情報ネット 会務トピックス/平成25年8月28日版

矢﨑執行部も早いもので2年目を迎え、あと4か月と少しを残すまでとなりました。仕上げにむかって、会務検討特別委員会、学術委員会、同窓会主催全国ゴルフ大会実行委員会、保険委員会、広報委員会は、毎日35度を超える厳しい暑さにめげず精力的に委員会を開催しております。そこでのトピックスを紹介しましょう。


会務検討特別委員会(8月9日・21日)

8月には2回の委員会を開催しています。そして8月2日(水)の第7回委員会において、最終答申を宮地副会長に提出しました。すでに中間答申が5月に出されていますが、今回は評議員選出の際の一県一評議員の経過措置期間中の要件である「経過措置のあり方について、評議員会のあり方の検討」に対して委員会の見解を最終答申の中でまとめています。
過去15年間の会員数の減少を数字で示しながら、将来会員数減少が支部活動に大きな影響をもたらすだろうとし、今後本部は各地域支部連合会とともに、支部活性化のため本腰を入れるべきとの提案がありました。委員の先生方曰く、「いろいろ反発があるかもしれませんが、10年経って気づいて慌てて始めても遅いので、今から将来への警鐘としてとらえてもらえたら」とのことです。委員の先生方に対し、2 年間のご苦労に対し、心から感謝する次第であります。


学術全体委員会(8月4日)

8月4日(日)恒例の夏の全体委員会がありました。昔は一泊で学術のあり方について夜を徹して討論してきましたが、最近では経費節減、時間の効率化ということで大学での一日開催となっております。午前は活動報告、午後は議論という計画、更に夜は懇親を含めた意見交換と極めてハードなスケジュールであるのは今も変わっていません。
午後のグループ討論のメインテーマは「2015年以降の学術事業について」で、3グループに分かれ“アカデミア構想の中で学術委員会としてどのような企画がたてられるか”を中心に意見が交わされました。日頃、卒研セミナー以外にも、若手支援セミナー、インプラントセミナー、若手同窓との連携推進事業などいろいろな場面で活動されている学術委員の先生方ですが、アカデミア構想という更なる大企画に対し、前向きに取り込む先生方には頭が下がる思いです。
当日のディスカッションを参考に、アカデミア構想の方向性や具体的プランをさらに構築し、提案していく予定です。

*アカデミア構想  同窓会創立120周年を機に新たな同窓会の一つの役割としてスタートしようと考えているものです。大学において日本一のレベルまで資質を高め社会に送り出された同窓が、それぞれが望む日本一の歯科医師像に、幅広い分野で活躍できるような人材育成を大目標に、大学教育からのバトンタッチを意識して同窓会事業の中でアカデミアとして応援してゆこうという構想です。学術に限らず保険や渉外活動をも含め軸足を生涯研修におき、年齢や年代にとらわれることなく東京歯科が求め続けてきた品格のある歯科医づくりを意識的に進めようというものです。


同窓会主催全国ゴルフ大会実行委員会(8月1日)

今年のゴルフ大会は9月12日(木)横浜カントリークラブで開催を予定しています。120人の定員が早々埋まり、ただ今キャンセル待ちの状態となりました。実行委員会では、参加者からの希望をみながらスタート組み合わせ表を作ったり、当日のルールの確認、運営や事前手配など綿密に行っておりました。例年一般、シニア、レディースと別々に順位をつけ、一般の部の優勝者のみに同窓会長賞を授与してきました。しかし、「シニアでも同窓会長賞を目指したい」という強い希望があり、それぞれ使用ティーを違え、参加者全員を一緒に順位付けをして表彰するようにしました。これで誰でも同窓会長賞を狙えることが出来ます。同窓会長賞は果たして誰の手に、そして東京歯科同窓会ナンバーワンゴルファーとなるベスグロは誰に輝くのでしょうか。当日の結果が楽しみです。

http://tdc-alumni.jp/organization/dousoukai/kouseibu/#41_golf


保険委員会(8月6日)

いままで保険ルールを中心に会員の先生方に情報提供をしてきましたが、次年度から保険のルールにとどまらず保険医療制度のあり方を考える“シンクタンク機能”も目指すことになりました。『アカデミア構想』の目標である人材育成によって、保険分野、医療制度の分野、医政の分野などいろいろな領域で活躍できる人材づくりをと期待されています。この秋、社会保険指導者研修会で集まる全国の同窓の保険関係者の懇談会を計画していますが、参加される全国の先生方とのネットワークづくりも計画の一つに入っています。保険委員会からの意気込みは、間もなくお手元にとどきます同窓会報での担当理事による巻頭言で伝わると思います。是非ご覧ください。


広報委員会(8月23日)

同窓会報8月号は内容盛りだくさんで、ただいま発送準備に取り掛かっております。さて、ホームページのアクセス数が増加しています。アクセスナンバーワンは役員・委員の先生方の顔写真です。以前は役員の顔写真だけでしたが、委員の先生方のお顔も紹介しています。その他のページでもできるだけ写真を多くし、見て楽しく、それによって同窓会が身近になるように委員の先生方がご苦労しています。現在パスワードなしでご覧いただけます。周りにまだアクセスしていない人がいましたら、ぜひ開くようにお勧め下さい。アクセス数の増加が、委員の先生方の元気につながりますのでよろしくお願いします。


血脇記念ホール建設に向っての募金協力お願いします

約2億8千万近くまできました。大学よりのお知らせで寄付申し込み期間が年内までとなりました。ラストスパートでの同窓の頑張りで目標額の5 億円に近づけていきましょう。これから地域支部連合会の総会が多く開催されます。“一人も多くのご協力を”とお願いしてまいります。期間が限られてきました。よろしくお願いします。

http://www.tdc.ac.jp/120/contents/contribute.html

(情報ネット推進会議発)