2013年2月24日:東京歯科大学同窓会フォーラム

forum_no1

「超高齢社会を迎えての、歯科医療におけるパラダイムシフト」

東京歯科大学同窓会事業推進部シンクタンク委員会では歯科医療や生涯研修のあり方を制度面から考えております。歯科医療のパラダイムシフトとして「チェアーサイドでの口腔機能評価と機能向上を積極的に組み込むこと」を提案します。

超高齢社会を迎え摂食嚥下機能など口腔機能の重要性が再確認されている中、一般歯科診療所内で早い時期から口腔機能を評価し、低下の予防や機能向上を図ることが望まれます。そこで、本年度の東京歯科大学同窓会フォーラムでは、午前中は大局的なアプローチとして、大久保満先生から歯科医療を国民生活の視点からご示唆いただき、井下英二先生には、これまでの地域保健行政でのご経験に基づいた多職種連連携の課題と歯科医療の役割についてお話しいただきます。また、安藤雄一先生にはこれまでの多くの疫学的知見から見えてくる課題について講演をいただきます。そして、午後の部では、石田 瞭先生、糸田昌隆先生、遠藤眞美先生の3人の先生方に、口腔機能の中でも摂食・嚥下および唾液の分泌機能低下の評価と対応を中心に話をいただき、口腔機能低下へどのように対応し一般臨床に取り入れていくかをご提案していただきたいと考えております。


日時  :
2013年(平成25年)2月24日(日)
開始 9時20分 終了予定 16時30分
会場  :
東京歯科大学水道橋校舎TDCビル13F
予定内容:
【-午前の部-】
「生活の医療とは」(仮題)
 ・大久保満男 先生(日本歯科医師会・会長)
「地域保健における多職種連携と歯科医療の役割」(仮題)
 ・井下 英二 先生(滋賀県・甲賀健康福祉事務所)
「我が国の歯科保健の現状と近未来」(仮題)
 ・安藤 雄一 先生
  (国立保健医療科学院・生涯健康研究部・地域保健システム研究分野)
【-午後の部-】
「歯科医院での食生活支援の現状と課題」(仮題)
 ・石田  瞭 先生
  (東京歯科大学・摂食嚥下リハビリテーション・地域歯科診療支援科)
「摂食障害の評価と一般歯科診療所でできる予防からリハビリテーション」(仮題)
 ・糸田 昌隆 先生
  (わかくさ竜間リハビリテーション病院・リハビリテーション科)
「一般診療所で行う口腔機能の診査と対応」(仮題)
 ・遠藤 眞美 先生
  (九州歯科大学 摂食・嚥下リハビリテーション学分野)
受講料 :
東歯、日大歯学部同窓:無料
コ・デンタルスタッフ、臨床研修医、歯科学生:無料
上記以外 3,000円
※当日受付可能ですが、事前受付優先となります。事前登録にご協力ください。
後援  :
日本大学歯学部同窓会
お問い合わせ:
東京歯科大学同窓会事務局
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-9-18
TEL:- 03-5275-1761 FAX:- 03-3264-4859