若手ネットワーク 新進会員のつどい(2013年7月28日)

 今年度より東京歯科大学同窓会では、若手会員の活躍を期待し、卒後5年以内の会員を対象とした「新進会員」制度を取り入れることとなりました。そこで、新進会員制度発足を記念し、「新進会員の集い」を開催いたします。

〜卒後5年までの先生へ〜

奮ってご参加下さい。当日は、若手会員による講演、懇親会を予定しております。
もちろん無料です。(6月初めに、同窓会事務局より出欠の案内ハガキが届きます)

「新進会員のつどい」

日程:
  • 同窓会説明
  • 若手会員による講演
    1. 柳沢 哲秀先生(平成21年卒)
      Microendodontics
      ―肉眼では見えない根管治療の世界―
    2. 山村 啓介先生(平成20年卒)
      支台歯形成を見直そう
    3. 八木 洋二郎先生(平成21年卒)
      Direct Bonded Restoration
      -Esthetic Restoration by Flowable Resin-
    4. 黄地 健仁先生(平成23年卒)
      次世代の標準治療を目指して
日時:平成23年7月28日(日) 13:00〜
場所:TDCビル13F(水道橋校舎)
懇親会:TDCビル14F 16:00〜 (17:30 終了予定)
会費:無料
対象:本学同窓生・卒後5年以内

Microendodontics −肉眼では見えない根管治療の世界−

柳沢 哲秀(平成21年卒)


 幸運なことに、根管治療専門医の先生のもとで、研修医として学ばせて頂いた以来、マイクロスコープを用いた根管治療は、私の歯科診療において、無くてはならないものになっています。また、昨年度、藤本研修会補綴コースパート1を受講させて頂き、論文を読み、そのエビデンスに基づいた治療の重要性を感じました。東京歯科大学の図書館は多くの論文が揃っていて、大学で論文をコピーし、読み、常にエビデンスを意識しながら根管治療を行っています。歯内療法を勉強していて感じることは、学生時代よりもはるかに学ぶべき事の多さです。今回はその内容を、私がマイクロスコープを使って治療した症例とあわせて紹介致します。

 偉そうなことを言って申し訳ありませんが、少しでも皆さんの診療のお役に立てれば、私はうれしく思います。


支台歯形成を見直そう

山村 啓介(平成20年卒)


 より良い歯冠修復や補綴をするためには、原則として生物学的条件、機械的条件、審美的条件に配慮し、それに基づいて形成を行うことの重要さをこの6年間臨床を通して学びました。なかでも生物学的条件では歯牙や歯周組織に対し留意すべき点が多く、今回の講演では卒業されて5年目までの先生方を対象に、支台歯や窩洞を形成することによる歯髄為害作用、歯周組織侵襲のリスクや、それらを保存・保護するためにどのようなアプローチが必要かを、今現在の私の観点からお話しできればと思います。また、近年需要があるマイクロスコープを使った治療について、私の治療内容と合わせてご紹介させていただきます。


Direct Bonded Restoration −Esthetic Restoration by Flowable Resin−

八木 洋二郎(平成21年卒)


 現在、審美修復において様々なマテリアルが開発されているが、それぞれ利点と欠点が存在する。今回はMIに重点を置いて考える。最近のコンポジットレジンの性能は日進月歩に進化しており、特にGCが開発したフロアブルレジンであるMIフィルにおいてはペーストタイプのレジンをしのぐほどである。フロアブルレジンは操作性がよく多様な局面での使用が望まれているが、その性質上、隣接面や咬合面形態の付与が困難である。しかしそれが可能となれば今後さらに需要が多くなっていくであろう。各メーカーの研究により更なる物性と審美性を持ったフロアブルレジンが開発されることは明らかであり、術者が使いこなすことができるのであれば、それは最もMIで、かつ審美的な治療となり、歯科治療において最も求められるものとなるはずである。今回は、フロアブルレジンの特性を生かした審美修復について述べたいと思う。


次世代の標準治療を目指して

黄地 健仁(平成23年卒)


 歯や歯槽骨、顎骨の喪失は著しい口腔機能やQOLの低下を引き起こす。現行の標準的補綴治療は人工物であり、中にはインプラント周囲炎などの深刻な問題も生じている。

 歯周病によって失われた組織に対する再生療法の標準治療であるエナメルマトリックスタンパク質に関してさえ、原料が他科動物由来の歯胚タンパク質であるなど、多くの問題が残っている。これらの問題を解決するために、幹細胞を用いたこれまでにない発生学的根拠・科学的根拠に立脚した口腔顎顔面領域再生医学研究を目指す。


「新進会員のつどい」関連記事

「第8回新進会員のつどい」アンケート結果(同窓会報第423号より) (2/28/2021) - 「第8回新進会員のつどい」アンケート結果(同窓会報第423号より)

 新進会員は卒後5年目までの組織で、例年「新進会員のつどい」として講演会等様々な企画を行っていました。
今年度はコロナの影響で会自体が行われませんでしたが、例年の参加人数は40人弱で、その際のアンケートも回答数が少なく、今までほとんど反映されてきませんでした。また、同窓会からは「会費が集まらない」「若手が支部に入らない」などの意見がでていましたが、どんな対策がなされてきたのかも不明でした。新進会員から、「そもそも同窓会が何をしているのかよくわからない」という声も少なからず聞いていました。
そこで今年度は、今後の同窓会事業のために何か役に立つことはできないかと考え、新進会員のつどい、同窓会について周知し、今後の事業に役立てることを目的とし、アンケートを取りました。

「新進会員のつどい」報告(同窓会報第418号より) (1/4/2020) - 「第6回 新進会員のつどい」開催(2018年11月3日)

 令和元年11月4日,母校本館13階講義室にて「第7回新進会員のつどい」が開催されました。今回は「先輩から学ぶ歯科医師人生の道しるべ」というテーマをもとに,木津康博先生(平成5年卒),二階堂雅彦先生(昭和56年卒)の熱い想いをお話し頂きました。
例年テーマを決定する際,研修歯科医師から卒後5年目の歯科医師までのみんなが興味を示してくれるような内容にしようと実行委員全員で話し合うのですが,それが本当に難しいのです。今年の話し合いも例年通り相当難航しました。私もそうでしたが,研修医の層は今後の進路決定に関する話が聞きたいという意見が大半なのに対し,卒後5年目にもなると明日に役立つ臨床の話が聞きたいという声が多くなってきます。卒後5年間というのは面白いくらいに関心の矛先が変わっていくのです。

第7回「新進会員のつどい」ご案内【テーマ:「先輩から学ぶ歯科医師人生の道しるべ」】[2019年11月4日(月・祝)] (10/9/2019) - 第7回 新進会員のつどい「先輩から学ぶ歯科医師人生の道しるべ」(2019年11月4日(月・祝)、講師:二階堂雅彦先生(昭和56年卒・日本橋支部)・木津康博先生(平成5年卒・横浜中央支部)

第7回 新進会員のつどい

テーマ:「先輩から学ぶ歯科医師人生の道しるべ」
日時:2019年11月4日(月・祝)
講演会・12:30~ / 懇親会・16:30~
会場:講演会・東京歯科大学水道橋校舎 本館13階
懇親会・東京歯科大学水道橋校舎 本館西棟 1階
講師:二階堂雅彦先生(昭和56年卒(1981年)・日本橋支部)
木津康博先生(平成5年卒(1993年)・横浜中央支部)

詳細はこちら >>

「第6回 新進会員のつどい」アンケート結果 (2/28/2019) - 「第6回 新進会員のつどい」アンケート結果

 今年度の新進会員のつどいは『これが私のスペシャリティ』というテーマのもと開催され,多くの先生方が参加してくださいました。講演会では,大川延也先生(訪問),山本雅通先生(GP),根津 崇先生(矯正)の3名の豪華演者によるご講演があり,質疑応答では盛んな討論もされていました。卒業1年目の先生は,この3名の先生方を知らなかったかもしれません。ただ,歯科医師を続けていれば,必ずどこかでお話を聞く先生方です。後々,あの先生の講演が無料で聞けてただなんて…と思う時が間違いなくあると思います。

「第6回 新進会員のつどい」開催(2018年11月3日)《写真ギャラリー》 (11/15/2018) - 「第6回 新進会員のつどい」開催(2018年11月3日)

 平成30年11月3日文化の日,母校本館13階講義室において「第6回新進会員のつどい」が開催されました。今年のテーマは「これが私のスペシャリティ」というテーマをもとに,根津 崇先生(H17年卒), 大川延也先生(S52年卒),山本雅通先生(H6年卒)の熱い思いをお話しいただきました。
今年度はテーマが少し難しいかなと思っていましたが,ふたを開ければどの先生方もとても分かりやすく,そしてなにより先生方の専門分野にとどまらず,今の自分になるまでの成長の過程や,環境など含めて温かいお話しをしてくださいました。

第6回「新進会員のつどい」ご案内【テーマ:「これが私のスペシャリティ」】[2018年11月3日(土)] (9/4/2018) - 第6回 新進会員のつどい「これが私のスペシャリティ」(2018年11月3日(土)、講師:根津 崇先生(平成17年卒・川崎支部)、山本雅通先生(平成6年卒・千代田支部)、大川延也先生(昭和52年卒・北多摩支部)

 今年の新進会員のつどいは,私たち実行委員の若手が中心に何が気になっているかということを考えました。会議で多くあがった実行委員の意見は「どのような症例がむずかしいのか」「新しいことに取り組む第一歩」ということでした。その中でどのようなテーマをと考えたところ『これが私のスペシャリティ』 となりました。今回はGP,矯正,訪問といった分類で演者の先生方に依頼しました。抄録を見ていただければ皆さん興味がよりわくと思いますので,ぜひご参加ください。

第6回 新進会員のつどい

テーマ:「これが私のスペシャリティ」
日時:2018年11月3日(土・祝)

詳細はこちら >>

「第5回 新進会員のつどい」開催(2017年11月5日)《写真ギャラリー》 (11/11/2017) - 「第5回 新進会員のつどい」開催(2017年11月5日)

11月5日に「第5回 新進会員のつどい」が、水道橋校舎本館13階 第1講義室にて開催されました。詳細は、情報ネット・会務トピックス12月号および、同窓会報平成29年12月号(第410号)に掲載予定です。

第5回「新進会員のつどい」ご案内(2017年11月5日) (6/25/2017) - 第5回「新進会員のつどい」ご案内(2017年11月5日)

 今年の新進会員のつどいの開催は11月5日に決定しました。今回はこれまでのアンケートの結果を見直すことから始め,臨床に即した明日からでも使える知識が欲しいという声や,大学で専門的な治療を行っている先生の話を聞きたいとの意見も頂き,そこに焦点を絞りました。私自身が大学の小児歯科学講座で勤務していることから同期や後輩から小児歯科診療について相談を受けることがありますが,その内容はある程度共通しているような印象があります。私を含めた多くのビギナーが持つ疑問は同じではないだろうか,そんな考えから今回の新進会員のつどいでは若い先生が臨床でぶつかりやすい疑問を大学の専門領域を持つ先生方に症例を通じてご講演いただくことを目的としました。同時に今の技術をワンランクアップできるようなアドバイスもしていただけるような内容も盛り込んでいきたいと思っています。テーマは「その疑問,あなただけじゃないですよ」です。演者は参加者の皆さんが自分の将来と重ねやすい年齢層の先生方で現在交渉中ですが詳細が決まり次第会報でもお知らせしますので楽しみにしていただければと思います。

第5回 新進会員のつどい

テーマ:「その疑問、あなただけじゃないですよ!」
日時:2017年11月5日(日)

詳細はこちら >>

「第4回 新進会員のつどい」開催(2016年11月3日)《写真ギャラリー》 (11/30/2016) - 「第4回 新進会員のつどい」開催(2016年11月3日)

11月3日に「第4回 新進会員のつどい」が、水道橋校舎本館13階 第1講義室にて開催されました。詳細は、情報ネット・会務トピックス12月号および、同窓会報平成29年2月号(第407号)に掲載予定です。

第4回「新進会員のつどい」ご案内(2016年11月3日) (9/30/2016) - 第4回「新進会員のつどい」ご案内(2016年11月3日)

 この度、第4回新進会員のつどいを開催することとなりました。委員長を務めさせていただきます石川宗理です。新進会員は卒後5年目までの先生方により構成されております。この制度は、若い先生方に同窓会についてより知ってもらい、参加しやすいように作られました。今回のつどいでは、歴代5年間の学年主任を担当していただいた教授にお話を頂ける運びになりました。

第4回 新進会員のつどい

テーマ:歯科医師になった君たちへ
〜学生時代には伝えられなかったこと〜
日時:2016年11月3日(木・祝)12:00~
懇親会:16:15〜
場所:【講演会】 東京歯科大学 水道橋校舎 本館13階
【懇親会】 東京歯科大学 水道橋校舎 南棟2階
受講料:出身校・卒業年にかかわらず無料

詳細はこちら >>

「第3回 新進会員のつどい」開催(2016年1月31日)《写真ギャラリー》 (2/24/2016) - 「第3回 新進会員のつどい」開催(2016年1月31日)

1月31日に「第3回 新進会員のつどい」が、水道橋校舎本館13階 第1講義室にて開催されました。詳細は、同窓会報平成29年6月号(第404号)に掲載予定です。

第3回「新進会員のつどい」のお知らせ(2016年1月31日) (11/23/2015) - 第3回「新進会員のつどい」のお知らせ(2016年1月31日)

 東京歯科大学同窓会では、卒後5年以内の会員を対象とした「新進会員」制度が発足され、会員相互の親睦と同窓会事業の理解を深める機会として今年度も「新進会員のつどい」を下記日程で行います。皆様の参加をお待ちしております。

日時:2016年1月31日(日)13:00~16:00
懇親会:16:15〜17:30
場所:東京歯科大学水道橋校舎本館13階
受講料:出身校・卒業年にかかわらず無料
講演内容:
  1. 子連れ留学記 〜歯科医師、研究者そして母として〜
    大久保 真衣 先生(平成11年卒)
    (東京歯科大学 口腔健康科学講座摂食嚥下リハビリテーション研究室)
  2. 厚生労働省における歯科技官の仕事について
    大平 貴士 先生(平成22年卒)
    (厚生労働省医成局歯科保健課 歯科衛生係長)
  3. 厚生労働省における歯科技官の仕事について
    大平 貴士 先生(平成22年卒)
    (厚生労働省医成局歯科保健課 歯科衛生係長)
  4. ぼくが歯科医を楽しむようになった話と若手に伝えたい3つの仮説
    角 祥太郎 先生(平成16年卒)
    (株式会社Denriche 代表取締役)
第2回新進会員のつどい開催(平成26年11月30日) (12/28/2014) - 第2回新進会員のつどい開催(平成26年11月30日)

 平成26年11月30日(日)午後1時より、水道橋校舎本館13階第1講義室において、第2回新進会員のつどいが開催された。このつどいは、卒後5年目以内までを対象とした新進会員を対象としたものであり、昨年より開始された。
講演会では、本学同窓である4名の先生にご講演をいただいた。まず、平成10年卒の石川一磨先生より「歯科医院開業~これまでの歩み~」と題した講演が行われた。続いて、平成15年卒の小川志保先生より「女性歯科医師 子育てと仕事の両立」と題した講演が行われた。そして、平成22年卒の吉田光孝先生より「エクソソームを用いた診断法の開発に向けて」が行われ、最後に平成16年卒の菅原圭亮先生「基礎疾患あり!注意しよう、薬剤投与!!」と題した講演が行われた。

「第2回 新進会員のつどい」開催(2014年11月30日)《写真ギャラリー》 (12/2/2014) - 「第2回 新進会員のつどい」開催(2014年11月30日)

 11月30日に「第2回 新進会員のつどい」が、水道橋校舎本館13階 第1講義室にて、新進会員(卒後5年以内)85名が参加して開催されました。詳細は、平成27年2月号の「同窓会会報」に掲載予定です。

「新進会員のつどい」予演会(2014年11月12日) (11/13/2014) - 「新進会員のつどい」準備が進められています!(2014年8月26日)

 新進会員のつどい準備会にて、予演会が行われました。
石川先生のお話は、開業を検討している先生にもってこいのお話です。
小川先生のお話は、女性の先生のみならず、結婚・子育てにとても参考になるお話でした。
吉田先生の研究は、これからの歯科事情を変えるかも?という興味深い研究です。
そして、菅原先生の薬のお話は、明日の診療から即実践できる内容です。
こんなに、幅広い内容の講演会は「新進会員のつどい」でしか聞くことは出来ないと・・・自信を持ってお薦めできる内容です。

 11月30日は、沢山の新進会員の先生のお越しをお待ちしております!

平成26年度「新進会員のつどい」特設ページはこちら>>

「新進会員のつどい」準備が進められています!(2014年8月26日) (9/6/2014) - 「新進会員のつどい」準備が進められています!(2014年8月26日)

 8月28日(木)新進会員のつどい準備会が行なわれました。
 卒後5年目までの準備会は、診療後のお疲れの中にもかかわらず真剣に話し合いが行なわれました。
 今年度で2回目となる「新進会員のつどい」では、講演形式から、内容、講師の選択、案内状作成、広報チラシ作成・・・等々すべて新進会員の準備会メンバーで準備をすすめています。

平成26年度「新進会員のつどい」講演紹介:
『「歯科医院開業」~これまでの歩み~』[石川 一麿 先生(平成10年卒)]
(8/12/2014) -
新進会員のつどい(平成26年11月30日)『「歯科医院開業」~これまでの歩み~』  石川 一麿 先生(平成10年卒)

 はじめまして。平成10年卒 石川一麿と申します。

 東京歯科大学を卒業して16年。卒業後は歯周療法学講座に入局、都内の開業医2件に勤務後、実家である栃木県で開業し、6年目を迎えています。

平成26年度「新進会員のつどい」講演紹介:
『女性歯科医師!子育てと診療の両立!』[小川 志保 先生]
(8/12/2014) -
新進会員のつどい(平成26年11月30日)『女性歯科医師!子育てと診療の両立!』 小川 志保 先生

 卒業後すぐに結婚、臨床研修を修了後、歯科麻酔学講座に入局しました。その後妊娠、出産を経て職場復帰。日本歯科麻酔学会認定医取得。現在は主に麻酔(出張鎮静他)の仕事をしています。
 卒業して11年。結婚、出産、育児に仕事と完璧には程遠いですが、娘達も大きくなり趣味の時間を楽しむ余裕も出てきて充実した毎日を過ごしています。
 女性として家庭を守りつつ社会に少しでも貢献しながら生きていくということは、正直楽なことばかりではありません。

平成26年度「新進会員のつどい」講演紹介:
『エクソソームを用いた診断法の開発に向けて』[吉田 光孝 先生(平成22年卒)]
(8/12/2014) -
新進会員のつどい(平成26年11月30日)『エクソソームを用いた診断法の開発に向けて』 吉田 光孝 先生(平成22年卒)

 近年、いろいろな疾患の分子レベルでの発症機構の理解が進み、その知識をベースとした効率的な治療法が次々と開発されている。同時に、より正確な診断を、迅速、非侵襲的な方法で実現するシステムの開発が望まれている。非侵襲性を考えた場合、唾液や血液といった「体液」が理想的な検体であり、体液を解析する事で、間接的に疾患部の診断をおこなう「リキッドバイオプシー(液体生検)」が注目を集めている。

平成26年度「新進会員のつどい」ご案内(2014年11月30日)/講演紹介:『基礎疾患あり!ー注意しよう、薬剤投与!!ー』[菅原 圭亮 先生(平成16年卒)] (7/22/2014) -

平成26年度「新進会員のつどい」

日時:平成26年11月30日(日)13:00〜16:00(懇親会:16:15〜17:30)
場所:東京歯科大学水道橋校舎 本館 13F
講師・演題:
  1. 石川 一磨 先生(平成10年卒)
    『「歯科医院開業」~これまでの歩み~』
  2. 小川 志保 先生
    『女性歯科医師!子育てと診療の両立!』
  3. 吉田 充孝 先生(平成22年卒)
    『エクソソームを用いた診断法の開発に向けて』
  4. 菅原 圭亮 先生(平成16年卒)
    『基礎疾患あり!ー注意しよう、薬剤投与!!ー』

平成26年度「新進会員のつどい」特設ページはこちら >>


新進会員のつどい(平成26年11月30日)『基礎疾患あり!ー注意しよう、薬剤投与!!ー』 東京歯科大学口腔外科学講座 菅原 圭亮先生(平成16年卒)

超高齢化社会に突入した現代において、有病者が増加し歯科医療も困難な時代を迎えています。高血圧、喘息や腎不全などの基礎疾患、妊婦・授乳中の患者さんには、慎重な薬剤投与が必要です。今回は、日常臨床で注意を要する疾患に注目し実際の薬剤投与についてお話ししたいと思います。

「第2回新進会員のつどい」ご案内(2014年11月30日) (7/21/2014) - LikeShareTweetEmail 平成26年度「新進会員のつどい」 日時: 平成26年11月30日(日)13:00〜16:00(懇親会:16:15〜17:30) 場所: 東京歯科大学水道橋校舎 本館 13F 講師・ […]
「新進会員のつどい」準備会(2014年3月27日) (3/28/2014) - 「新進会員のつどい」準備委員会(平成26年3月27日)

3月27日「新進会員のつどい」準備会が開催され、フレッシュな先生方が集まってくれました。
昨年度、卒後5年目までの「新進会員」の先生向けに会員の親睦を目的として開催されたこの会も、2回目に向けスタートしました。

「新進会員のつどい」開催(2013年7月28日)《写真ギャラリー》 (7/29/2013) - 「新進会員のつどい」開催(2013年7月28日)

7月28日(日)に新進会員(卒後5年以内)のつどいが開催されました。70名を超える参加者で、新進会員の「講演」に真剣に耳を傾け、多くの質問もありました。

「新進会員のつどい」(7月28日(日)開催)予演会 (7/12/2013) - LikeShareTweetEmail 7月28日(日)に開催されます、「新進会員のつどい」の予演会の様子です。 ※7月19日追記:「新進会員のつどい」ページに、各講師の抄録を掲載しました。ぜひご覧ください。 おすすめの […]
「新進会員のつどい」ご案内(2013年7月28日) (6/12/2013) -

「新進会員のつどい」

日時:平成23年7月28日(日) 13:00〜
場所:TDCビル13F(水道橋校舎)
懇親会:TDCビル14F 16:00〜 (17:30 終了予定)
会費:無料
対象:本学同窓生・卒後5年以内