東京歯科大学同窓会 同窓会の歩み

高山紀齋先生

写真:高山紀齋先生

高山紀齋先生の紹介が東京歯科大学ホームページ「血脇守之助ホームページ」に掲載されていますのでどうぞご覧下さい。
「恩師・高山紀齋小伝」
http://www.tdc.ac.jp/chiwaki/
01taka_shoden.html

経歴(東京歯科大学百年誌より)
嘉永 3年 (1850)12月12日岡山に生まれる
慶応 4年 長州戦争に参加
明治 2年 (1869)上京、カロザス(C.Carrothers)に英学を学ぶ
3年 慶応義塾へ入社
5年 渡米
バンデンボルグ(Dr.D.Van
Denburgh)に師事
11年 米国歯科医師免許を取得し帰国
東京・銀座に高山歯科診療所を開設(内外科免許)
14年 「保歯新論」著作
15年 「歯の養生」著作
17年 東京医術開業試験医院任命
18年 大日本私立衛生会医学審事委員任命
20年 侍医局勤務
23年 高山歯科学院創設(芝区伊皿子町)
26年 臨時博覧会評議員任命、シカゴに派遣、英文小冊子「高山歯科医学院の過去及現在の状況」発表、米国政府・歯科医師会より賞碑授与
歯科医会発足(東京)
29年 勲六等単光旭日章受章
33年 万国歯科医学会名誉会頭(フランス・パリ)
35年 日本歯科医会初代会長就任、歯科医学会発会
36年 日本歯科医会を発展的解消し大日本歯科医会(日本歯科医師会の前身)創立(全国組織)
昭和 8年 (1933)2月5日逝去



血脇守之助先生

写真:血脇守之助先生

血脇守之助先生への思いを深めて
東京歯科大学調査室(室長 山岸東太郎)において血脇守之先生の歯科界への多大な業績を会員の先生方に広く知ってもらうためHPを開設いたしました。歯科界のみならず多方面に活躍された先生の思いを深め、是非ご活用ください。
血脇先生に関する資料・情報を集めております。特に血脇先生がお書きになった「書」等についての情報がございましたら、調査室山岸または浦田までお教えいただければ幸いです。
http://www.tdc.ac.jp/chiwaki/

経歴(東京歯科大学百年誌より)
明治 3年 (1870)2月1日我孫子に生まれる
14年 上京、慶応義塾童子寮入寮 英語を学ぶ
15年 東京英学校(青山学院の前身)に転学
16年 明治英学校に転学
17年 進文学舎に転学
共立学校(開成中学の前身)に転学
19年 明治学院に転学
21年 慶応義塾に入学
22年 東京新報社に入社も怪我のため4か月で退社
23年 米北教校(新潟・三条)の英語教師に就職
24年 医師田原利と出会う 歯科医師になることを決意
26年 上京 森山松之助(高山紀齋夫人の弟)と出会う
高山歯科医学院に入学
28年 歯科医師免許取得
高山歯科医学院講師兼幹事就任
会津若松に夏季出張診療し野口清作(英世)と出会う
31年 日本医事週新報社社長・川上元治郎より出張歯科診療を依頼され清国に渡る(32年帰国)
33年 東京歯科医学院誕生
43年 専門学校として認可
大正11年 欧米視察
12年 関東大震災
13年 勲五等瑞宝章受章
14年 ロヨラ大学名誉法学博士学位記授与
15年 日本歯科医師会設立・初代会長就任
昭和21年 大学設立
22年 (1947)2月24日逝去



野口英世先生

写真:野口英世先生

東京歯科大学ホームページに詳しい紹介がされていますのでどうぞご覧下さい。
http://www.tdc.ac.jp/noguchi/
●野口英世記念会館
http://noguchi.atmark.gr.jp
千駄ヶ谷駅から徒歩7分のところにある会館で収容人数300名を越える講堂と四つの会議室があります。資料展示も併設しています。現在の館長は高添一郎先生が務められています。
●野口英世館
http://www.noguchihideyo.or.jp
生家のある猪苗代にある記念館です。

経歴(東京歯科大学百年誌より)
明治 9年 (1876)11月9日猪苗代に生まれる
11年 囲炉裏に落ち左手に火傷を負う
25年 渡部鼎医師に左手の手術を受ける
渡部医師に師事
28年 血脇守之助と出会う
29年 上京、医術開業試験(前期)合格
血脇守之助を訪ね。世話になる
30年 医術開業試験(後期)合格
高山歯科医学院講師に就任
31年 順天堂医院助手に就任
清作から英世に改名
伝染病研究所(北里柴三郎設立)に入所
32年 フレクスナー(S. Flexner)と出会う
33年 (1900) 渡米、ペンシルバニア大学医学部フレクスナーに師事
1902年 国立科学アカデミーで発表
カーネギー財団より奨学金授与
1903年 デンマークに留学、マッセン(T. Madsen)に師事
1904年 ロックフェラー医学研究所助手に就任
1907年 Master of Science授与
1911年 梅毒スピロヘータの純粋培養に成功
1913年 梅毒スピロヘータの脳内発見に成功
1915年 帰国(一時帰国)
1918年 黄熱病の解明のためエクアドル・グアヤキルに赴任
1922年 血脇守之助渡米
1926年 ナイジェリア・アクラに赴任
昭和 3年 (1928)5月21日黄熱病により逝去



同窓会年表

日本の歯科教育機関として最も長い歴史を持つ東京歯科大学、その同窓会である東京歯科大学同窓会にも百年を越す歴史を有している

  大学沿革 同窓会の流れ
明治23年1月18日 高山紀斎により「高山歯科医学院」芝区伊皿子町(「いへいし」の読みは土地の古老による)に開校
高山歯科医学院
 
明治28年6月16日   第一回卒業証書授与式の後、東京歯科大学同窓会の前身となる「高山歯科医学院院友会」が発足した。
明治33年2月1日 東京歯科医学院と改称 院友会を改称し歯科協会となる
明治34年2月1日 神田三崎町の(現在水道橋病院)に学院移転  
明治35年1月10日   歯科協会を東京歯科医学院同窓会と改称
明治40年9月18日 東京歯科医学専門学校として授業開始
東京歯科医学専門学校
同窓会名を東京歯科医学専門学校同窓会と改称
大正2年2月 東京歯科医学士会結成  
昭和2年11月4日 校旗・校歌発表祝典
校旗、校歌制定式典における北原白秋の挨拶
校旗、校歌制定式典における北原白秋の挨拶
 
昭和4年11月2日 水道橋校舎落成式・祝賀会
水道橋校舎
 
昭和21年7月19日 東京歯科大学設置認可  
昭和21年9月11日 東京歯科大学予科(市川)開設
東京歯科大学予科
 
昭和21年11月3日   東京歯科大学同窓会と改称
昭和21年12月1日 東京歯科大学市川病院開院  
昭和56年9月1日 東京歯科大学千葉校舎開校式
東京歯科大学千葉校舎
 
平成2年3月29日 水道橋病院開院式
水道橋病院
 
平成2年10月14日 東京歯科大学創立100周年記念式典・祝賀会  
平成4年6月25日 市川総合病院開院
市川総合病院
 
平成7年11月19日   同窓会創立100周年記念式典・祝賀会