広島県支部/平成27年度総会・学術講演会・懇親会開催

 平成27年4月18日(土),シェラトンホテル広島にて,約40名の会員が参加し,平成27年度東京歯科大学同窓会広島県支部総会・学術講演会・懇親会が開催されました。
総会は,柏村真専務理事司会のもと野間博支部長の挨拶に始まり,議長には谷信吾東呉会会長が選出されました。議長のもと各理事より会務報告がなされ,予算及び会則の変更等議案は承認されました。
学術講演会では本学より口腔顎顔面外科学講座柴原孝彦教授をお招きし,谷本澄江先生が座長を務められました。柴原教授に,大学の近況と『ハードからソフトへ,粘膜疾患に強くなろう~身に着けて欲しい口腔がんを疑う目~』と題してご講演いただきました。
講演終了後引き続き柴原教授にご参加いただき,懇親会に移りました。来賓として荒川信介県歯会長,三反田孝県歯専務理事をお迎えし,平成26年度に旭日双光章を受賞された髙橋潤一郎先生,広島県知事表彰を受けられた小早川清先生からご挨拶いただきました。宴会は終始和やかに進み,最後に恒例の校歌を斉唱し散会となりました。

(高木 尚美 記)