千葉県支部/学術講演会・定時総会開催

 平成26年12月7日(日)千葉京成ホテルミラマーレにおいて,同窓約70名の参加のもと学術講演会・定時総会および懇親会が開催されました。
総会に先立ち行われた学術講演会では,大学より歯科社会保障学教授上條英之先生をお迎えして「社会保障制度改革と歯科医療サービスの展望」と題しての講演をいただきました。
続いて同じく大学より有床義歯補綴学講座助教古池崇志先生による「穴あきデンチャーから広がる私の臨床」と題しての講演をいただきました。新しいアタッチメントシステムによる訪問診療のお話をいただきました。
今回は盛り沢山な講演会でデジタルプロセス(株)藤原稔久様による「最近のデジタル技術の動向-最新デジタルデンティストリCAD/CAM冠」のお話をいただき,日産自動車の技術力・研究力を基盤としたCAD/CAMシステム。この最初の発想者は故石川達也学長であったことなどのお話をいただきました。
総会は,北浦利明副支部長による開会,高原正明支部長からの会務運営にご理解とご協力をいただいたことに対する御礼を含めたご挨拶がありました。次いで同窓会長矢﨑秀昭先生より同窓会の現況をふまえたご挨拶をいただきました。続いて大学よりおいでいただいた佐藤亨学生部長からは女子学生の増加,並びに個人情報保護の難しさなどのお話があり,私たち千葉県支部にとって一番興味深い千葉病院と衛生士学校の『今後』についての構想の説明がありました。
その後,議長・副議長の選出。スムーズな進行のもと例年と同様につつがなく議事進行いたしました。今年度は逝去会員7名,新入会員10名。総会会員数427名の同窓会となりました。
総会終了後の懇親会は片倉朗市川総合病院歯科・口腔外科部長にも参加いただきました。毎年参加いただいている白須賀貴樹衆議院議員は衆院選挙中のためご出席いただけませんでしたが,穏やかな雰囲気の中,一同おおいに盛り上がりました。

(野田 彰久 記)