宇一 記)