口腔内スキャナー」タグアーカイブ

2020 TDCアカデミア 臨床セミナー/口腔内スキャナーセミナー
「印象採得、デジタルの時代へ」〜1人1台で口腔内スキャンの勘所、体感してください!〜[2020年7月12日(日)]

TDC Academia 2020セミナーは中止となりました。詳細はこちらをご参照ください

2020 TDC アカデミア 臨床セミナー

口腔内スキャナーセミナー

2020 TDCアカデミア 臨床セミナー/口腔内スキャナーセミナー「印象採得、デジタルの時代へ」〜1人1台で口腔内スキャンの勘所、体感してください!〜(2020年7月12日(日)・講師:北原信也)

 近年口腔内スキャナーの技術は目覚ましく進歩し、印象採得のデジタル化がいよいよ本格化してきたと感じられます。
 スキャナーを導入することで、アナログ印象に比べ誤差が減少し、精度の向上につながるとともに、術者・患者さん両方にストレスフリーの診療が可能になります。
 本セミナーの実習では、1人1台スキャナーを使用してしっかり学んでいただきます。顎模型をマネキンに装着し支台歯形成・スキャン・CAD/CAMソフトでのマージン設計・デジタルワックスアップまで一連の流れ(デジタルソリューション)を習得していただけます。
導入を検討している・興味はあるけど現状を知りたい、そんな方のために企画した入門セミナーです。
多くの先生方に口腔内スキャナーの魅力を知っていただきたく、午前の講演のみ参加も受付いたします。

臨床セミナー 口腔内スキャナーセミナー
「印象採得、デジタルの時代へ」
〜1人1台で口腔内スキャンの勘所、体感してください!〜
講師:
  • 北原信也(東京都開業)
日時: 2020年7月12日(日)
(1)9:00 〜 11:45:講演
(2)9:00 〜 16:30:講演・実習
場所: 東京歯科大学 水道橋校舎新館11F
定員: (1)30名(午前講演のみ参加)
(2)10名(講演・実習 1日セミナー)
受講料: (1)講演のみ:1万円
(2)1日セミナー:7万円(器材費込み)/6万3千円(前年度同窓会費納入者)

講演内容

  1. なぜ今、光学印象なのか。
  2. デジタルワークフローの実際・ラボコミュニケーション
  3. 光学印象時の支台歯形成
  4. 口腔内スキャンとデジタルソリューションの勘所
  5. 3Dプリンター応用法

実習内容

  1. マネキンを用いた支台歯形成
  2. 1人1台による口腔内スキャナーでの光学印象
  3. デジタルソリューションの実際
  4. ミリング・3Dプリンター(デモ)

続きを読む

2018 TDCアカデミア 臨床セミナー/補綴セミナー
補綴臨床におけるデジタルデンティストリーの真髄(2018年5月20日(日))

2018 TDC アカデミア 臨床セミナー

補綴セミナー

 最近やっと日本でも、口腔内スキャナーが各社で販売されるようになりました。アメリカの歯科治療では、デジタル化は著しく、矯正やインプラント治療などに応用されています。例えば、CTデータと口腔内スキャンのSTLデータから、インプラントのシミュレーションを行い、CAD/CAMでサージカルガイドを作製し、インプラント埋入後は口腔内スキャンデータから、上部構造まで製作できるようになってきました。
 しかし、さまざまなデジタル技術が発達し、3Dプリンターを使用した模型や、CAD/CAMによる補綴物の製作が行われる中で、実際の精度やデータ処理スピードなどはどのくらいなのか、といった疑問も多くあります。そこで、現在のデジタル技術の進歩において、その利点や欠点、それぞれの機械の特徴などを知り、情報の整理と今後の展望を学べるセミナーです。

臨床セミナー 補綴セミナー
補綴臨床におけるデジタルデンティストリーの真髄
講師:

末瀬 一彦
(大阪歯科大学 客員教授)

  • 日本補綴歯科学会 専門医・指導医
  • 日本口腔インプラント学会 専門医・指導医
  • 日本歯科審美学会 認定医
  • 日本歯科理工学会 シニアアドバイザー
  • 日本歯科医療管理学会 認定医
  • 日本デジタル歯科学会 理事長
  • 日本歯科審美学会 監事
  • 日本歯科技工学会 副会長
  • 日本接着歯学会 理事
日時: 2018年5月20日(日) 13:00 ~ 17:00
場所: 東京歯科大学 水道橋校舎新館8F
定員: 60名
受講料: 1万円

講演

  • 歯科用CAD/CAMシステムの構成要素
  • 口腔内スキャナーの現状と臨床活用
  • CAD/CAM冠成功への秘訣と今後の期待
  • ジルコニアクラウン臨床応用上の留意点
  • インプラント治療におけるデジタルソリューション
  • デジタルデンティストリーの将来展望
 

続きを読む