タグ別アーカイブ: 巻頭言

巻頭言/同窓会名簿の発行と利用

総務・厚生部常任理事 高橋潤一
総務・厚生部常任理事
高橋潤一

(東京歯科大学同窓会会報 平成29年10月号/第409号より)

 平成28年1月より,総務・厚生部情報管理/新進会員担当常任理事を仰せつかりました,平成4年卒の髙橋と申します。日頃より,会員の皆様には同窓会事業へのご協力をいただき,厚く御礼申し上げます。
 同窓会の大切な事業の1つに,同窓会名簿の発行があります。発行は5年に一度となっており,次回は平成31年(2019年)を予定しております。同窓会では,会員各位あるいは支部担当者のご協力の下,常に会員の就業地・住所等につきましては情報収集しております。さらに,名簿発行の前年度には,全員にアンケートをお願いして,正確な情報を掲載する予定です。
 近年,IT化された社会において,様々な物・情報がデジタル化され便利になっています。もし,同窓会名簿がデジタル化されたらどうでしょうか。CD-ROM やUSB メモリーで配付されると,皆様はご自身のPC 等で閲覧し,住所や名前を検索することができるかもしれません。タブレット端末にインストールして送付することもできます。あるいは,ホームページから直接検索できるようになれば,瞬時に同級生に連絡を取ることができるでしょう。そうなると,掲載するデータには,e-mail アドレス等も含めた方がよいかもしれません。このように利便性が上がり,ペーパーレスが進めば,エコにも一役買うことになります。
 一方,デメリットも伴います。小さなUSBメモリーは,紛失・盗難のリスクも高まります。CDには常に破損のリスクがあります。最近のPCは,CDドライブが付いていない物も多くなり,テクノロジーが進化するとデータが閲覧できなくなる可能性があります。ホームページへの掲載には,多額の費用をかけてセキュリティをしっかりしないと,同窓会のサーバーがハッキングの被害に遭うかもしれません。ログインしたPC 経由で情報漏洩することも考えられるので,利用する方にも高い情報リテラシーが求められます。そして,万が一の時には,莫大な損害を被ることも考えられます。ちょっと恐いですね…。
 配送された分厚い同窓会名簿を手にとって,ぱらぱらとページをめくりながら若い頃の思い出にひたり,「あの先輩は元気かな?」「彼は開業したんだ!」と思いをはせるのも,同窓会名簿の楽しみです。分厚い同窓会名簿の重みを感じることは,先輩が築いた歴史の重みを感じることでもあります。また,書棚にあれば,すぐに見ることができます。言うまでもありませんが,「本」というアナログ紙媒体における独特の魅力です。
 社会の変化の中で,同窓会名簿も曲がり角を迎えているのかもしれません。会員の皆様のご意見をお聞きしながら,同窓会名簿を作製していきます。なお,住所や就業地等,記載事項の変更の際には,速やかにお知らせ願います。

巻頭言/共済制度のこれから

副会長 財部正治
副会長
財部正治

(東京歯科大学同窓会会報 平成29年6月号/第408号より)

 熊本大震災から1年が経過し,熊本を訪問して熊本県支部の会員の皆様と懇談する機会を得た。熊本城の惨状は報道で知らされてはいたが,実際に目にして改めて被害の大きさを認識することとなった。日常いつも目にする威風堂々の象徴が,一日にして無残な姿をさらすこととなり,県民にとって心の支えを失ったことは容易に予想できた。
 この地震で,会員の中にも負傷されたり,診療室やご自宅が壊れるなどの被害が出た。診療に影響が出た会員もおられた。一年を経過しても,いまだにみなし仮設住宅で暮されている先生もいらっしゃる。しかしながら,どの先生におかれても復興に向けて地道な努力をされており,心強い限りであるし,頭が下がる思いである。
 東日本大震災や今回の熊本大震災では,同窓会として支援金を呼びかけ,全国の会員の皆様から多くのご協力をいただいた。その結果,復旧のわずかな足しにしかならないかもしれないが,同窓のお見舞いの気持ちを表すことができた。改めて感謝申し上げる。
 現在,同窓会では共済制度の見直しが進められている。本会の共済制度は,現行では弔慰共済金,罹災共済金,80歳および100歳の長寿お祝い金よりなり,このために卒業後間もない新進会員から80歳に達する会員に至るまで,均一の共済負担金をお願いしている。ただシミュレーションの結果,負担金収入減少のため,現行の規定のまま運営するとやがて立ち行かなくなる恐れがある。また,個々の災害に対し情報の正確な把握が困難なことがあり,公平な罹災共済金のお支払いが難しくなっている。さらに若手の会員の支部加入を促進する意味でも,会費や負担金などをできるだけ軽減する必要がある。
 このような現状を勘案し,改正する共済制度からは罹災共済金が除外される方向にある。詳細については,間もなく執行部より改正案が示されて,各地域支部連合会や支部を通してご協力をいただき,評議員会の判断を仰ぐこととなる。
 では,大規模災害に対してはどのように対応するか。近年,大きな災害が増えつつあるように思われるが,その規模が大きくなるほど,現行の共済制度では対応ができない。地震や台風などの被害については共済制度から外し,「支援金」として対応する方針である。災害が生じた場合,支部長からの申し出により,理事会で支援金募集を決定し,会員の皆様にご協力をお願いする。理事会が速やかに対応すること,さらに同窓各位の暖かいご支援も不可欠となる。
 同窓としての心の絆をいつまでも繋ぎ止めておくために,宜しくご理解を賜りたい。

巻頭言/同窓会の重要課題とその対応にあたって

副会長 冨山雅史
総務厚生部常任理事
中島信也

(東京歯科大学同窓会会報 平成29年2月号/第407号より)

 平成28年1月より総務厚生部の主任を仰せつかりました,昭和59年卒の中島信也と申します。第1期大山執行部以来,6年のブランクを経て再度総務を担当させていただいております。第3期矢﨑執行部も,任期の半分が経過しましたが昨年度には熊本地震への対応,新設された都道府県代表者会の開催など,新たな事業執行を含め多くの事業にあたってまいりました。会員の皆様には,会務へのご理解と多大なるご支援をいただき事業執行にあたらせていただいておりますことに,この場をお借りして御礼申し上げます。
 さて,昨年の都道府県代表者会では新たな試みとして各都道府県間の連携,本部との双方向の情報交換を行うことも目的として開催され,多くの意見交換や協議がなされました。特に支部未加入者に対する対応につきましては,各都道府県においても共通の課題として挙げられており,各都道府県や地域において様々な工夫が行われていることが報告されました。その対応は,若手の会員の支部加入をいかにスムーズに進めていくかということに終始し,いずれの支部,地域連合会においても大学との連携が必須であることと結論付けられました。現在大学卒業時に同窓会入会手続きとして,連絡先と帰省先を提出いただき会員台帳に記入しておりますが,その後臨床研修を終了した時点で,もしくは大学の医局を離れた時点で移動先の該当支部に加入されないケースが多くあることから,支部未加入の状態になっていることが多く挙げられております。この所属先が変更になるときに本部が十分な把握ができるようなシステムの構築を図ることが喫緊の課題であると考えますが,卒業後は多くの会員が大学に所属する現状にあることから,大学でも移動に際してその把握を十分にしていただき,会員情報に関する本部との連携は勿論のこと,各支部との連携もとれるようにしていくことが重要であります。なるべく早い時期に支部・本部・大学間の情報交換がスムーズに行われるようなシステムの構築を図っていこうと考えております。
 さらに今年度の最重要課題には,昨年の評議員会で協議いただいた共済制度の抜本的な改定に関わる検討があげられております。この問題については,評議員会で纏められました共済制度の根本的な改定を軸に昨年12月14日付で総務厚生委員会にその検討を諮問したところでありますが,会員にとって重要な問題ですので,会員の意見を反映した検討を行うために,3月末ごろまでに各支部のご意見としていただく事にしております。会員の皆様におかれましては,各支部長に多くのご意見をお出しいただきますようお願いいたします。執行部と致しましては,それらのご意見も考慮し本年度の評議員会に上程すべく慎重に協議を進めていく所存です。
 この一年には,このように多くの重要課題についての対応が求められておりますので,会員の皆様の益々のご理解とご支援をお願いいたします。

巻頭言/同窓会におけるITの活用

副会長 冨山雅史
副会長
冨山雅史

(東京歯科大学同窓会会報 平成28年12月号/第406号より)

 本年1月に広報・情報関係担当の副会長を拝命いたしました。今後同窓会の発展のために一層努力する所存ですので,何卒よろしくお願いいたします。政府は,本年5月に改定した「世界最先端IT国家創造宣言」において,情報通信技術(IT)は力強い経済成長を実現するための鍵であると共に,我が国の社会を抜本的に変革し,安全・安心・快適な国民生活を実現するための重要なツールである。と述べています。
 具体的な施策としては,行政システムのクラウド化,マイナンバー制度の導入,産業ロボット開発,IOTを活用した物流の効率化,医療関連では,医療等ID制度や医療保険のオンライン資格確認の導入,健診・レセプトデータ等の活用による医療の質の向上及び医療費の適正化などがあります。
 同窓会においても,同窓会組織の強化・会員サービスの向上を目的としてITの活用を進めており,ホームページの充実,理事会等におけるぺーパーレス会議の推進,SNS及びメーリングリストを活用した連絡網の整備などを行っています。
 特にホームページにおいては,一方的な情報発信のみでなく,会員間および支部間の情報交換の場としての活用を目的として,様々な対応をしています。熊本地震時における情報交換の場としての活用,そして地震被災同窓会会員へのお見舞い支援金募集,クラス会・OB会だより。また,本年より新たにオンデマンドを活用したアカデミア(学術講演会)の動画配信も始めています。
 年4回発行の同窓会会報では対応しきれない最新の情報を会員間で共有できることが,ホームページの最大のメリットと考えています。また,水道橋校舎で開催されるアカデミアは,興味のある演題であっても,遠距離のため出席できない会員も多くいると考えられます。オンデマンドによる動画配信は,講演会場まで来なくても自宅で受講できる大きなメリットがあり,今後さらにコンテンツを増やしていく予定になっています。
 また,コミュニケーションツールとしてのIT技術の進歩は著しく,スマートフォン,SNS(ソーシャルネットワークサービス)等が若い世代を中心として幅広く使われています。SNSとしては,Facebook,Instagram,LINEなどが有名ですが,Facebookでは「東京歯科大学同窓会広報部(@TDCalumni)」としてページを持っており,様々な情報を発信しています。是非,ご活用いただきたいと思います。
 ITは同窓会を継承,発展させていくための重要なツールの一つと考えています。多くの会員の皆様がご利用いただくことを望んでおります。

巻頭言/事業推進部事業の継続と発展を目指して

副会長 早速晴邦
副会長
早速晴邦

(東京歯科大学同窓会会報 平成28年10月号/第405号より)

 本年1月より,事業推進部担当副会長を仰せつかりました。これまで宮地先生が長きにわたりお務めいただいた部署であり,そのあとを引き継いでの重責であり,身の引き締まる思いであります。平成28年度・29年度の同窓会運営の重点項目の一つに「同窓会アカデミア構想による人材育成」があります。
 これまでの伝統あるTDC 研修セミナーを引き継ぎ,そのノウハウを十分発展した形での生涯研修プログラムということになります。
 これまでに携わってこられた先人の方々に敬意を表したいと思います。
 このため,事業推進部の事業の一つとしては,血脇イズムの精神に基づき,また,アカデミア構想に則り,社会的視野の広がりと明日からの診療をより高度なものとする,知識と技術の習得を目指すセミナーが開催されています。
 その根底にあるのは,若手同窓の参加と連携を目的にしているということは言うまでもありません。
 通常行われているセミナーと比較して,内容が格段と充実しており,且つ費用が安価であります。
 是非多くの同窓の皆様の参加をお願いいたします。
 また,新しい試みとして,オンデマンド発信があり,現在のところどうしてもセミナーの会場が,東京ということになってしまいますので,会場が遠くて参加できない同窓のために,オンデマンドにより,学術等の情報を発信できるよう検討しておりますが,問題点もまだあり,充分な機能を発揮できていないのも事実であります。
 これらの事業を推進するにあたっては,担当常任理事並びに学術委員会委員の先生方の献身的なご努力で成り立っていることを忘れてはなりません。
 事業推進部のもう一つの柱として,社会保障制度研究委員会があります。
 研究するテーマが大きく,苦戦をしているところではありますが,我々が直結する医療保険制度も含めて,社会保障の将来を考える部門でありますので,大学に籍をおかれている先生にも貴重なご意見・ご助言をいただきながら,じっくりと進めてまいりたいと考えております。
 事業推進部としては,これまでの執行部で行われてきた事業を継続し,さらなる発展・向上を目指してまいりたいと考えております。会員の皆様の貴重なご意見・ご要望をお待ちしております。
 11月20日(日)には,評議員会並びに本年より新しい試みとしての都道府県代表者会の同日開催が予定されています。
 都道府県代表者会は昨年の評議員会にてお認めいただき,新たな事業として行うわけであり,未知数のところではありますが,評議員会ではお伝えできない各都道府県の支部長に対し,開催することとしております。
 各支部においてのご意見・ご要望を執行部として,真摯に受け止めこれからの会務に反映してまいりたいと考えておりますので,忌憚のないご意見をいただけるよう支部長の先生には,お願いいたします。
 最後に,本年8月・9月にはブラジルのリオデジャネイロにおいて,オリンピック・パラリンピックが開催され,当初心配していた施設の問題およびテロの心配もありましたが,無事終了しホッとしております。日本のアスリートの皆様の大活躍により,国民は若人から夢と感動と勇気をもらいました。次は,2020年の東京オリンピック・パラリンピックとなるわけで,国民一人一人が一丸となって参加し,準備していかなくてはと考えます。
 我々歯科界および同窓会においても何かお手伝いができないものか,待っているのではなく,積極的に参加してゆくことが,必要ではないかと考えている今日この頃です。

巻頭言/新たな船出

副会長 澁谷國男
副会長
澁谷國男

(東京歯科大学同窓会会報 平成28年6月号/第404号より)

 この度の熊本大震災に被災されました同窓の先生方に心よりお見舞い申し上げます。
 1月より矢﨑会長のもと渉外担当副会長を仰せ付かりました。同窓会は,評議員,参与としての経験だけ,執行部側は初めてです。地元歯科医師会の仕事はそれなりの経験はありますが,それも卒業と思っておりました。余分な牡蠣殻が付いております。それをもう一度落とし,有能な人材の助けを受け,任期を全うする所存です。皆様のご協力をお願いいたします。
 同窓会121年目に入り,矢﨑会長は五つの重点課題を掲げました。その内「直面する課題の大学との共有と,会員による大学への協力体制の促進」「同窓会アカデミア構想による人材の育成」この二つを渉外の立場から考えてみました。大学120周年事業である水道橋移転も,さいかち坂新校舎に始まり,水道橋新校舎,本館西棟落成と,現在は本館の整備が順調に進んでおります。この事業に際し同窓より多大のご支援をいただきました。ご存知のように,その間,東日本大震災による復興事業,東京オリンピックに向けての建設需要増加などの影響により建設費は著しく高騰しております。現在1700余名の先生方にご協力をいただいております。一人でも多くの同窓がこの記念事業に参画することに意義があります。より一層のご支援を重ねてお願い申し上げます。
 現在,秋田県藤原元幸(昭50卒),群馬県村山利之(昭55卒),東京都髙橋哲夫(昭46卒),新潟県五十嵐 治(昭47卒),富山県山崎安仁(昭50卒),鹿児島県森原久樹(昭43卒)6名の都県歯会長が活躍されておられます。日歯代議員の先生方は全国で18名いらっしゃいます。これらの先生方を中心として,全国各支部の情報を密にし,共有し,次代を担う有能な人材を育て支援することも渉外部の一つと考えております。
 又国政においては参議院神奈川県選挙区より島村 大(昭60卒),衆議院千葉県第13選挙区白須賀貴樹(平12卒)の両議員がおられます。国政での大いなる活躍を期待し,同窓会として側面より支えてまいります。
 我が東京歯科大学が,教育・研究・臨床において歯科界を先導する大学と存在し続けるため同窓会はそれを支えてゆかねばなりません。名実共に歯科界のリーダーとし,歯科医師として,東京歯科大学同窓としての品格を失うことなく邁進してゆかねばなりません。皆様のさらなるご支援,ご協力をお願い申し上げます。

巻頭言/今期の重点課題

会長 矢﨑秀昭
会長
矢﨑秀昭

(東京歯科大学同窓会会報 平成28年2月号/第403号より)

 日頃から会員の皆様には同窓会の活動にご支援賜り厚く御礼申し上げます。
 昨年度行われました,同窓会創立120周年の諸事業にご協力頂き,誠に有難うございました。特に平成27年11月29日に開催されました,同窓会創立120周年記念式典・講演会・祝賀会には800名に及ぶ会員,ご来賓の方々のご参加を賜り,誠に盛会となりました。これも一重に会員の皆様の心に刻まれている,120年の歴史と伝統に育まれた血脇イズムの賜物と感謝いたしております。このような東歯同窓の素晴らしい結束力を,今後の同窓会の更なる発展に反映して行こうと思っています。
 記念会の前日に開催された平成27年度の評議員会におきまして,今期も引き続き会長をお引き受けすることとなりました。今期の執行に当たり以下のような重点課題として会務を運営して行こうと思っています。

  1. 女性会員の急増など,会員構成の変化に対応した会員との連携の強化
  2. 情報ネット,ホームページ等による,会員へのより迅速な情報提供
  3. 直面している課題の大学との共有と,会員による大学への協力体制の促進
  4. 同窓会アカデミア構想による人材の育成
  5. 支部加入促進と同窓会の財政基盤の強化

 現在,同窓会は各支部に加入していない,特に若手の会員の方が著しく増加し,さらに会費の未納の方も多くなっています。そのため各支部も含めて,同窓会の本来の活動にも支障をきたす状況となっています。
 前執行部におきましても,若手ネットワーク委員会を立ち上げ,「新進会員のつどい」を開催するなど,若手の会員との連携などある程度の成果を上げることはできました。今後はさらに,若手の会員の支部加入までの連携が得られるよう,集中的にこの課題に取り組んでゆこうと思っています。
 大学は水道橋に移転し2年半が経過し,国試などにおいても大変順調に運営されています。さらに充実した臨床実習などのスペースを確保するために,現在,建築が進行している西棟が是非とも必要となっています。しかしながら,大震災の復興事業,東京オリンピック,消費税などから,この西棟の建築についての財政状況は誠に厳しくなっています。今後とも東歯大が日本の歯科界のリーダーとして存在し続ける様に,会員の皆様のこの西棟へのご支援を宜しくお願い申し上げます。
 同窓会創立120周年記念会を開催するに際して,多くの先人の業績について学ぶことができました。建学者である血脇守之助先生の,東歯同窓は生涯にわたる研鑽と,共に助け合い,人間性を高める必要があるとの精神を,次世代に伝えることが大切と思います。同窓会アカデミア構想によって人材の育成に努め,さらに品格のある同窓会となるよう,皆様のご協力を宜しくお願いもうし上げます。

巻頭言/全国の同窓会支部・ 連合会活動の展望

会長 矢﨑秀昭
会長
矢﨑秀昭

(東京歯科大学同窓会会報 平成27年12月号/第402号より)

 同窓会創立120周年記念会は全国の同窓会支部・連合会の皆様の絶大なるご支援を得て,東京歯科大学の特色を出した記念会として大変盛会となりました。会員の皆様のご支援に心から厚くお礼申し上げます。
 日頃から全国各地域の支部や連合会の総会などにお招き賜わり誠に有難うございます。全国の支部および地域支部連合会は同窓会を構成する上で最も重要な組織と位置付けられています。
 多くの連合会,支部に部会におきまして,現在,最大の課題は若手同窓会会員の入会が著しく減少していることと,さらに会員の高齢化が急速に進んでいることです。
 日本の社会におきましても,少子高齢社会が現実のものとなり,今の日本の社会構造が,今後も存在し続けられるかが危惧されています。
 会長に就任した4年前から,若手ネットワーク委員会を立ち上げるなど,若手の会員の支部加入促進に取り組んできました。50数年前の国民皆保険の導入を契機に歯科医師数の不足が国の大きな課題となり,その後10数年の間にそれまでの全国の7校の歯科大学・歯学部が,一気に29校となり,その結果,歯科医師過剰問題が生じ,各校の定員が抑制され,毎年の同窓会会員となる人数も大幅に減少しています。これらの要因から,卒業生の数が減少していることも若手の同窓会員の減少の一因となっています。さらに,在学している学生の父兄で母校の同窓の方は約2割を切る状況であり,以前よりその比率は著しく少なくなっています。
 親から子への母校の伝統の継承が希薄となりつつあり,学生時代からの血脇イズムを伝えてゆくことの大切さから,現在,同窓会では大学の協力の基,学生に同窓会会報を手渡しながら,同窓会や支部の活動について,教室で学生に説明し,地域における活動のためにも支部への入会を勧めています。
 10月10日に北海道地域支部連合会で100周年記念会が開催され,誠に素晴らしい記念会でした。翌日に連合会のあり方についてのフォーラムが開催され,各支部から活発な意見が出されました。北海道には10の支部がありますが,実働出来る会員が数名の支部が3支部となっています。私としては,この様な状況においては数支部が一つとなって新たな支部としての活動をすればと,単純に考えていました。しかしながら,フォーラムでの発言を聞いていると,各支部それぞれの歴史と伝統を持ち,現在の支部の中でも,支部の会に参加するのに数時間を要する地域もあり,会員数での単純な支部の統廃合は,多くの課題があることを実感致しました。
 永い歴史と伝統を持つ同窓会の支部,連合会は単純な数学的な理論では割り切れない課題を含んでいます。会務の合理化は会員の減少から,是非とも必要なことですが,この度,評議員会で認められた,都道府県会支部長会,と評議員会を活用して,伝統ある連合会組織と支部会の存在を重んじながら,慎重に,さらに時代に対応した取り組みが必要と思われます。

巻頭言/120周年後の同窓会に向けて

会計部常任理事 福本恵吾
会計部常任理事
福本恵吾

(東京歯科大学同窓会会報 平成27年10月号/第401号より)

 平成24年1月より同窓会の理事に就任させて頂き,会計部とゴルフ大会を担当させて頂いております平成2年卒の福本と申します。平成卒の理事として初めて同窓会の執行部に加わり2年経とうとしております。雑感ですが同窓会の現況と今後の課題について思うところを書かせて頂きます。
 会計部ではちょうど来年度の予算について検討を行っているところですが,予算の基礎となります会費収入は年々減少しているのが現状です。本年8月現在で同窓会の会員数は9,124名,内支部に所属されている会員は5,535名(卒後5年目までの新進会員を除く)で約60%,また昨年度の会費納入者は約4,500名です。 続きを読む

巻頭言/会員名簿から見る支部の現況

副会長 財部正治
副会長
財部正治

(東京歯科大学同窓会会報 平成27年6月号/第400号より)

 昨年末に新しい同窓会名簿が5年ぶりに発刊された。これまでの名簿と体裁を変えたところもあり,使い慣れるには多少時間がかかるかもしれないが,種々の工夫が凝らされているのでご理解いただきたい。
 新しい試みとして,会員ごとに所属支部を掲載した。卒後5年間は新進会員として支部加入は必ずしも必要ないが,5年目以降は基本的には支部加入が必要となっている。にもかかわらず卒後10年,20年経過した会員のところでも,所属支部の空欄が目立つ。支部未入会の増加が裏付けられている。 続きを読む